« 我が家のシンボル「しだれ桃」の開花 | トップページ | 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで »

2008年4月14日 (月)

自分の卵を忘れなかったグランプリ帰還鳩

 今年サミットが開催される北海道・洞爺湖の東に位置する北吉原を放鳩地として今回行なわれた西関東グランプリレースで、当舎の鳩は4羽帰還しました。群馬高崎までの距離は717キロ、天候不順の中、3日目朝までよく帰還し頑張りました。

 若鳩は2羽帰還し、1羽は香山鳩舎のファンローン×セレクトエースです。もう1羽は名前のない鳩鳩舎のフォルケンス×当舎のオルハンミラーです。これらの若鳩は来春東日本CHを狙う予定です。

 今回のグランプリ当舎1番手到着は翌朝6時30分で、もう一歩で当日帰れたことになります。ゴールを目前にして日没となり、どこかの屋根に舞い降り羽根を休めたのでしょう。1番手の鳩は♀。群馬「たぶん弟」鳩舎と「村田」鳩舎共同作出の孫で、当地では有名なトレスコー110番の血を伝える血統です。この鳩はすでに羽幌900Kを2回飛翔しており、津軽海峡横断は今回で5回経験したことになります。

 2番手は翌日が雨のため3日目早朝帰還で、すべて茨城・高塚鳩舎の血統です。稚内クィーン号やミラクルクィーン号を先祖に持つ長距離の血と考えられます。この鳩は♂で一昨年羽幌900Kを飛翔し、津軽海峡横断は今回で3回経験しました。

  実はこの2羽は番になっており、グランプリでは抱卵1週間ほどの状態で参加しました。結果的にはこれが良かったのかもしれません。これについて数日前のブログで期待してる旨を書きました。大切な自分の卵を忘れることなく、2羽とも帰還すると、交互に巣房に入り温めを再開したのです。

  帰還した番にとって【この体験はきっと大切でしょう。】

 これこそはレース鳩の帰巣本能を示す自然な姿ではないかと思います。心配な巣房の卵を一途に飛んできた姿には涙が出るほどです。この効果が出たのでしょうか。♀BCはグランプリ総合9位になりました。

 少し可哀想ではありますが、私はその卵を本日、偽卵に換えました。

 実は私にとって、夢である「稚内グランドナショナル1000Kレース」に、この2羽を参加させる予定です。幾度となく津軽海峡横断を経験しており、しかも番であるという千歳一遇のチャンス。今回のグランプリ同様に抱卵での参加を考えてるからです。

 果たして写真の看板に掲げたように夢は叶うでしょうか。飼い主としてやるべきことはやってみます。

 そのためには現在抱いてる偽卵をいつ抜くかが大きなポイントで、卵を抜いて8日経過すれば、再び産卵するとして、「グランド持寄り日を抱卵10日目」にしたいのです。

 持寄り日は5月6日ですので、10日前の4月27日に産卵させなくてはなりません。そうすると4月18日の朝、現在抱卵してる偽卵を抜くことになります。

 鳩レースはすべて距離や時間という数字により結果が出ると考えれば、偽卵を抜く日数計算にも意味があるかもしれない。

|

« 我が家のシンボル「しだれ桃」の開花 | トップページ | 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで »

持寄り前の調整」カテゴリの記事

コメント

カッキー先生、4羽帰還とは驚異的な帰還率ですねぇ~!私は・たぶん弟さん・系の♀は稚内でも来るのでは!っと思っています。
成績もそうですが、すばらしく綺麗でバランスの良い、賢そうで状態も最高な鳩ですね。ところで、この2羽の鳩の卵は仮母に抱かせたのですかぁ?捨ててしまうには,あまりにも惜しい卵ですよっ!捨ててしまったなら今度、産んだ卵は仮母に抱かせて1羽プレゼントしてください(爆)
稚内GN総合優勝も夢ではないので、頑張って調整してくださいねっ。

