« 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで | トップページ | 子離れできない親に未来はない »

2008年4月18日 (金)

近所の花見の会、迫る

 平成元年から続いてる「近所の花見の会」は今年で20回目を迎え、私の家で行なわれます。花見をする中心的樹木は「しだれ花桃」ですが、今は花の季節で10種類のシャクナゲを中心に八重桜やドウダンつつじなど色鮮やかに咲き始めました。一年の努力の成果を楽しんでいただければ望外の喜びです。

 花より団子の感もありますが、それはそれでいいものです。近所であっても、平素忙しいこともあり、歓談のチャンスはありそうでないものです。花の季節に膝を交えての語らいは、きっと至福の時になるでしょう。ほんの少し新緑も始まった今の光景は何とも清々しいものです。

 この花見の会は4月20日(日)の夕刻に行なわれ、目的を掲げてます。

1、花を通じて四季の移り変わりを心ゆくまで楽しむ。2、今年1年の近所の平安を願う。3、楽しく飲んで語り合う。となってます。

 飲み物、おつまみはcateringあるいはBYOBという方式です。皆さんめいめいが得意なものを持ち寄ります。部屋は和室8畳2間続きで、家の中から庭の花を観賞できる間取になってます。このため、寒くありませんし、雨天でも賑やかに花見が決行できます。

 昔と異なり、どうしてもご近所との交流は少ない時代ですから、このような会は意味があるでしょう。昨年度、私は班長をしてたこともありますので、役目が無事終了したお疲れさん会でもあると内心勝手に思ってます。

 先ほど、花の好きな方々から電話があり、参加したいと申し出があり、合同で行うことになりました。多くは女性です。明るく楽しい花見の会になりそうです。平素、一人暮らしの私にとって、多くの方が見えるのは、まるで夢のような雰囲気でしょう。気を確かに持って春のひとときを過ごそうと、今からワクワクしてます。

 2次会はピアノバーを用意してあり、ワインをいただきながら次第に夜の帳となり、大人のムードへと移行すれば、花見の会であったことも忘れ、夜は次第に深まることでしょう。 

|

« 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで | トップページ | 子離れできない親に未来はない »

近所の交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日経平均株価と為替レートはリアルタイムで | トップページ | 子離れできない親に未来はない »