« 管地の払い下げ | トップページ | 自己最高記録を車のナンバーに »

2007年3月16日 (金)

December Love

 先日、中学校時代の同級会が町内で行なわれ、久しぶりの面々にお会いでき楽しかったです。当たり前ですが、全員が同じ歳なので不思議なものです。普段の生活ではどこへ行っても会う人とは年齢が異なりるのが通常だからでしょう。

 余りにも風貌が変わってしまって誰だか全く見当のつかない人が男性にも女性にもいます。近くの友人に訊いてああそうかと思い出したりします。独断的に感じたのですが、参加者40名の中で心身ともに、はつらつと感じて見えたのは女性が3名程と男性も3名程でした。偏見中の偏見ですが、その中の一人に私も含まれてると思いました。(大爆)

 今回の同級会に私は一つのテーマを持って臨みました。それは同級生たちが「どんなことに興味を持って今を生きてるか」です。ほとんどの方々と言葉を交わしましたが、多くは昔の頃の話に花が咲いて、それはそれで子供の頃の記憶が具体的に蘇り大いに盛り上がりました。

 自分の年齢に関して、私たちはもう40になってしまったとか、もう50になってしまったとかと思ってしまいがちです。しかし、前に戻れない時間の流れがありますから、過去とは脳裏の中にのみ存在するだけでしよう。

 どれほどの長さか分からないけれど、「今からいつかこの世を去る日までが現実の大切な大切な日々」です。このように考えると「今日が1番若い日となり」これから何に興味を持って生きるべきかが人生を左右すると思います。

 そんなことから今回の同級会では「同い年の方々が現在どんなことに夢中でいるか」が私の関心事であったのです。幾人かいました。男性も女性もいきいきしてました。私もすることを決め、これからをしっかり生きたい。

 同級会では懐かしい女性に会うと、とときめきが起こるものです。声が良くて歌が好きだった方とお会いでき、しばし我を忘れました。

|

« 管地の払い下げ | トップページ | 自己最高記録を車のナンバーに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: December Love:

« 管地の払い下げ | トップページ | 自己最高記録を車のナンバーに »