« 偉大な人ほど奥様を大切にする | トップページ | 心和む花の季節が到来! »

2008年3月17日 (月)

宇宙船のような大展望風呂

P1030570  佐久発電所見学の後、第二の目的地である日帰り温泉「スカイテルメ渋川」に行きました。ご覧のように大空から飛んで来たような形を成し、まるで巨大な宇宙船。地上15メートルからの眺望は抜群で、身も心もリフレッシュできるパノラマ温泉です。エレベーターで昇ります。

 写真の尖った部分が露天風呂で全身の日光浴もできます。今回は快晴に恵まれ、四方を囲む上州の峰々を見渡しながら湯船に浸かりました。気分は文字通りcloud sevenからcloud nineへ。

 男湯には女性的な榛名山が迫り、一方、入ったことはありませんが、女湯からは男性的な赤城山の雄姿が手にとるように見える筈で、設計者は客の心の奥底まで読んでます。このため、お湯はもちろん素晴らしい眺めが満喫できます。

 大浴場はガラス張りで、夜景もこの温泉の自慢です。実は、3年程前、来たとき雪が降ってましたので、私は「いい大人なのに」露天風呂に沈んでは裸のまま雪の降る中に出て、冷たさを満喫し、「寒い寒い」といいながら我慢できなくなると浴槽にザブン、温まると、また雪の中ではしゃぐという楽しみ方をして童心に帰りました。

 こんな高所のお風呂であっても、大浴場も周囲はすべてガラス張りですから、外界から覗かれる心配が無きにしもあらずです。しかし、ガラスの下方1メートルはブラインドがあるので、飛び跳ねたりしなければ覗かれる心配はないでしょう。ブラインドがあっても大浴場から周囲の景色を思う存分楽しめます。

 ここは「日本の臍」と称される渋川市にあります。関越自動車道渋川インター下車3分で、アクセスは便利です。

 1階には温水プールが併設されリフレッシュでき、この他レストラン、カフェテラス、カラオケルームも設備され、健康づくりと交流の場となっています。春夏秋冬、群馬の景色を眺めながらの入浴は心まで温まり、お薦めスポットです。

|

« 偉大な人ほど奥様を大切にする | トップページ | 心和む花の季節が到来! »

群馬の日帰り温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偉大な人ほど奥様を大切にする | トップページ | 心和む花の季節が到来! »