« 集中3時間 | トップページ | ふくらはぎを意識して歩く »

2007年4月 9日 (月)

有意義だった近所の花見

昨日の夕刻は近所の方々10名ほどが私の家に集まりまして、しだれ桃の花見ができました。会費なしのBYOB形式ですから皆さん得意のお料理を持参されました。私は焼酎を中心に飲み物のみ用意して、皆さんの手料理を味わわせていただきました。

 暫くぶりの女性による手料理には平素忘れかけていた家族愛のような雰囲気を感じ、3時間の懇親会は楽しさいっぱいです。

 私の家族は昔8人暮らしで、私が1番年下だったからでしょうか、懐かしい一家団欒が蘇った錯覚になり、「人は言葉と目によって交流できるもの」とつくづく感じました。普段は挨拶程度の付き合いで一抹の寂びしさを感じていましたが、交流してみるとそれぞれ個性があり、愉快でとってもいい花見でした。

  ところで、昨日の日中は近くの城山を登頂しました。夕刻の花見でのビールがおいしくなるためと新緑を眺めるためです。でもどちらかというと前者の目的が大でしょう。平地からの高度は150メートルほどで、ハイキング程度ですが、それでも足腰を本格的に使うので、家から最も近いれっきとした山です。トレーニングにはもってこいです。

  頂上に着いたら20人程の登山グループの方々が昼食中で、私の知り合いもいて一人で行った私はすぐ仲間に入れていただけました。かなり山を登頂している方々らしく8割は女性です。早速、天ぷらうどんをご馳走になり思いがけずラッキーでした。

  中高年では、一般的に女性が元気がいいみたいで、山の好きな方も女性の方が多いようです。自然を相手にしてるからでしょうか、お人柄はさっぱりしていると感じました。

こんなことで昨日は一日の内に2つのグループの方々と交流でき充実した日となりました。

|

« 集中3時間 | トップページ | ふくらはぎを意識して歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集中3時間 | トップページ | ふくらはぎを意識して歩く »