« 旧暦の「桃の節句」は必ず大安 | トップページ | 梅香る季節 Persimmon Marsh grove. »

2008年3月 1日 (土)

井戸を潰してはいけないという母の教え

 群馬県館林市では行政をあげて市内にある個人の井戸の所在地確認に力を入れてます。水質検査をし飲料水として認定されると市に登録され、大地震など緊急時に水道の変わりに市民の飲料水として使われることになります。「備えあれば憂いなし」です。

 同市では2007年中越沖地震で被災直後に職員を派遣し、その際、災害直後は水の確保が最優先課題という教訓を得て、対策を検討してきたそうです。

 このニュースを知ったとき行政として見事と感心しました。平時であっても、私たちは1日として水を使わないで過ごせる日はありません。中でもキッチンでの使用、及びトイレの水は欠くべからざるものです。

 日々、蛇口を捻れば当たり前のように水が勢いよく出ます。コインを入れれば自動販売機で喉が潤せます。しかし、世界では水不足で困っている人々はたくさんいるといわれます。

 南の島の王様が来日したとき、名所旧跡を見学し、飛行機や新幹線にも乗り、おいしい日本料理も召し上がって滞在日程を終え、いよいよ帰国の途につくとき、「日本滞在中、最も印象に残ったことは何ですか」との質問に、彼の答えは何と「水道の蛇口」と答えたという話を聞いたことがあります。

 捻れば水が出る水道の蛇口が夢のようだったのでしょう。新幹線とでも答えるかと思われたのですが、日々、飲料水の確保がどれほど困難なことであるかが分かります。彼の答えに「水は命の源である」ということを改めて認識させられます。

 私たちは蛇口を捻れば水が出ることを当たり前のように生活してます。しかし、万が一、大災害によってダムや水道施設の機能が長期にわたり停止したり、破戒されたりすることは考えられなくはありません。

 このような時、市民を賄う水は不足するどころか無くなることも考えられます。このようなときこそ先祖の智慧で掘った井戸こそは宝の水となるでしょう。雨水は貯めておけばいざというとき防災に役立ちます。

 私の家には両親の時代に掘った井戸があり、代が変わって私の時代になっても毎日潤いを与えてくれます。最も有難いことは庭の植物に溢れるほど与えられますし、レース鳩の水浴に威力を発揮します。レース鳩には飲み水としても与え、ミネラルが豊富でいいと考えてます。市の水道が引かれるまで私たち家族は飲んでいました。

 井戸の素晴らしさは使えば使うほど新鮮な水が生まれ出てくることです。しかも、不思議なことに冬温かく、夏冷たく感じるのです。生前の母の「井戸を決して潰すのではないよ」の声が今でも耳に残ってます。

|

« 旧暦の「桃の節句」は必ず大安 | トップページ | 梅香る季節 Persimmon Marsh grove. »

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧暦の「桃の節句」は必ず大安 | トップページ | 梅香る季節 Persimmon Marsh grove. »