« 私の感ずる携帯マナー | トップページ | 井戸を潰してはいけないという母の教え »

2008年2月28日 (木)

旧暦の「桃の節句」は必ず大安

 二人の娘が初節句のとき、私の両親や姉たちから贈られたお雛様は娘たちが成人し家から離れた今でも、艶やかな姿で人気のない家を賑わしています。

 父としての私は現在一人で住んでいても、娘たちの小さかった往時を偲び、昨日、玄関を入ってすぐ目に付く所に飾りました。妻が生きてた頃は2月になれば早めに出してましたが、私は忘れていて昨日になって飾ることに気づきました。

 歴史的には平安時代頃に京都の宮中で始まったといわれる「ひな祭り」は赤ちゃんの「身のけがれ」を祓うものとして、元来このように高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとして始まったのが由来らしく、江戸時代より庶民にも定着してきたのでしょう。

 このように昔も小さな女の子を大切にし、身に降りかかる病気や怪我などの災厄を紙人形に身代わりになって引き受けさせたい気持ちから、川に流した「流し雛」へと発展したことも考えられます。

 私の子供の頃は今の時期になると父母はひな祭り用に餅をついてくれました。紅白のひし形の餅にしたり、白酒を供えました。こうして見事な七段飾りは近所の人、姉の友だち、親戚の人たちが見に来たものです。

 ところで、「桃の節句」という言葉は3月3日のひな祭りを言うわけですが、今の季節ではまだまだ寒くて自然界では桃は咲きません。それなのに、なぜ「桃の節句」といわれるのでしょう。

 これはきっと右の人気ランキングに登場の六曜が使われていた旧暦【太陽太陰暦】の名残と思われます。

 庭の大きなしだれ桃は4月上旬に開花し目を楽しませてくれます。つまり、江戸時代までの3月3日は現在の4月上旬であったので、桃の開花時期と一致してたことになります。

  今年の旧暦3月3日は現行の太陽暦で4月8日です。不思議なことに必ず大安です。

 このことから昔も大安吉日に赤ちゃんの健康を祈願したことが窺え、先人の温かな気持ちが滲み出ています。

 「ひな祭り」の由来は、豪華に着飾るというより、医療が発達していない大昔はきっと幼児の病死が多く、おひな様に病魔を身代わりに引き受けてもらい、わが子の災厄を追払う親の切なる願いから「守り神」として始まったのでしょう。子供の健康を願う親の心はいつの時代も変わりません。

|

« 私の感ずる携帯マナー | トップページ | 井戸を潰してはいけないという母の教え »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の感ずる携帯マナー | トップページ | 井戸を潰してはいけないという母の教え »