« 列島を縦横に飛翔するレース鳩たち | トップページ | 今年の景気は前半減速、後半回復か? »

2008年2月12日 (火)

一晩中起きて警戒する門番

   写真は運良く学校を卒業するや否や赴任した当時のカルカッタ(現・コルカタ)日本人学校です。

 今、顧みると若き日の私にとってインド生活は驚きの連続で、事前に想像できていても実際に街で聞く言葉はベンガル語やヒンディー語のみの世界。当時、日本でこれらの外国語の本を見つけることは不可能で、毎日ちんぷんかんぷんでした。

 これに加えて赴任当初の4月5月は真夏、午前11時頃が最高気温となり、日陰で測って42度。心臓は運動した後のように速い脈を打ちます。頭上から照りつける太陽のもとで道路上は50度くらいと思われます。

 中でも日本と異なるのは文化・風習の違いでした。カースト制は廃止されていても、身分の違いは変えられるものではないようです。

 インドで驚いたことはたくさんあっても、日々の生活において使用人を雇っていたことは生活が一変しました。王様になったようです。彼らたちはいわゆる召使です。初めてもらったインド・ルピーの給料の中から彼らに給料を払っていました。

 これらの人たちの職種は料理人、スウィーパー(掃除人)、ベアラー(家事全般)、ドライバー、門番などです。風習として洗濯も自分ですることができず、ドビーという洗濯する人に週に2回ほどしてもらいました。

 インド滞在当初、夜、音に驚きました。それは深夜、毎晩パチンパチンと鋭い音がするのです。何だろうと思って外を覗くと、門番が家の外を周回し、竹のような長い棒で地面を叩いて、侵入者や泥棒が来ないように見張っているのです。この音はあちこちで聞えました。

 この深夜の音に初めは気になっても暫らくして慣れ、次第にこの音が安眠を誘うようになるのですから人間は環境に慣れるものです。彼らは一晩中起きて任務を果たし、日中は寝ていることが多かったです。

 私の顔を見ると「チッティーアーターハイ」と言って、日本から手紙が来たことを知らせてくれた声が今でも耳に焼きついてます。両親、友人、恋人からの手紙にどれほど嬉しかったかしれない私でした。

|

« 列島を縦横に飛翔するレース鳩たち | トップページ | 今年の景気は前半減速、後半回復か? »

インド生活の思いで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一晩中起きて警戒する門番:

« 列島を縦横に飛翔するレース鳩たち | トップページ | 今年の景気は前半減速、後半回復か? »