« 谷川岳の遭難救助に活躍した鳩たち | トップページ | 人気記事ランキングの設定変更 »

2008年6月17日 (火)

ロシア人女性の前で「カリンカ」弾く

   英語は得意ではありませんが、若き日インドに2年間滞在してたからでしょうか、外国の方との交流は好きです。今までもホームステイとして多くの方々を受け入れてきました。私の家には外国の方が滞在できるように3階のロフトにトイレつきで一部屋用意してあり、宿泊したのはアメリカ人やニュージーランド人が多かったです。

 どうしたことか高校時代から好きな科目が音楽と英語だったのです。それがその後の職業選択にもつながり、結果は出なくても、今でも飽くなき挑戦は続いています。

 この二つの科目は国際交流にはとてもいいと感じます。言葉が通じれば、それはそれで楽しいですが、言葉があまり通じなくても、「音楽はいっしょに歌えたり、いっしょに踊れたりでき」心を一つにさせてくれる不思議な力があります。

 先日、ブログで述べましたが、最近、中国の若い女性が2人見えました。早速、歓迎の気持ちを表すため中国国歌をピアノで弾いたのです。日本の家庭に来て自国の国歌を生演奏で聴けるとは思ってもいなかったのでしょうか、 彼女たちは感極まって何か静かな雰囲気になってしまいました。でも、潤いの眼はすぐに打ち解けた表情に変わり、私の拙い中国語も聞いてくださって会話は楽しく続きました。「音楽は民族が異なっても共通のものである」と、この日も確信できました。

P1020854  今までも、外国の方の訪問があったときは、まず、その方の国歌を弾くようにしてました。見知らぬ家に来ても、とたんに緊張がほぐれ、それはにこにこして表情に表れます。

 これはある意味で私の国際交流テクニックの一つなのです。今までに外国人を前に弾いた国歌はアメリカ、ニュージーランド、アイルランド、韓国、中国、ロシア、フィリピン、インド、ヴェトナム、イギリスです。これらは旋律もきれいで、私にもすぐ弾けるようになりました。

 ところで、1年ほと前、ロシア人女性のいるスナックに【一杯飲み】に行きました。【一杯のみ】ではありません。

  嬉しいことに、そこにはピアノがあったのです。ほろ酔いかげんの私にはそのピアノが「カッキー、弾いておくれ!」と言ってるように感じてしまったのです。

 思い切り、ロシア民謡の「カリンカ」「コロブチカ」「アムール川」「仕事の歌」「カチューシャ」「バルカンの星の下に」「トロイカ」「バイカル湖のほとり」「黒い瞳」「黒い瞳の」などを続けて弾きました。平素はカラオケによる演歌を聴くのが殆どの中、ロシア女性もまさか遥かなる故郷の民謡が目の前で聴けるとは予想外だったのでしょう。ピアノを聴くや否や日本での毎日の緊張感がほぐれ、どうにも止まらぬ情熱の血に火がついてしまったようです。

 中でも「カリンカ」や「黒い瞳」では目に一杯涙を浮かべ踊っていました。もしかして、我に返り、遠く離れた故郷の情景、子供のときのこと、父母、友、恋人の顔が浮かんだのかもしれません。

 それ以来、お店に行くとロシア女性「マリア」は「カッキー、ロシア民謡を弾いて」と言うようになり、私は毎回弾きました。

 このとき「音楽は民族を超えて最も偉大である。」と再認識しました。お酒も国際交流にはとてもよい潤滑油ですが、音楽はそのまた上です。

 それにしてもロシア民謡はなぜ我々日本人にもメロディーやリズムの相性がいいのでしょう。もしかして、これは遠い昔のことで、日本民族の起源に由来することかもしれません。

|

« 谷川岳の遭難救助に活躍した鳩たち | トップページ | 人気記事ランキングの設定変更 »

国際交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷川岳の遭難救助に活躍した鳩たち | トップページ | 人気記事ランキングの設定変更 »