« 理想的な宇宙船「地球号」 | トップページ | 誕生日前に大腸内視鏡検査に挑む »

2008年6月23日 (月)

人生は3分の1を眠ってる

 梅雨どきは室内の温度や湿度が高いので、快眠のためにはさっぱりした寝室環境を心がけ、ぐっすり眠って翌朝爽やかな目覚めを迎えたいものです。

 60才の人が今まで眠った時間は20年ですから、活動してた時間は40年のみです。人生とは3分の1を眠っており、この眠りが深ければ身体と脳の健康に良い影響を与え、翌朝、頭がすっきりしてれば深い眠りであったと考えられます。

 快眠につなげるために、昼間の生活や寝室環境をどう工夫すべきか考えてみました。

 まず日中は運動したり、仕事を通して適度に身体を使うことでしょう。眠るとは身体と脳が休養することですから、どちらも適度な疲労が残っていなくてはなりません。この適当に疲れてるということが熟睡の第一条件と考えます。

 この適度の疲れが眠りの条件と考えると、疲れ過ぎていたり、どこか痛いところがあったり、心配事やストレスがあると寝つかれないものです。

 しかし、私たちは日々の生活で、そのようなことはよくあることで、それであってもより良い眠りのためにはどうすべきでしょう。

 これには温度と湿度が快適でありたいです。温度は25度ほど、湿度は50%ほどがいいと思います。湿度計が備えてあると判断しやすいです。

 不思議なことに、眠る瞬間は誰にも分からないことです。分かったらそれは眠ってないことになります。

 いろいろ考えたのですが、【眠気がやってくるのは温まっていた体温が少し下がる時】のようです。初めから体温が下がっていると良くないです。特に手足などは温かくしておき、そこから放熱した時に眠気が襲うと考えられます。このため就寝前に風呂に入ることは理想的でしょう。

 布団は柔らか過ぎず硬過ぎずです。これは一晩に平均20回ほどするといわれる寝返りが楽なためでもあります。寝返りは大切で身体中の血流がスムースになると考えます。枕は高過ぎず低過ぎず、硬さも適度なものが安眠に良く、首が楽な枕を使いたいです。通気性に優れたふかふかな布団は肌触りや寝心地が良く、自然と眠気を誘うでしょう。

 私は今の梅雨から夏にかけて、さっぱりした寝室環境を整え、いい夢を見て今年こそ、大きな夢を実現したいです。

|

« 理想的な宇宙船「地球号」 | トップページ | 誕生日前に大腸内視鏡検査に挑む »

健康」カテゴリの記事

コメント

大変、興味深いテーマですねェ~!
我が家も深夜の通販番組見て、敷布団購入しましたが、大正解です!
メーカーの動画見ると確かに就寝後、10数回の寝返りなどで絶えず動いてるんですね~!
動いた方が良いとの説もあるようですが、私の場合、寝具を変えて夢を見なくなったような?気がしますが眠りが深くなったのかな?

カッキー様は、素敵な夢を見て、大きな夢?を早く実現して下さいませねェ~♪

投稿: 花舞 | 2008年6月24日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理想的な宇宙船「地球号」 | トップページ | 誕生日前に大腸内視鏡検査に挑む »