« 樹木が存在感を示すには | トップページ | 日々、経済の推移を知る »

2007年10月 7日 (日)

風変わりな大家族です。

 26才になった娘は一人暮らしをしたくなったようです。娘の母親は25歳のとき結婚したので、それより年齢が上になりました。飽きればまたいつの日かいっしょに暮らすでしょう。

 娘の希望で柴犬を飼い始めたのですが、結局、私が世話してます。このように一人で暮らすようになりますと、犬は誠に人間の良き相棒となります。最近では私にいろいろねだります。

 写真の場所は縁側で左側が私が食事する室内です。放し飼いであっても室内へは入りません。大きなサッシで外と室内は遮断されてますが、開くのですぐにスキンシップは取れます。おねだりとは立ち上がってサッシの表面を両手を使って左右代わり番仔に擦るのです。10秒間くらい擦ります。

 今までドッグフード以外は与えてなかったのですが、最近、煎餅などを与えます。味をしめたのか、ねだる習慣がつきました。ねだったら無視しないで少し与えるようにしてます。これで信頼ができます。ほとんど私の食事の時です。人間の食事は与えません。

 満2歳になり元気そのものです。時々、犬走りをすごいスピードで走るので、運動不足はないと思われ、散歩は気分転換のためです。こんなことで一人暮らしになっても柴犬「コロ」に精神的に助けられています。きっと、柴犬は原始時代の大昔から家族と共に生活してたのでしょう。

 私の家族といえばこの他にレース鳩が100羽以上います。考えようによれば人間は一人でも我が家は大家族と言えます。毎朝、倉賀野町の上空を高く群れなして飛んでるのは正にPersimmon Marsh Loftの鳩群です。倉賀野の街中で本格的に鳩を飼って飛ばせているのは私だけです。

 鳩舎内では1羽1羽の止まり木が決まっていて学校の座席のようです。これは鳥類独特の縄張り現象なのでしょう。今年は病気が出ないで健康度はいいようです。巨大トウモロコシとレンガが餌の中心です。改築してからは鳩舎内が外部から見えないようになってます。飼い主の私はこれで「鳩が安心して心休まる」と工夫してるつもりですが、鳩にとってはどうでしょう。訊きたいところです。常に鷹など猛禽類の天敵から逃れ、安心した隠れ家が鳩舎になります。

 私の役目はこれからの季節、北風など換気を調節し快適な空気と適温、湿度を下げ床が常に乾くようにしてます。時々水浴をさせてあげてます。

 こんなことを言っても、実際一人で生活するのは何かと困るのです。人が恋しくなります。

 ピアノホームコンサート【無料】を開いて近くの方に来ていただきましょう。今月27日【土】午後2時から拙宅で行なう予定です。

|

« 樹木が存在感を示すには | トップページ | 日々、経済の推移を知る »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風変わりな大家族です。:

« 樹木が存在感を示すには | トップページ | 日々、経済の推移を知る »