« ご利益あるか | トップページ | 懐かしい憂さ晴らし »

2007年2月15日 (木)

豚キムチ最高

 日々、娘と二人暮しです。ウェディングプランナーをしてる娘の帰りは午後11時頃ですので私の夕食はひとりです。夕刻になると近くのスパーに買出しに行き2人分の必要なものを購入します。魚がいいことはいろいろの情報により確かですから、毎回、食卓を飾ります。最近は豆乳もいただくようにしてます。

 毎回、行くのでスーパーの女性レジの方々とも馴染みとなり、黙って品物を出してお金を払うことはありません。お忙しい中にあっても必ずこちらから声をかけ、交流を心がけてます。最近では私の顔を見ると彼女たちから冗談を言ってくれるようになりました。お互いどんな立場にあっても人と人、会話による心のつながりは潤いを与えてくれます。

 レジを通過するお客を観察してますと、ほとんどの方は黙ったままお金を出し言葉を発してません。一期一会、何かの縁で会ったのですから言葉をかけ合いたいですね。

 それでも、私のキッチンでは何かと好みが一定しがちで、栄養の偏りが心配です。ひとりテレビを見ながらの夕食は会話がなく精神面ではよくありません。たとえ面白い番組を見ながらでも心はむなしいものです。

 これを解決してくれるのが高崎駅前「どんどん」です。昭和の時代から行きつけてますので、すでに700回以上に上るでしょう。マスターの人柄が最高です。何の話題にも対応してくださり、いつもの孤独感から解放されるときです。息子さんも厨房に入り調理されてます。その上、女性スタッフの皆さんがとても愛想よくきびきび対応してくださいます。

 メニューは多様です。ここでのお薦めは新鮮なお刺身と、焼き鳥、焼き魚ですが、私のお気に入りは「豚キムチ」です。これが見事な味で毎回の楽しみになってます。生ビールを飲みながらの豚キムチ串焼きは私の至福の時で、この味を出すのですから何の道でもプロは凄いと思います。注文しない日はありません。

 高崎にいらしたときは「どんどん」カウンターを心からお薦めいたします。行かれたらカッキーのブログを見て来たと伝えくださいね。

|

« ご利益あるか | トップページ | 懐かしい憂さ晴らし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご利益あるか | トップページ | 懐かしい憂さ晴らし »