2017年12月11日 (月)

今年、最も有益な恵みは「偶然のチャンス」から

P1040314【ほぼ日本の真ん中に聳える榛名山系・雌岳から眺めた水沢山・画像を拡大すると実際の感じが出ます。】

 2017年もあと20日となり、私自身の一年を振り返るとき、6月に風邪をこじらせた以外は健康に恵まれ、どうにかこの一年を安泰に過ごせました。
 
 身近なところでは13年前に妻が病で他界し、また、親しかった中学時代の友人の数名や身近な先輩諸氏も病でこの世を去った現実において、健康は運命と考える前に「健康は自ら考え創り出すもの、がんや循環器の専門家のアドバイスを継続すること」と考えるようになってます。
 
 一方、今年について、私はあまりテレビニュースに翻弄されない生き方をしても、懸念される第一位は近隣国による大陸間弾道弾が日本列島上空を飛行したことや、度重なるロケットによる威嚇、また、この1ヶ月以内だけでも十数隻の不審な木造船による接岸があり、殆どが夜中に接岸することから、すでに国内に入り込んだ外国人がいる可能性が否定できない現状です。
 
 他方、第一声がWe make America great againとのスピーチには驚いたものですが、その後も相変わらず、超タカ派的な発言を繰り返す大統領による世界への影響は凄まじいものがあり、エルサレム問題を始め、世界平和に対する脅威はオバマ時代より、急速に懸念される一年になってると感じます。
 
 国内では、政治問題はいつの世も解決が困難な問題はあるものです。しかし、国民のみならず多くの政治家は「希望の党」設立時からその後にかけて翻弄され、結局、最近では元の民進党に戻ろうとする動きさえ見られ始めてます。都知事選で圧倒的勝利を得たことによる歪が国政を巻き込み、「勝って兜の緒を締めよ」どころか、排除発言も飛び出す傲慢さがその後まで尾を引き、結果的に落選の憂き目になった候補者も身近にいます。
 
 また、国政政治家による不倫疑惑が驚くほどあり、国民への指導的役割を持つことから考えても、「政治家の倫理はどうなってるか」と、こちらも国民は驚きを隠せません。国民の血税を高額な給料として得てることを忘れてしまったのでしょうか。
 
P1030726【吾妻耶山で・・・後方は谷川岳】
 
 ところで、私自身について今年は「ちょっとした偶然」から頗る健康的な習慣ができました。近くの黒沢病院の前を、車で「偶然」通過した私は「前立腺がん公開講座」の幟が目に入りました。
 
 前立腺については以前の健診でマーカー0.6前後であることで安心してますが、ぜひ、この講座を受けてみようと強い思いになりました。理由は、二年前から日本人男性の死亡原因第一位が前立腺がんになったからです。
 
 群馬大学の先生による講座で参加者は皆、真剣な眼差しでした。すでにこの病を患ってる人が多かったからです。私は現在、この病を患ってないことから、がんを未然に防ぐには日常生活でどのようなことに留意すべきかとの観点を聞き洩らさないことに努めました。
 
 一時間半の講義の中で、講師の先生曰く「抗酸化作用の強いリコピンを含むトマトが効果がある」との言葉が私の耳に焼きつきました。この日も前立腺マーカーが無料で受けられるとのことで少量採血し、一週間後に届いた結果は0.6で評定Aがついてきて内心「ホッと」です。
 
 その後、継続して「リコピン豊富なトマトジュース」で塩分を含まないものを一日二杯飲む習慣にしました。夕食後と早朝にそれぞれコップに1杯です。抗酸化作用と共に、繊維類が多く含まれてることから「排便」が今までにない良い状態になり「目から鱗」です。これはよくいわれる「宿便」が先ずないことを確信する状態です。お腹の中のものがすべて出た感覚です。
 
Photo_2 【ピアノは気持ちと末端神経を陶冶】 
 
 来年は「健康は創るもの」という考えをより深化させ、心臓に多少の負荷を与える心拍数110未満の快適なウォーキングを継続、及び中枢神経を包む脊椎の柔軟性など、アンティエイジングを追求しつつ年を積み重ねる気持ちです。
 
 2017年では「偶然目にした幟」が元になり、偶然を生かすことの大切さを実感しました。健康とは体内にある不要なものを排出する考えです。2018年もいろいろ出向いて良い人と邂逅し、残された四半世紀の人生は、健康を基盤とし、如何に内面的に豊かな生活ができるかであろう。
 

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

今冬はノクターン「遺作」ハ短調を集中練習

P1020352【47年前に購入したピアノは今も現役】

 学生時代に師から教わったこと。それは楽器とはしっかり弾きこなせば「年月と共に味わい深い音になる」ということです。ピアノは木製であるからより一層そう言えるのでしょう。管楽器においても、自ら目標とする音色になるにはある程度の年数がかかると教わりました。この点から言うと、楽器に関しては古くなったからと買い替えるのはもったいないことになります。
 