投稿: taka | 2008年4月14日 (月) 19時24分

takaさんへ
 コメント有難く拝見いたしました。今回、帰還率が5割です。もしかして他鳩舎より良いとすれば、心当たりは舎外です。朝晩昼と3回はしました。結構、遠征してましたので、訓練はしませんでした。
 でも、科学的に、また基本的になぜ鳩が古巣に帰るかと言えば、そこが大切なところなのでしょう。ですから抱卵でレースに行ったのは良かったと思ってます。
 これからもいろいろ教えてください。
 富岡での懇親会だけが楽しみのカッキーです。

投稿: カッキー | 2008年4月14日 (月) 21時15分

1日3回朝・昼・晩の舎外は秘密にしておいて飲み会の時にでも、こっそりと教えてくれれば良いのにぃ~~!秘策を全国の方に教えちゃいましたねっ(爆)。
飲み会は、どうやらカッキー先生の連盟シングル入賞祝賀会となりそうですねっ!
GPも終了しましたし、富岡にて近日開催致しましょう!ピジョクレさんとよっちゃんもそろそろ飲み会やろうかぁ~と鳩談義してるときに言ってました。はとさんも誘えば来てくれるかなぁ~!!

投稿: taka | 2008年4月14日 (月) 22時37分

初めましてアカデミーと申します。
ヤンアールデンさんの掲示板から遊びに来ました、ペアーになった鳩の卵を抜く時期について書かれておりましたので間に合うかと思い書き込みしました。
オスの方だけなら抜いてまた抱卵で参加は問題無いと思いますがメスも一緒に参加となると卵は一度だけの産卵で参加させるのがベストだと思います。
そこで一度の産卵で30日以上抱かせるテクニックを使うとメスは一度の産卵で長距離に参加する事が出来ます。多分まだ卵は抜いて無いと思い書き込みましたが興味があれば連絡下さい。初めましてアカデミーと申します。
ヤンアールデンさんの掲示板から遊びに来ました、ペアーになった鳩の卵を抜く時期について書かれておりましたので間に合うかと思い書き込みしました。
オスの方だけなら抜いてまた抱卵で参加は問題無いと思いますがメスも一緒に参加となると卵は一度だけの産卵で参加させるのがベストだと思います。
そこで一度の産卵で30日以上抱かせるテクニックを使うとメスは一度の産卵で長距離に参加する事が出来ます。多分まだ卵は抜いて無いと思い書き込みましたが興味があれば連絡下さい。

投稿: アカデミー | 2008年4月15日 (火) 02時19分

アカデミーさま
 コメント有難うございます。もしかして北海道の方でしょうか。よろしくお願いいたします。
 鳩の帰巣本能をより高めるためにどうしたらいいかは、なかなか門外不出で答えはあるのでしょうが、表に出ないものです。血統が良い鳩がいいことは皆さん分かっています。
 でも、このようにインターネット時代のお陰で注意してると「コツ」としていい話を知ることがあるものです。それを見逃さないことが一つのテクニックかもしれません。
 私のこのページはどちらかと言うと掲示板でなくブログという方に属します。鳩以外の話題も多く取り入れて、普段私が考えてることを書いていこうと思っています。
 鳩についてのたくさんの書込みは私の掲示板がありますのでプロフィールをクリックして頂きますと出てきます。長距離レースでは抱卵関係がうまく行けば、いいとは昔からいわれているようです。これからもよろしくお願いいたします。カッキー

投稿: カッキー | 2008年4月15日 (火) 09時26分

アカデミーさま
 貴重なレース鳩テクニックについてのご意見ですので、掲示板へ移動し保管させて頂きました。今後も拝見できるようになります。
 このブログでのコメントはいずれ消えてしまい貴重なご意見がもったいないと思われます。
 ここでのコメントは比較的簡単にお願い申し上げます。
 ここは鳩の掲示板と異なり、日記や日誌のように、私が日々感じてる多くのカテゴリーで書く「ブログ」です。
 このため、鳩関係以外の方も多くご覧頂いてると推測されますので、ご理解を申し上げます。

投稿: カッキー | 2008年4月16日 (水) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のシンボル「しだれ桃」の開花 | トップページ | 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで »