大安の今日、屋敷祭り

P1070044

 我が家ではと言っても私一人しかいませんが、今日は12月15日で「屋敷祭り」です。亡父が昭和初期に作った稲荷様に詣でますが、あいにく私は今日、県外視察です。

 今回は派手なことはせず、詣でるのみで今年一年の無事を感謝します。年末に娘たちが来たら一緒に賑やかに供物をお供えし、家屋敷と共に健康を祈念したいと思います。


 Although I am the only one in my home, it will be held “Yashiki Festival”that literally means premises festival in Japan on December 15th today. I will pray the Inari-sama as you see that my late father made in the early Showa era about 90 years ago, but unfortunately I visit outside the prefecture today.

 So I don't do anything flashy this time, just pray and appreciate for the safety of this year. When the daughters with their family come at the end of the year, we will give lively offerings and pray for family's health and the premises.

 

| | コメント (0)

剪定の目的は樹形を魅力的に、そして色彩の向上

Img_0027

 年末の今の時季は、私にとって庭の樹木の剪定の日々です。私の庭の樹木は花木が殆どです。今回は実生から生えた花桃をかなり剪定しました。

 ご覧の通り、小枝はナイフで細かくし、ゴミ収集の日に出します。これにより量が減ります。剪定の目的は樹形がより良くなることと、春に咲く花の色彩が色濃くなります。来春も旧暦の「桃の節句」に花桃がたくさん咲く予定です。現在、花桃は6本あります。

 The current season of the end of the year is the pruning trees days for me in my garden. Most of the trees in my garden are flower trees. This time, the peaches grown from seedlings were considerably pruned.

 As you can see, the twigs are cut with a knife and taken out on the day of garbage collection. This reduces the amount. The purpose of pruning is to improve the shape of the tree and to enhance the color of the flowers that bloom in spring. There will be lots of peach blossoms next spring, so please come to see the peach festival in the old calendar. Currently, there are six flower peaches in the garden.

P1000885

(昨春、開花した源平しだれ)

 

| | コメント (2)

2019年12月14日 (土)

「源平しだれ」もすでに春の準備中

Img_0030

 築山の頂上に立つ幹が蛇のような「源平しだれ桃」です。ご覧の通り、葉はすべて落葉し、一見みすぼらしくても、枝には蕾が膨らんでます。

 源平といわれる所以は1本の木であるのに紅白に咲き分けるからです。もし紅が多ければその年は源氏の勝ち、白が多ければ平家の勝ちになります。ですから咲いてみないとその年の勝敗が分かりません。

 現在は築山の頂上に池を作り、水を与えてます。開花時期は旧暦の3月3日「桃の節句」です。


 The trunk of this “Genpei bicolored weeping peach” is a snake-like and it is standing on the top of an artificial mountain named Tsukiyama. At first glance, all the leaves have fallen and it looks shabby, but the buds are bulging in the branches.

 The reason for being called Genpei is that the flowers bloom in red and white. If there is a lot of red, then Genji will win at that year, and if there is a lot of white, Heike will win. So before blooming we don't know which is winner or loser.

 At present, there is a pond on the top of Tsukiyama and water is given. The flowering season is a peach festival at March 3rd in the old calendar.

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

今宵は「十六夜の月」

Photo_20191213204901

 今宵も東の空高くほぼ満月が出ています。しかし、よ~く観察すると右が少しぼやけてます。これは月の位置が地球の公転軌道より外側で地球より少し前に移動してるためです。十五夜の翌日ですから昔から十六夜の月【いざよいの月】といわれてます。

 これから月の進行方向は日に日に地球の公転軌道より前になります。

 一方、14日の深夜から見え15日の午前4時に最大となる「ふたご座流星群」が予想されてますが、月明かりが強いので今回は見難いと考えられてます。


 Tonight, you can see almost the full moon in the eastern sky. However, if we look closely, the right side is a little blurred. This is because the moon moved outside the earth's revolution orbit and slightly in front of the earth. Since it is the day after the 15th night, it has been said to be the 16th night moon.

 From now on, the situation of the moon will be more front of the earth's revolution orbit.

 On the other hand, it is expected that the Gemini meteor shower will be visible from midnight of 14th to 4 am on the 15th to the maximum, but it is considered difficult to see this time due to the strong moonlight.

