« 御巣鷹山へ慰霊登山に行く | トップページ | 広告として当舎が掲載される »

2007年8月20日 (月)

高い財政力指数

 昨日、慰霊登山に行きました御巣鷹山の途中に「神流川発電所」があります。ダムによる水力発電は環境によく、山奥に「奥神流湖」ができ、洪水防止と電力不足の解消につながります。

 この発電所の稼動で上野村は県内最高の財政力指数を持つといわれ、それは電力会社からの固定資産税収入によります。これからは交付税を受けない自治体として、しばらく強い財政力を保持するでしょう。

 このダムの位置は御巣鷹山への数あるトンネルの途中にあります。黒四ダムのように、まずトンネルを通過してやっと近づけるのです。ダムの淵は観光として整備され、大自然を味わえます。標高があるので紅葉の季節はきっと素晴らしい光景になるでしょう。

 ところで、最近の金融界の低調はアメリカの個人住宅ローンの焦げ付きが一つの原因といわれ、どうしたことか日本の株式、債券、不動産ともに影響を受けるのですから不思議です。経済には国境がないのでしょうか。為替レートも急激に円高となってます。人それぞれ思惑がありますが、私は個人的には円安を願ってます。120円はキープしてほしいのです。これからはどう推移するでしょうか。天気と同じで今後のことは誰にも分かりませんね。

 米国の公定歩合が世界経済の塩梅になってるようです。今回は下げましたので日本でも多少良い方向に行くよう期待するのみです。時々このブログに登場いたします友人の一人は金利の高いニュージーランドに口座をお持ちで実に経済に明るいのです。グローバルな方はもともとグローバルである経済に精通しておられるのでしょう。

 上野村の健全財政のように、生活基盤となる個人経済も年末にかけて、不安定から安定へ、そして成長へと転換してほしいものです。

|

« 御巣鷹山へ慰霊登山に行く | トップページ | 広告として当舎が掲載される »

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高い財政力指数:

« 御巣鷹山へ慰霊登山に行く | トップページ | 広告として当舎が掲載される »