« 私の部屋がレース帰還時の観察室 | トップページ | 「南極犬」とダブる「マリと小犬たちの物語」 »

2008年1月29日 (火)

夢のような翻訳機能付きブログです。

 英語は学校のとき苦手であっても、身を持ってその必要性を感じたり、新たな勉強法を発見できたとき向上するように思います。

 私の場合で恐縮ですが、勉強法は20年位前から「逆転の発想」でやってるのです。なかなか目に見えるほどの効果は出てませんが、発信型になってると言えそうです。

 学校時代から主な勉強法は英文を読んで日本文に訳すことが9割ほどを占めていました。これはこれですごい能力が身につくことは確かです。ですから関心あるテーマであれば続けられるでしょう。この興味関心ある内容ということがとてもいいようです。

 私が「逆転の発想」と言ってるのは、「この英語の意味は何か」でなく、「これを英語で何と言うか」という観点に立ち、日本文を英文にするということを勉強の重点の7割位におき、この態度で日々生活することにしてます。

 若き日、英文で手紙を書いていましたら、「手紙の言い回し」と「会話の言い回し」は実によく似ていることに気づいたのです。これと同じように自分の言いたいことをどんどん英文にしていけば、多くの言い回しが英語で言えるようになるのではないかと思いました。辞書についても英和に負けないくらい和英を使う回数を多くしました。

 同様に、ホームステイとして英語圏の方を受け入れたとき強く感じました。それは言いたい事がたくさんあるのに口から英語が出てこないのです。

 この二つが引き金となって、自分の頭で考えたことはすべて英語に変換できることを今後の目標にしようと思うようになり、私の場合、資格試験に合格することでもなく、あくまで自分の言いたいことが英語で言え、英語圏の方に通じたらそれが何よりの合格なのです。しかし、いつになっても茨の道です。

 ブログでは日々感じたり考えたりしてることを綴ってるので、これを英文にできたら素晴らしいと考えました。

 右上に設置した「エキサイト翻訳」はクリックにより夢のように威力を発揮します。

 ブログは数秒で英文になります。翻訳表示に「訳文のみ表示」と「訳文と原文を表示」の二種類があります。勉強としては後者の「訳文と原文を表示」が対照的で分かりやすいように感じます。

 一つ注意してほしい点はあくまで機械的に訳してあり、意訳ではないところもあるでしょう。しかし、それにも増して即時に訳しますので、夢のような文明の利器と言わざるをえません。難しい単語など原文と照らし合わせてるとすぐ理解できます。 

|

« 私の部屋がレース帰還時の観察室 | トップページ | 「南極犬」とダブる「マリと小犬たちの物語」 »

英語の勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の部屋がレース帰還時の観察室 | トップページ | 「南極犬」とダブる「マリと小犬たちの物語」 »