« 極楽浄土のような風貌 | トップページ | 語彙を増やす一つの試み »

2007年7月 5日 (木)

場所を変えて歩きます。

 数年前はご多分に漏れず血圧が高くていろいろ工夫してもなかなか下がりませんでした。原因としてストレスや遺伝的要素があると言われますが、一方、体重が今より10キロ多かったのです。BMIは22が理想であるのに、当時24.9でしたから体重がありすぎたのです。

それ以来、歩きましたが、簡単には体重は下がりません。PTAでもある掛かり付けのK医師の一言で減量は進みました。それは「あと一杯食べたいところで止めておき、運動すること」でした。この両面からのアタックにより生まれて初めて減量となりました。

私が行なう運動と言っても人と打合せして行なうことは出来ないので、もっぱら歩くことに専念しました。しかし、「人間の心は崩れやすいもの」。それは身体が辛いのではなく精神が参るのです。それには「目に入る景色を変えてやればいいと」場所をいろいろ変えてみました。

家からのみ歩き出さないで、近隣まで車で行き、歩ける場所を何ヶ所か選定、景色に変化をもたせて歩くと意外と気が紛れ、元気に実行できます。

  写真は近年開園した高崎市にある観音山ファミリーパークです。平地より100メートルほどの高台にあって、自然の木々に囲まれています。一面が芝生の広場で、歩くのはとても気持ちがいいです。

 数年前に比較して血圧は低くなりました。K医師にはすごく感謝です。上も下も平均して20~25ほど低い数値を示します。血圧が安定してきたら、どうしたことか、いつのまにか家族も少なくなって寂しい日々です。これからのことについては前橋の女性歯科医師さんに相談に乗っていただいてます。

|

« 極楽浄土のような風貌 | トップページ | 語彙を増やす一つの試み »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極楽浄土のような風貌 | トップページ | 語彙を増やす一つの試み »