 近年、テレビコマーシャルで「要らなくなったピアノはありませんか。」という買い取りの広告がありますが、子供さんが小さいとき弾いたけれど、今では無用の長物扱いをされることが多く、そんなピアノはかわいそうです。もしかして専門家が聴いたら、年代物は落ち着いた音色に聞こえる可能性があります。子供が成人して弾かなくなっても、高齢化社会にあっては親が心の充実さ、生活の豊かさを求めて弾けば素晴らしい趣味となり、一つの生甲斐につながると思われます。
 
P1020353【ショパン(1810~1849)の遺作ノクターンハ短調】
 
 私は指が速く動かないので速い曲は苦手です。概して歌のようにゆっくりした音楽に取り組む傾向です。ピアノがスポーツと異なる点は、必ずしも速いほど優れてとは言えず、しみじみと心を表現する音楽はそれなりに難しく、特に鍵盤への「力を入れるタッチの加減」で音色が決まるので、見かけ上、上手く弾けるというより、聴いてくれる人の「心に沁み入る音色」をめざすことになります。
 
 以前に弾いたことがある「遺作」ハ短調は12連符など部分的に速い部分があっても、全体を通じて哀愁味を帯び、現在の私の心境にあってるようです。再度、練習してますが、途中、休みの期間があると、指が忘れてしまい最初から取り組むことになります。それでも、以前に弾いてある曲は、一回目よりは早めに指が思い出し、次第に曲の形になります。
 
この曲は遺作=Posthumousと記されてるので、ショパン生前中に公開の場で演奏されたことがなかったと考えられ、彼の死後、すでに160年以上経過しても世界中で名作として弾かれてるとは「優れた芸術には永遠性がある」のでしょう。この作品の崇高さを感じつつ実際に演奏に取り組めるとは幸福といわねばなりません。
 
 一方、ピアノの練習は脳と指先の連動であり、中枢神経が鈍くなりつつある私には困難なことです。それでも、登山同様、一歩一歩マスターしていくより道はありません。前述の如く、一応弾けるようになってからが本格的な練習となれば、結局、生涯を通じて取組む曲になります。
 
P1020354【ピアノの部屋として、よい響きがします。】
 
 以前はホームコンサートと称し、10名ほどの方に聴いていただいたことがあります。しかし、一人暮らしは精神的に弱い面があり、練習時間は少なくなってます。誰か聴いてくれる人がいてこそ成り立つ音楽でしょう。
 
 18畳の部屋の周囲は漆喰壁、天井はアーチ、床は硬いカリン、床下は50㎝ほどの空間があり、底はコンクリートが敷き詰められてます。ハード面からは音の響きはよいと感じます。問題はソフト面であり、それは私の精神面です。年末から梅が咲き始めるまでに「遺作ノクターン・ハ短調」を人に聴いていただけるよう、この冬は集中練習したい。
 

| | コメント (2)

2017年12月 4日 (月)

君子蘭の開花から揺るぎない精神を学ぶ

P1020340【日中は十分に日を当ててやる】

 7~8年前、隣のTさんから頂いた1本の君子蘭=Karffir lilyは年々増え続け、今では17鉢になり、実際には25本くらいが花を咲かせます。植物の増え方はいろいろあっても、君子蘭は根からひこばえが生えて成長し、それを親から分離し、新たな植木鉢に植え替え、独立させます。
 
Dscf0259_2 【Tさんにもらった最初の1本】
 
 温かい環境であれば1月下旬に咲き始め、この時季は周囲に未だ花のない季節であることから、見る人は「わあっと歓声を上げ、この花に希望と勇気をもらいます。君子蘭にとって開花の理想の場所は家の中の陽が当たる廊下などです。一方、夏季は屋外に出して管理します。
 
 私の場合、現在、車庫の中で育ててます。車庫は壁が透明で四方が閉まるので温室効果があり、夜間の冷温に対処できます。温かな日の午前中に外に出し、水をたっぷり与えます。すると大きな葉で光合成してるのでしょう。いかにも生き生きしてきます。やはり丁寧な世話が直に個性的な花として応えてくれると思います。
 
 以前に、私のミスで12月の夜間に外に出したままでしたら、翌朝、殆どの葉が萎れ曲がってしまいました。一度萎れるともう元には戻らず、その葉は枯れます。翌春にはよい花が望めません。
 
P1020350【普段は愛車と共に車庫の中で冬を過ごす】
 
 ところで、君子蘭の原産地は南アフリカ連邦といわれ、日本名は君子蘭でも、欄ではなくユリ科に属し、英語名はKaffir【南アフリカ】Lily【ユリー】 と表現するようです。故に寒さには極めて弱く、原産地を知れば冬の管理を疎かにできないことになります。
 
 前述の通り、繁殖力が強く、私の場合も実際、増え過ぎて困ってる状況です。しかし、レース鳩と異なり、餌を買って与える必要はなく、水さえ与えれば光合成によって成長し、私たち人間に多くの酸素を提供してくれます。この点から、開花直前から室内で育てるのは君子蘭にとっても人間にとっても互いに健康に帰すると考えてます。
 