Photo_20191214074701

(ふたご座)

  

| | コメント (0)

年齢を重ねても、新たなことにチャレンジ

Img_0025

 カメラが新しいので使い方にまだ慣れてません。取り敢えずピントを合わせたいです。この画像はどうにかピントが合いました。次第によい写真が撮れるようにしたいです。

 写真はすでに蕾を持ってるモクレンです。亡父が55年前に植えたもので主はいなくても毎年紫の花を咲かせます。この他、亡父が植えた樹木は庭には未だ13種類あります。子供としてはしっかり剪定したり、水やりして育てたいです。

 今日は13日の金曜日ですが、嬉しいこともあります。


 The camera is new so I'm not used to it yet. I want to focus for the time being. This image was good in focus somehow. I want to get better photos gradually.

 The photo is a magnolia that already has buds. This was planted 55 years ago by my late father, and even if it doesn't have the Lord, it can bloom purple flowers every year. In addition, there are still 13 kinds of trees planted by the late father in the garden. As a child, I want to pruned firmly and water it. 

 Today is Friday's 13th. But there are things that I'm happy about. Today is the last pension day of this year.

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

四方八方から樹形を眺めつつ剪定

Img_0024

 私たちが感じる物の美しさとは、静物の場合「スタイル」と「色彩」に大別されるでしょう。その他、動的なことでは表情や機敏な動きなども美しさに含まれます。樹木についての魅力は枝ぶりと、花の色彩で、結果的に葉や花に生き生きした艶が表現されます。

 ご覧の樹木・金木犀の樹齢は推定100年です。性質は成長が活発です。このため大きくなり過ぎるので今までほぼ毎年剪定してます。ところが、剪定し過ぎると翌年の秋分の日前後に花があまり咲かなくなる苦い体験もあります。

 樹木にダメージを与えない程度に剪定の度合いに気を配らなくてはなりません。樹木によっては梅のようにいくら剪定しても動じないものもあり、却って剪定により翌年、色彩の濃い花を咲かせる樹木もあります。

 ところで、私が上の金木犀の剪定を行なう手加減はもう一つあります。

 実は野鳥がこの葉の中を塒にしています。葉が比較的密であることから周囲の天敵から発見され難く、安心して眠れるのでしょう。時々、夕刻にどこからともなく飛来してこの葉の中に忍び込みむ様子を目にします。ですから、このような理由で剪定の度合いを決めることもあります。野鳥が庭で過ごすことは楽しいことで、私は野鳥が集まる庭をめざしています。

Img_0021

 今では考えられない大きさになりましたが、20年ほど前、埼玉県花園町から乗用車のトランクに積んできたご覧の紅梅は幹が蛇のように曲がりくねり、枝ぶりがよく、花はピンクに近い色彩で優しさに心が和みます。

 「桜切るバカ、梅切らぬバカ」といわれますが、梅も何でもかんでも剪定すればよいものではありません。あくまで、魅力ある樹形を頭に描きつつ、余分な枝を切り取ります。一般的に剪定で来春、よい枝の芽や花芽が出てきます。

 私が考える余分な枝とは、下に向かう枝です。この梅の全体像として恰も雲のように、ふわりと横へ伸びる樹形をイメージしてます。それは優しく手を差し伸べるような姿です。もうすでに幾度も剪定してるので、今では次第に私の理想とする樹形になりつつあり、最近の剪定は枯れ枝を取り去る程度で、梅任せになりつつあります。

Img_0026

 これから冬本番を迎えるというのに、もう、こんなに大きな蕾をつけてます。これは玄関前の牡丹です。植物は常に季節を前取りしてのでしょう。いつでもチャンス到来を待ち、手薬煉引いてるようです。私たち人間に未来を見据えて、今行うべきは何かを教えてるようにも見えます。

 私は一人暮しゆえ、その日その日をどうにか生き長らえてる感があります。それでも、植物からその姿勢を学ぶことはできるものです。年齢を嵩んでも人生の開花をめざし、チャンス到来時には躊躇することなく、パッと開花し、どんな分野でも今までとは変身したいものです。

 これは年齢に関係ないことです。年が嵩むと未来はないように感じやすいものです。ところが、人生は分かりません。あるいは、年を重ねてこそ、自らの目標に到達できる年代と言えます。一般論として、現役を退くと人生の殆どが終了したかのように思いがちです。

 ところが人間と動物は違います。人間は身体的には下降気味になりつつあっても、後半は精神の充実や判断力は若い頃より確かになることがあります。謂わば生き方を剪定することで、日々はよりアクティヴに磨かれるのが高齢期ではないでしょうか。

