« 秋の陽射しを浴びて | トップページ | 静かにシンフォニーを聴く »

2007年9月23日 (日)

群馬から5人目の総理大臣誕生か

 ※元内閣総理大臣・中曽根康弘氏の訃報に接し、ご冥福を祈ります。

 本日は天気が雨でしたので山へは行けず、結局、自民党総裁選挙のテレビ中継を見てました。私の選挙区の福田氏が当選したので身近に感じています。国益のため、しっかりやってほしいと願っています。

 群馬県は今までに内閣総理大臣として中曽根康弘氏、福田赳夫氏、小渕恵三氏の3人を輩出し、このお3方とも昔から群馬県高崎市の私の選挙区でしたので本人を身近に拝見しました。この度、福田康夫氏が日本では初めて親子2代の内閣総理大臣になる予定で、これは大変に素晴らしいことです。

 ところが、本日、私が申し上げたいのは上記の他にも群馬県から内閣総理大臣になった方がいました。それは第42代の鈴木貫太郎氏です。終戦時の内閣総理大臣です。彼は前橋市立桃井小学校卒業で、その後は前橋中学【現・群馬県立前橋高等学校】を卒業された方です。

 

Suzuki_kantaro

 このことは群馬県民にも意外と知られてないことのようです。たまたま、私が県立前橋高校に勤務してたことから、同窓会長の女屋覚元氏から伺ったことです。その話を基に歴史を紐解くと確かに鈴木貫太郎氏は県立前橋高校の前身である前橋中学出身で内閣総理大臣になってます。

 このため福田康夫氏が総理になれば群馬県から5人目の内閣総理大臣の誕生となり、県民の一人として大変嬉しく思います。

Photo_20191129163601

 これは群馬県赤城山大沼の湖畔の南側に建つ鈴木貫太郎の碑です。たまたま大沼一周ウォーキングして見つけました。赤城山を訪れた際は、ぜひ、鈴木貫太郎氏の碑をご覧ください。

 ところで、私は北海道・長万部~群馬・高崎間700K鳩レースで優勝したことがあります。その時に頂いたトロフィーは高さが80センチほどある立派な物で、贈って下さったのは内閣総理大臣になる前の小渕恵三氏でした。

 

|

« 秋の陽射しを浴びて | トップページ | 静かにシンフォニーを聴く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昭和9年、陸軍特別大演習の時、天皇は鈴木を帯同して母校前橋中学も訪問されている。鈴木は大いに感佩したことだろう。

投稿: 北寒太郎 | 2020年3月 6日 (金) 09時01分

北寒太郎さんへ・・・おはようございます。西高東低の気圧配置で寒い日が続きます。それでも、今日の太陽高度は正午に47°になります。また、次第に暖かくなるでしょう。
 ところで、鈴木貫太郎について、本ブログにアクセス戴き有難うございます。本文で記述した通り、私は赤城大沼湖畔をウォーキング中、偶然見つけた彼の大きな碑には感銘しました。もし、この碑をご覧になりたい場合はお供いたします。
 それにしても、鈴木貫太郎についていろいろ調べて戴きまして、また、天皇は鈴木貫太郎を帯同して前橋中学も訪問されていることをお知らせ下さり、有難うございます。歴史を紐解くことは楽しいですね。 

投稿: カッキー | 2020年3月 6日 (金) 09時28分

「正直に腹を立てずに撓(たわ)まず励め」
 鈴木貫太郎の出身小学校であるは前橋市の桃井小学校の教育目標がこの言葉であることを最近知った。貫太郎翁は10歳の頃父親より『人間は怒るものでないよ、怒るのは自分の根性が足りないからだ。短気は損気と言うこともある。怒ってすることは成功しない。みな自分の損になることばかりだ。だから決して怒ってはいけない』(鈴木貫太郎自伝より)と言われ、この言葉が貫太郎の生涯の修養の上で役立ったのだろう。
 昭和天皇に篤く信頼され、軍部の反対を包含しつつ、戦争を終結させた翁。
現在も生きていくなかで参考になる含蓄のある言葉だ。

投稿: 筋太郎 | 2020年4月15日 (水) 16時03分

筋太郎さんへ・・・再度コメントを賜り、ご関心の高さに敬服いたします。。
 私は以前に長いこと県の出納長をされてた女屋覚元氏と交流があったことから、幾度かご一緒したことがあり、彼は前中時代の卒業生であることから、鈴木貫太郎については県民にあまり知られてないことを悔んでました。その彼もすでに10年ほど前に他界し、次第に歴史から色褪せてます。しかし、紐解けば、事実は各所にその偉大さと功績が今もなお、色濃くあり、群馬県民として誇りに感じます。
 父の教育『人間は怒るものでないよ、怒るのは自分の根性が足りないからだ。短気は損気と言うこともある。怒ってすることは成功しない。みな自分の損になることばかりだ。だから決して怒ってはいけない』(鈴木貫太郎自伝より)昔も今も変わらない「人間のあるべき精神」を後世の私たちに示唆してます。
 

投稿: カッキー | 2020年4月15日 (水) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の陽射しを浴びて | トップページ | 静かにシンフォニーを聴く »