P1010936【1月の廊下は君子蘭の行列】
 
 それにしても君子蘭の君子とは、元来、「些細なことに感情を動かしたり、誘惑にあって自分の初志を見失ったり、困難に出くわしてくじけることの無い理想的な人格者」を言います。君子蘭の開花は誠にその名に相応しいです。
 
 私など、君子とはかけ離れた小さな人間であり、心が外界の事象に左右されてしまいます。日々、迷うことなく、もっと堂々と自ら考えた道に生きたいものです。君子蘭の堂々とした美しさから揺るぎない精神を学びたい。
 
 

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

優勝力士インタービューで楽観的私見を語る横綱

20080504_1161

 一年締めくくりの場所として、今回、福岡市で開催された大相撲九州場所11日目、嘉風対白鵬戦では、嘉風に軍配が上がりましたが、その直後、今まで見たことのない光景が目に映り、このシーンに驚いたのは私だけではないでしょう。
 
 立ち会いは成立し、白鵬は嘉風の顔に「一発、張り手を行ない」四つに組み、おもしろくなると思った瞬間、嘉風が白鵬を押し出し、白鵬は土俵下に転落しました。
 
 行司軍配は嘉風に上がりました。しかし、白鵬はその後、起き上がり、あってはならない抗議を表す右手を上げ続け、土俵に戻ろうとしません。勝負審判は誰一人、物言いとして手を上げてません。
 
 大相撲中継が好きな私は毎回、テレビ放送を見てますが、昔からずっと観戦しても、こんな光景を見たことがなく、初めて、極めて大相撲らしくないシーンと感じました。
 
 大相撲の良さは勝負がつけば礼をして、さっぱり終わるものです。しかし、白鵬は土俵下で暫く立ち続け、やっと近くの勝負審判の一人に促され、土俵に上がっても、尚も、依然として抗議を表す右手を上げ続け、いつになっても取組後の礼をしません。それ間、勝者の嘉風と行司は立ったままで、白鵬が所定の場所で礼をするのを待ち続けた状態が続きました。
 
 一方、よく目にする立ち会後、「張り手」と「カチ上げ」が最近の白鵬に多く見られます。これで相手をひるませるのでしょう。「張り手」は見た目に、いわゆる「平手打ち」であり、喧嘩同然の姿です。このルールは今後、改善すべきものです。相撲見る者にとって実に不愉快な動作です。
 
0004655_20120308213248_19849_l
 
 ところで、九州場所は白鵬の優勝に終わり、表彰式で八角理事長から優勝杯を受けとると、恒例のNHKアナウンサーによるインタービューです。
 
 この場所はもう一人の横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚した最中での場所であり、協会も 関取たちも、そして大相撲ファンも何かとすっきりした気持ちの場所ではありません。それにもかかわらず、全体としては若手の躍進が目覚ましく、一つの新たな時代へ推移してることを感じさせる場所で、この点は大相撲の将来がとても楽しみな場所となりました。
 
 しかし、表彰式後のNHKアナウンサーによるインタービュー における白鵬の受け答えが大相撲の伝統とは、とてもかけ離れた対応になりました。アナウンサーの優勝おめでとうございますの問いに対し、白鵬曰く「有難うございます。 その前に、今回の不祥事に対し全力士を代表し、お詫び申し上げます。」
 
 それまでは良かったのですが、その後、「すべて膿を出し切り、日馬富士と貴ノ岩には土俵に上がっ来てほしい」と公共放送の生中継を使って私見を述べる姿はあってはならず、驚くほかはありません。
 
 この時点において、警察による事情聴取が始まったばかりでその最中であることや、白鵬自身も暴行事件が行われた酒の現場に同席してたと伝えられ、それを止められなかった白鵬にも責任の一端はある状態です。
 
 このNHKインタービューを耳にし、違和感を感じた人は多いと思います。その後、会場の観客に対し、前代未聞である「万歳三唱」の音頭を取るなど、一連のインタービューの中で、今回の事件に対して「あまりにも楽観過ぎる」と考えざるえません。公共放送を使った自由奔放な言動は今後のインタービューのあり方に対し、NHKに対し問題点を呈しています。
 
 以前に朝青龍が土俵際でガッツポーズを行ない、日本の古式にのっとる伝統ある大相撲には極めて相応しくない態度として問題になりましたが、あの反省はすっかり消え、「勝って兜の緒を締めよ」や「横綱の品格」は見られなくなりつつある寂しさが漂います。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

1時間以上遠征する舎外、高度ある舎外への工夫

P1020119【電線に止まる癖はなく、高く飛ぶ舎外】

 レース鳩にとって11月下旬~12月の季節は、年間でも最も飛びやすい気候です。この時季はしばしば小春日和の日が多く、気圧配置はハイベルトの状況にあり、風がなく高気圧が列島を覆う状態です。しかし、日の出直後は未だ空気が冷えてることから、飛びたがりません。
 