 特に、人間だけに許されてる芸術の見方においては、老いてますます洞察力や美的感性に深みが増し、心底より幸福感に満ちる可能性があります。植物に接し、自然の美しさを享受すると共に精神をますます研磨すれば、誰でも目標とする生き方に近づけるのではないでしょうか。

 

| | コメント (2)

梅の品種名「思いのまま」はすでに蕾が膨らんでる

Img_0015

 これから益々寒くなるのに、庭の梅の木はすでに蕾が膨らみ、春の準備をしています。この品種は「思いのまま」です。

 つまり、1本の梅の木に紅白2種類の花が咲きます。私たちは白梅を見れば、紅梅が見たくなるものですが、「思いのまま」はそれを1本の梅の木で叶えてくれます。果たして人生も次第に「思いのまま」になり、紅白の花が咲くでしょうか。


 Though it is getting colder and colder now, the buds of the plum tree in the garden are already swelled and ready for spring. This variety is “Omoinomama" that literally means as you wish.

 In other words, two kinds of red and white flowers bloom on this one plum tree. If we see white flowers, we want to see red flowers. This plum tree will come true with a single tree. Will my life gradually become "as I wish" in the near future and will red and white flowers in my life bloom?

P1040895

【前回、開花の様子】

  

| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

ニュージーランドのホワイト島で火山が噴火

Img_0008

ニュージーランドには以前に私の家でホームステイしてたバリースペンスさん親子がいます。彼は高崎商業高校でAETでした。現在、私はこの親子とフェイスブックで友人になってます。

 ホワイト島の火山噴火のニュースが流れると、私はすぐに彼のページに安否を問い合わせたところ、孤島の火山なので大丈夫とのことです。

 日本とニュージーランドは緯度もほぼ同じく島国なので火山の心配は共通です。画像はNHKニュースより


 In New Zealand, there are a father and his daughter named Mr. Spence Family who had stayed at my home before. He was an AET at Takasaki High School of Commerce. We are currently friends each other on Facebook.

 As soon as the news of the volcanic eruption in White Island flowed, I inquired about their safety on his page. Their situation is no problems due to a solitary island.

 Japan and New Zealand are island countries with similar latitudes, so there is a common concern about volcanoes. The Image from NHK News

 

| | コメント (0)

野鳥にとって豊富な餌となり、人間には目の保養

Img_0012

【拡大して下さい。】

 今の季節は野鳥にとって餌が豊富なのかもしれない。上の写真はビラカンサで推定1000個ほどの実です。下は南天でその数は推定300個の実です。これらがいつの間にか野鳥によってすべて食べつくされます。

 初冬になれば多くの植物が落葉する中、両方とも常緑樹で、この色彩は大昔から野鳥にここに餌があるよと教えているのかもしれない。殺風景な今のシーズンにあって人間の視線をも集めます。


 In this season, the food may be rich and abundant for wild birds. And on the photo above is the pyracantha estimated 1000 seeds. On the photo below is called the Chinese bamboo or nandin estimated number of 300 seeds. These will be all eaten up by wild birds in the near future.

 In early winter, many leaves will fall, but the both are evergreen, and the conspicuous color may have been taught the feeds here for wild birds. This will also collect human's gaze during this season in the bleak garden.

P1030290

  

| | コメント (2)

2019年12月10日 (火)

除夜の鐘が鳴るとき、真南に一際輝くシリウス

P1030109

【拡大してご覧ください】

 最近、深夜午前0時に南の空を見ると、一番明るい恒星シリウスが南南東にあります。かなり高い位置です。これが日に日に真南に向かってます。そして、除夜の鐘が鳴るとき真南に輝きます。

 つまり、1年の始まりである1月1日は天文学的に大きな意味があります。上図では、現在の地球は緑の位置にあります。今度の年越しにはこの事実を確認してくださいね。


 In the northern hemisphere, when you look at the southern sky at midnight recently, the brightest fixed star named Sirius is in the south-southeast. It situates a considerably high position. This fixed star is heading toward the due south day by day. And when the night bell rings, it shines at the due south.

 In other words, January 1st, the beginning of the year, has a big astronomical meaning. In the figure, the current earth is in the green position. Please confirm this fact at the coming moment of New Year.

 

| | コメント (2)

«一生勉強、一生青春・・・私の英単語記憶法