« 山の偉容と脅威 | トップページ | 女性の大切な呼び方 »

2007年4月14日 (土)

柴犬の良さとレース鳩の神秘

  埼玉県の柴犬犬舎から導入しました愛犬「ころ」雄は1才半になり、すっかり家族の一員です。有難いことに無駄吠えがありません。見知らぬ人が来くると吠えますが、私がいればその関係がわかるのでしょうか、しつこく吠えません。

 柴犬特有の性格でしょう、猫に対しては厳しい態度に変貌します。また、動くものに対しては目を離なさず追いかけますので、いわゆる動体視力が大変優れていると感じます。大人より遊んでる小さい子に対して興味があるようで一緒に遊びたいやさしい表情に変わります。

 先日散歩中、近所の子供たちが風船で遊んでいるのが珍しくて、風船が風変わりな動きをするからでしょう、たまたま自分のところへ飛んできましたら飛びついてパンクさせてしまい、一瞬のうちに食べてしまいました。すぐに口の中を開けて見ましたが、ありません。大丈夫かと心配になりました。消化せず内臓のどこかに引っ掛かってしまったら大変と思いましたが、後の祭りです。

 平素は鎖に繋がず裏庭に放し飼いです。家の周りの「犬走り」を元気よく走り、運動不足はないと思われます。散歩に行くのは気分転換のためだけです。やはり外界が珍しく、動いて見えるものに緊張し、このような時はスタイルがビシッと決まります。

 心配してた風船のゴムは翌日には排泄物といっしょにそのまま体外に出てホッとしました。今後の散歩における教訓となりました。

 飼料はドッグフードだけにしており、人間の食べ物を一切与えてません。最初からそのようにしてるので、不慣れなせいか与えても食べません。

 愛犬「ころ」が家族となってるお陰で、母を亡くした娘にとっては掛け替えのない弟のようで無性に可愛いらしいです。私もそうですが、私にはこの他レース鳩がたくさんいて毎日動物に囲まれてます。

 鳩は来週、北海道の北吉原からのレースに参加します。朝、現地を飛び立ち南下し、自力で津軽海峡を渡り、青森県に上陸後、岩手県あるいは秋田県に入り群馬高崎の古巣を目指します。方向判定能力は本当に神秘です。夕方には到着予定ですから超能力ですね。

|

« 山の偉容と脅威 | トップページ | 女性の大切な呼び方 »

柴犬「ころ」」カテゴリの記事

コメント

私も犬好きで色々な犬を飼いました。殆どが雑種でしたが、賢さと言う点では柴犬かシェトランドシープドッグでしたね。ただ可愛いとなるとまったく主人の言うことを聞かなかったビーグル犬のリバーでした。
私が野外でビアガーデンをすると隣に座って一緒にビールを飲みました。ビールが終わって、ありあわせの日本酒やワインをやってもまったく目もくれませんでした。本当のビール党犬でした。人が来てもほえ続けるので、叩くと怒って咬み付きました(本気では咬みません)。
「我輩は犬である」という犬でした。というより家族でした。で、私も妻も彼女のあとは犬を飼いません。

投稿: | 2007年9月18日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の偉容と脅威 | トップページ | 女性の大切な呼び方 »