 現在の日の出時刻は6時33分【群馬県】であり、出舎時間は日の出後30分経過した頃がよく、今では7時過ぎです。気温が温まると人間には体験できないことで、上昇気流に乗り、飛びびやすくなると考えられます。トンビはレース鳩より大きくても羽ばたきせず旋回します。上昇気流は鳥類にとって大きな味方なのでしょう。
 
 温かくなり、太陽高度が上がると舎外したいのでしょう。鳩たちは出舎口に集まります。このタイミングに出舎させることが肝腎で、一斉に飛び出し、すぐに見えなくなります。出たがらない場合は舎外したくない時間帯と考えます。
 
P1020335【出舎口は飛び出しやすいように横に広く作る】
 
 ところで、タイトルの如く、現在私が工夫してるのは「高度ある舎外」です。レース鳩は比較的いろいろと癖がつきやすい動物です。身近な例では近所の電線に止まる癖です。これはレースで不利はもちろんのこと、環境的にも好ましくありません。これも一つの悪い習慣であることから、いくら追っても飛ぶのは一時的なことです。いずれにしてもあまり飛びたがらない状況、もしくは空腹でないと考えられます。
 
 動物調教の主たることは餌の与え方にあり、動物との信頼関係を保つことでしょう。それは、しっかり飛べば、「空腹になり、その後、飼い主から餌がもらえる」という、この関連を体に覚えさてることです。
 
 この対処法は500m~1000mの山岳地帯の高度ある地点から行なう訓練がポイントの一つと考え、この繰り返しは、平地での舎外のみとは飛び方が断然変化すると考えてます。
 
P1020327【大麦3割】
 
 もう一つは、今の時季、餌に大麦を加えます。空腹であれば、好き嫌いなく早く啄ばみ、飼育者の思う壺です。つまり、鳩体を軽くすることにつながります。エネルギーある良い餌のみ日々与えてると鳩体が重くなります。レース鳩は空中を飛ぶので、鳩体が軽いレース鳩は大きな魅力です。これは系統に因ることもあるでしょうが、飼育者の管理にも因ります。
P1020331【換気口は東西南北のみでなく、上下にも】
 
 今は亡き大先輩から教わった「鳩舎を煙突にする」という鳩舎構造の教えは40年経過した今でも、これは正しいと心に響いており、睡眠中も呼吸してるレース鳩にきれいな酸素を与える換気の必要性を説いてます。つまり鳩舎内の空気を下から上に流すという教えです。
 
P1020337【天井近くの高い位置にある巣房・・・選手鳩鳩舎】
 
 長距離レースでは「産卵もしくは育雛状態を利用」が有利なことは明らかです。これで帰巣本能がより高まると考えられます。それは鳩にとって決まってる巣房を逆算して扉を開ければいいのです。巣房の位置は高い方が動物の本能からも自然でしょう。
 
P1020336【床から1mの位置にある水浴場は飼い主が腰を痛めない】
 
 鳩舎内に日が当たれば、濡れた羽を乾かせます。多くの鳩舎では、水浴は飼い主にとって最も負担が大きいことの一つですが、当舎では選手鳩鳩舎も種鳩鳩舎でもご覧のように蛇口を捻れば、水が出て、栓を抜けば下水に流れるので、自慢できる構造はこれぐらいです。しかも、井戸水なので何回行っても水道代はかかりません。
 
 風がない日の午前中に水を溜めれば我先に飛び込みます。このような状況であれば、結構回数も行なえます。今の時季、換羽が仕上がるときなので多めに水浴したがるものです。
 
P1020338【遠征に出掛け、もぬけの殻の鳩舎】
 
 今後も、天高く、横一線となる飛翔、スピードある舎外を求めます。高く飛翔してる姿を現在の子供たちに見せたいものです。60年間レース鳩を飼育してる私にとって、現在は時代が変わり、子供たちにとってレース鳩を飼育をする環境になく、親も進める人はいない時代になりました。
 

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

自分の鼻の中の構造を初めてカメラで見る

P1020311【樹木は落葉し、何とはなしに侘しさ漂う晩秋】

 今年も残すところ、いよいよ39日です。今年は5月~6月にかけ、風邪をこじらせましたが、この一年は概ね健康で過ぎ去ることに感謝です。でも、何もないわけではなく、若いときからの鼻の調子はよくなくとも、洗浄を通して鼻腔内を清潔に保つ方法を生活に取り入れてます。
 
 一方、肺炎予防のため常に鼻呼吸を励行することが生活習慣になりました。30才のとき副鼻腔炎(蓄膿症)で手術をしました。しかし、医学的にも鼻のことは難しいらしく、手術して治るというものではなく、近くにあることもあり耳鼻科には今でも月3~4回は通院してます。耳鼻科でしてもらうことは主に洗浄です。そして霧状の薬の噴霧です。
 
