« 海を渡った中日友好号 | トップページ | ああ~いい景色 »

2007年1月25日 (木)

感動

  先日、夜中にAMラジオで海外の日本語放送を聞こうと思い、何気なく選局しましたら途端に聞き覚えのある声が耳に入ってきました。遠く海外から電波に乗ったその声は、私が高崎商業吹奏楽部顧問時代に教えたSめぐみさんです。

 以前に地元の新聞に彼女が北京国際放送局のアナウンサーになる記事が掲載されましたので、そのことは知ってましたが、実際に海外からの電波に乗った学生時代と変わらぬ懐かしい声を耳にした瞬間は、驚きとともに彼女の生き方と立派さでただただ感動でした。

 番組では、中国にいる日本人向けに北京を旅行中に物を紛失した場合には、すぐ公安委員会に相談するのがいいことや、中国の民俗音楽を流していました。

 環境の異なる北京では一人で生活することでさえ大変でしょう。学生時代、明けても暮れても吹奏楽の練習に没頭した集中力と、音楽会を成功させる強い意思、トロンボーンを通じての自己表現力とが彼女の生き方につながり、それが海外でのアナウンサーという職業に結実してるなら望外の喜びです。私もSめぐみさんを見習い新しい生き方へ脱却したい。

|

« 海を渡った中日友好号 | トップページ | ああ~いい景色 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海を渡った中日友好号 | トップページ | ああ~いい景色 »