 昨日は生れて初めて、かかりつけの耳鼻科で自分の鼻の中を鼻専用のスコープで見ることができ、ディスプレイに映し出される鼻腔内はピンク色の世界です。上下、左右、手前と奥と複雑な迷路状態です。医師により長い中鼻鏡で骨と骨の間を広げ、その中に電気がついてるスコープの先端を入れていきます。中は明るく照らし出されてます。どこに通じているのか直径4ミリ程の穴が開いており、おそらく副鼻腔につながってるのでしょう。
 
Img_802e71019ee30ef7df98629c86a9921
 
 ところで、鼻の臓器についておさらいです。先ず、私たちの顔面は皮を一枚剥ぐと眼球の他は鼻の臓器だらけと言えます。これは副鼻腔という部屋が4対あり、左右対称的に8部屋が存在し、鼻から吸った空気は瞬時にこれらの鼻腔内を通過し、空気に含まれる埃などを鼻の粘膜に貼り付け、残ったきれいな空気が肺に入ります。
 
 また、声を出したとき鼻腔内が清潔で健康であれば、快い共鳴となり、いわゆる「いい声」になります。次に、4対ある鼻腔の位置を確認します。
 
 上の図では位置が多少ずれてますが、前頭胴は額の下部にあり、脳の前に位置します。手術した体験では、前頭胴に入れたガーゼを医師が引っ張ったとき、額の中の広い部分が動いた記憶があります。この副鼻腔は高い位置にあり、頭の前が痛いときはここに膿が溜まってる可能性があります。でも、次第に下に出てくると考えられます。医師の話では鼻の入り口から遠いので、入口も先ず見えないとのことです。
 
 次に、左右のほっぺの中にあるのが上顎胴です。犬歯の上です。私の場合、上顎胴を手術したのは口の中からです。手術は全身麻酔中に行われましたが、少々目が覚めたときがあり、そのとき医師が口の中をいじってることに気が付きました。
 
 一方、平素、耳鼻科で治療してもらう個所は眼球と眼球の間にある篩骨胴です。これは正面に位置し、前述の長い中鼻鏡で軟骨を広げると中がよく見えるとのことです。医師はその空洞に溜まってる膿を吸引器で吸い出します。
 
 そして、最も奥で見えないのが、正面の奥にある蝶形骨胴です。蝶の形に似てるようです。ここは脳のすぐ下にあります。このため、蝶形骨胴こそ脳をクールダウンさせる役目を持つ臓器で、頭がはっきりしてるかどうかはこの蝶形骨胴に空気がよく通過するかどうかにかかっていると考えられます。
 
P1040316【鼻洗浄の器具と塩】
 
 鼻はかんでも奥の部分に溜まってる膿は出ないこともあり、私は一日一回自分で洗浄します。500ミリリットルの微温湯に小さじ一杯の塩を混ぜ、ぬるま湯を重力によって鼻腔に入れます。左から入れると右から出るので、交代しつつ洗浄します。洗浄する前に点鼻薬をつけてから洗浄すると良く洗えて効果があります。鼻の中がさっぱりするとともに、途端に、脳がクールダウンし、何んとはなしに頭の調子がよくなります。
 
 今回、生まれてい初めて耳鼻科で自分の鼻の中を奥深くまで覗いたので、その構造が把握でき、より鼻呼吸を徹底し、清潔な酸素を吸い込めるよう鼻の健康に努めます。
 
 

| | コメント (2)

2017年11月20日 (月)

夜明け前、国際宇宙ステーションを見て感銘

P1000931【国際宇宙ステーションから送られてきた映像・・・ナイル川付近】

 4~5日前の午前3時半ごろ何気なく南側の窓を開けたら、西南方向から北東方向に進む光る物体が目に入りました。この時間に飛行機は飛んでないと思い、すでに開いてあった私のブログの右サイドの「国際宇宙ステーション」をクリックすると、丁度そのとき日本列島に沿って太平洋上を西南方向から北東方向へ進んでる国際宇宙ステーションの動きが示されてました。
 
 この光景を見て、パソコン上に示される国際宇宙ステーションの動きは誠にリアルタイムであることを確認し、今回、初めて肉眼で地球を周遊するISSの実物を見て感動を覚えました。
 
 国際宇宙ステーション=International Space Station=ISSの進行方向については、北や南から飛行したり、あるいは東や西から日本上空に来ることはありません。日本のような中緯度帯での進行方向は必ず決まってます。
 
 それは北西から南東へ、及び南西から北東への二通りのみです。また、北極や南極上空は飛びません。その理由はISSの飛行は地球の自転方向のみであり、基盤となる角度については赤道から北東へ51.6°及び南東へ51.6°だからです。
 
P1020306 【本日夕方のオーストラリア・シドニー上空付近】
 
 ISSの進行角度が赤道に対し51.6°ということは、ISS自体は「慣性の法則」により直線に進んでも、地球上の北緯51.6°及び、南緯51.6°までしか飛行せず、それより高緯度へは飛行しません。このため極地上空は飛行しません。飛行北限はロンドンやカムチャッカ半島の最南端、カナダのカルガリ付近で、飛行南限は南アメリカ大陸のドレーク海峡付近です。
 
 これは地球が球体であることから、北東に直進して飛んでも地図上では北緯51.6°に達すると、今度は南東方向へ進み始めます。ISS自体は、常に地上からおよそ400kmの軌道を秒速7.7㎞で方向を変えずに飛行を続けます。
 
P1030120【ISSから見る日の入り】
 
 ところで、ISSは1日に地球をおよそ16周します。1周にかかる時間はおよそ90分です。このため日の入り後45分で日の出となり、1日に日の出と日の入りがそれぞれ16回です。搭乗してる宇宙飛行士にとって1日の行動計画や睡眠時間設定は難しいことと推測しますが、時間についてはUTC=Universal Time Coordinated=協定世界時に沿って生活され、これはグりニッチ標準時に合わせてるようです。
 
 私たちが実際にISSを肉眼で見られる時間帯は夜明け前や日没後になります。理由は、この時間帯なら飛翔してるISSに太陽光が当たるからです。日中は太陽光に遮られ、深夜は日本が夜でありISSに太陽光が当たらず見えません。
 
 皆さまが、ISSを直接ご自身の目で確認される場合は、拙いブログの「国際宇宙ステーション」をクリックされれば、日本上空に近づくかどうか予測できます。ISSからの地球映像については日本が夜であっても、日中である地球上は見えます。
 
 

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

骨密度を計測・・・毎日溶け、毎日作られてる骨

P1000243【ウォーキングは必ず踵から着地し、背骨に負荷を与える】

 平素、その存在を忘れがちなのは私たちの体内にある206個の骨です。忘れがちなのは体内のため、自らの骨を見ることは生涯にわたり先ずないからです。というものの私は子供のとき脛を家の上がり口に思い切りぶつけてしまい、薄い肉を持ち上げたとき白い骨を見た記憶があります。体外から最も近くにある骨は頭蓋骨とこの脛骨でしょう。ここは弁慶の泣き所といわれ、触ると骨の形も想像できます。
 
 身長は骨の大きさや長さにより大かた決定し、姿勢も骨と骨の連結により決まります。
 
P1060964【ダンベルは軽いものも使い方で効果あり】
 
 ところで、骨の量は30代から40代にかけピークに達し、その後は次第に減る傾向といわれます。しかし、前向きな生活習慣や人為的な努力によって、より丈夫な骨にすることは可能と考えます。それはカルシュームを含む食品の摂取と、紫外線を浴びることで生ずるビタミンDにより、骨の大部分を占めるカルシュームが吸収できると考えます。
 
 日々、家に閉じこもった生活でなく、骨の存在を意識しつつ「骨に負荷をかける運動」こそ骨が丈夫になるでしょう。
 
P1020273 【検査結果】 
 
 先日、暫くぶりに近くの医院で骨密度を計測しました。1週間ほどで結果が分かり、医師が丁寧に私の骨の量について説明してくれました。表の見方は、左の数値1~4まであり、1は本格的な治療の対象となり、2は注意が必要で医師の指示に従って食事や運動に心がけ、3~4は問題はないと区別されます。
 
 それによると私の数値は2.63なので年齢にしてはまあまあ基準にあり、特に問題はなしと診断されました。内心は、もう少し良いのかと思いましたが、年齢にしてはこんなもんでしょう。
 
 ところで、私は骨はずっと同じものであると考えてましたが、驚くことに、骨は丈夫さを保つため「日々、古くて脆くなった部分を破壊し」、「新しくて強い骨に毎日、作り換えてる」との医師の説明です。
 
 私たちは今の骨量と質を保ち、骨量の減少を最小限に抑えるには、食事と運動で増やすことで、結果的にQOL=Quality of Life=生活の質の改善を図りたいものです。生活の質は見えない骨の量と質に大いに懸かっていても、これは気づき難いことです。
 
2290【谷川岳・天神平で撮影】
 
 一方、最近、私に近い年齢の人や先輩方を見るにつけ、一目瞭然なことは、その人の歩く姿勢です。私はこれに大いに注目してます。歩く姿勢はその人の「健康度」と「精神の充実さの程度」の表れと思えてなりません。
 
 歩いてないときでも顎が上がったり、前屈みであれば肺や心臓、そして胃腸が圧迫され、見た目の姿勢の悪さのみならず、消化器にとって害はあっても益はないでしょう。「人の振り見てわが身を正せ」は、中高年において視覚から得る大切な情報です。
 
 私たちは特に歩く姿勢に注意したいものです。前述の如く、姿勢が悪いと内臓に悪影響とともに、気持ちまで憂鬱になります。習慣的に姿勢を正しくすることは中高年にとって「生活の質」の核心です。姿勢は私たちの骨の量と質に関係します。
 
 近年、耳にする骨粗鬆症=osteoporosis・・・【脇道で失礼、この発音はおよそ、明日、手をポロ視す】は比較的、体重の軽い女性が高齢期に罹りやすく、スタイルを気にするあまり、若いときダイエットでやせ過ぎると、後々骨まで痩せてしまうと考えられます。標準体重を保つことは骨粗鬆症対策として重要なことです。
 
 ところで、納豆はビタミンK₂を含有し、骨の形成を助けるといわれます。東北から関東の人は納豆の消費が多く、大腿骨骨折を起こす頻度が少ないといわれます。私たちは日々、好き嫌いなく多岐に亘り食したいものです。
 
 宇宙飛行士が地球に帰還したとき、骨の量が減ってた話は有名です。宇宙空間では骨に負荷がかからないため骨が弱くなったのです。私たちは重力ある地球上にいる恩恵をしみじみ感じつつ、骨に負荷を与え、正しい姿勢をキープしたいものです。
 

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

「鉄は熱いうちに打て」は花桃や還暦過ぎに通じる

P1020262 【実生から育ててる花桃の若木】・・・拡大してご覧ください。

 初めに、日頃、拙いブログにアクセス戴き有難うございます。お陰さまで今回の記事で更新数が1500回になりました。元来、私は作文が苦手ですが、今後も身の回りの「よしなし事」について書きたいです。ぜひアクセスをお願い致します。また、コメントを戴ければ幸甚です。
 
 さて、英国のレース鳩月刊誌「ビクトリアル」の表紙に鳩舎と共に3回掲載された花桃は3年前に朽ちましたが、不思議にもその子供が根元に5本も種から生えました。命を次の世代へしっかり継承している自然の力に時代を超越する崇高な力を感じます。きっと、この若木もいつかは朽ちても、同様に子孫を残し、命のバトンタッチは未来永劫、行なわれ続けるでしょう。私たち人間はそれをずっと見届ける生命力はありません。
 
 写真をご覧なってお気づきの通り、実生で生えた4本は背の高い二年ものと小さい一年ものです。これから厳しい冬を越すため比較的暖かな軒下で春まで過ごさせます。土の表面が乾いたら水を与え、根と幹の成長を促します。
 
 写真を拡大して見ると分かりますが、私は2~3か所、紐で縛りました。来春、幹が延びたら再度、同様の作業を行うか、あるいはこのまま成長させるかは直植えするとき決めます。
 
 ところで、植物の楽しみ方は開花はもちろんでも、花のない季節も楽しむには幹の形と枝ぶりではないでしょうか。このうち幹については若木のときに少しずつ曲げて蛇行させ、形が決まるまで紐で固定します。3~4ヶ月ほど経過後、紐を解くと幹は曲がったままであり、元に戻りません。樹木が大きく成長してからの作業では折れてしまいます。
 
P1020269 【源平しだれ桃の幹はプロが仕込んだ技】
 
 玄関先の築山に植えた「源平しだれ桃」はその名の如く、開花は紅白に咲き分けます。その年によって源氏が勝つか、平家が勝つか年々違います。つまり、赤い花が多い年があれば、白が多いこともあり、何故、咲き分けるかも含めて人間には分からない自然現象が庭の樹木にも見られます。
 
 私の拙い体験からしても、これだけよく曲がってる幹とは植木職人のプロ魂が内包されてます。年月が経過した現在にその仕込みが具現化し、庭を訪れた方々の目を惹きます。自らの仕事が時間が経過した後代の人間を楽しませる仕事は植物にはない人間の技と心意気です。
 P1020268【しだれ梅の幹・・・これは20年ほど前、若木で手に入れる】
 
 花桃と同様、梅の木もプロの手にかかれば幹がこのようにくねります。現在、すでに落葉しつつある桃や梅の木はこれから6ヶ月間、幹の形や枝ぶりに心が和みます。おそらく、これは古の平安より行なわれてたと想像され、植木職人の手腕により人々は樹木の味わい深さを享受していたのでしょう。
 
 ところで、このように人為的に幹を曲げるられるのは若木の時のみです。この時期は柔軟性があるからです。この時期を過ぎると折れてしまいます。
 
 一方、人間においては、植物以上に「三つ子の魂百まで」は誠にその通りです。同様に「鉄は熱いうちに打て」もそうです。ある技能の習得は言うに及ばず、特に子供の生涯を決する性格形成において、また、基本的な生活習慣においては親の躾に因るのみならず、子供を取巻く社会の大人たちが厳しくも温かく導くことが未来ある子供たちの人格形成に重要であると説いてます。これらの諺は大人に対する戒めでしょう。
 
338 【先代の花桃の開花】
 
 実はこれらの諺について、私は現在の自分自身に当て嵌めてる傾向があります。というのは、すでに三つ子でなくとも、今後の超高齢化社会を生き抜くには、元気な脳と体である今こそ、将来、認知症にならない仕込みの時期と考えます。還暦後の生き方は新たな「鉄は熱いうちに打て」の期間と考えます。90才や100才の人から見れば、私などは三つ子も同然の年でしょう。
 
 幹を魅力ある姿に仕込んむ花桃の若木に現在の自分を重ねてます。今こそ、健康を維持する手立てを発見、実践し、世の中の新たな動向に対処できる柔軟性ある脳でありたい。それには今でしか仕込めない年齢と思います。
 

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

八ッ場ダム完成を期し、工事の進捗状況を見守る

P1020229【ダム本体工事は着々と高さを増す】

 60年間、懸案事項であった群馬県北部のハッ場ダム建設工事は、途中、民主党政権下にあって工事が中断しつつも、再度、安倍政権になり、ダム湖を跨ぐ二つの大きな橋はすでに完成し、名称はダムに近い方からハッ場大橋と上流にかかる不動大橋です。どちらもダムの対岸を結ぶ住民の生活道路です。ダム本体は着々とその高さを増してます。
 
P1020001【対岸には川原湯温泉の王湯がある】
 
 前回、私はちょうど一年前に訪れ、紅葉に彩られた山間の深い谷間にあるダム工事を見学したとき、未だ基礎工事中でダムの姿を成しでいませんでした。しかし、今回、立冬の11月7日に訪れ驚きました。それは巨大なダムの下方が目で確認でき、日々、高くなりつつあり、工事が軌道に乗ってる姿が確認できました。いよいよ本体工事が本格的になって、完成は三年後に予定されてます。遠方から見た限りではダム本体の下部の厚みは80~100mほどと思われます。
 
 一般の人がダム工事を見学するには東側の高台に見晴らしの良い見学地が特設されており、誰でも自由にそこから深い谷底のダム工事が見学できます。しかし、高い地点まで歩道を歩いて昇る必要があります。
 
P1020239 【高台にある見学地点・・・ここは絶壁の上】
 
 ハッ場ダムは活火山である白根山方面から流れる吾妻川を堰き止め、広大なダム湖を作ります。完成すれば湖面からダム湖の底まで100m以上はあると推測できます。現在、湖底となる場所で工事用のトラックが移動し、小さく見えます。
 
P1020237【ダムの湖底になる地点】
 
 ハッ場ダム工事についての概略は見学地点に説明書があります。
 
P1020232
 
 堤の長さは290.8mですが、ダムが建設される場所はこの界隈でも両岸が狭くなってるところであり、ダム湖になる両岸は400~500mになると推測され、県内でも最も広い人造湖になりそうです。おそらく、ダム湖一帯は新たな観光地として生まれ変わるでしょう。
 
 それは現在でもすでに、ここを訪れる人々の多さで分かります。皆さん、完成を待ちわびてるようです。両岸に新しく出来てる道路やトンネル、道の駅を始め、レストランなどは賑わっており、広い駐車場は満車状態で駐車が難しいほど賑わってます。
 
 ダム湖が完成した暁は、内外からこの数倍の観光客が訪れ、それは両岸にあるりっぱなトンネルや道路の様子で理解でき、ダムに観光船が浮かべば、この地の経済効果は想像を超えるものになるでしょう。
 
P1020240【黄色い愛車はやっと駐車できました】
 
 ところで、ハッ場ダムの完成により、最も大きな効果が出るのは治水と考えられます。このダムの目的はいわゆるmultipurpose damであっても、その第一は洪水調節であり、戦後、間もなく襲来し、群馬県でも600名ほどの犠牲者が出たカスリーン台風により、ダム建設の機運は高まったとされます。
 
 この他、不特定利水、上水道、工業用水、発電です。中でも、神奈川県を除く一都5県の上水道としての役目は大きく、緊急時以外は平素このために貯水します。群馬県の巨大な水瓶が関東一円の人々の生活用水になります。
 
P1020249【西岸の高台に完成したJR吾妻線の川原湯温泉駅】
 
 私の趣味の一つは健康維持のウォーキングです。また、ドライブも好きなので、高崎から1時間30分のダム湖に来て、あるいは電車で来ると川原湯温泉駅下車で、そこからダム湖周囲が歩けます。
 
 この駅からダムの堤の上を通過し、巨大な橋も利用して歩けばダム湖周遊のほんの一部であっても、推定5㎞ほどのウォーキングになるでしょう。橋の上は歩道が完備してます。汗をかいた後は、近くに日帰り温泉が、私の知る限り二つあり、心底よりリラックスするにはこと欠きません。
 
P1020243【ハッ場大橋も不動大橋も両側に歩道あり・・・これは不動大橋】
 
 歩道から下を流れる吾妻川を見ると千尋の谷です。吾妻川は紅葉が見事ですが、この辺りは埋没します。しかし、下流は吾妻渓谷として以前の景観が残されており、こちらも遊歩道があり、今の季節、紅葉を楽しむことができます。
 
P1020235【湖底になる地域】
 
 総じて早い工事の完成が待たれるハッ場ダムですが、完成の暁に、この地の経済効果は計り知れなく、それは観光です。関越自動車道・渋川伊香保ICより1時間はすぐに現地に着き、巨大なダム湖を周遊しただけでも、浮世の習いから解放できるでしょう。2020東京オリンピックと共に広大なダム湖が水を蓄えます。
 

| | コメント (2)

«今年は一段と音質に磨きがかかった高商ブラス