« サマータイムによる早起きは三文の損 | トップページ | ヨーロッパの鳩レース情報最先端 »

2008年8月 2日 (土)

腱鞘炎から復帰した偉大なピアニスト

 昨晩は高崎市コアホールに於いてピアノリサイタルを聴きました。ピアニストは私の住む倉賀野町在住の保嶋亮子さん。欧米でも演奏活動されてるピアニストがこんな近くにお住まいとは驚きです。

 音大卒業後、本格的にピアニストとして歩み始めた矢先、腱鞘炎という思わぬアクシデントに見舞われたそうです。練習中、左手に引き裂かれるような激痛が走ったようで、全日本学生音楽コンクールに入選するなど才能を期待されていただけに、きっと、ご自身はショックが大きかったことでしょう。

 そう言えば楽器の演奏者には時々、この腱鞘炎に罹る方がおります。前高出身のギタリスト黄敬さんも腱鞘炎で活動を一時休止されたり、私の知人の女性もピアノ練習によってこのアクシデントに見舞われたことがあります。

 リサイタルでのピアノ演奏は華やかであっても、それまでの練習は並大抵ではありません。他のことを犠牲にして1日8時間ほどの練習と聞きます。音楽以前に指のスポーツですから、これほど練習すると他のスポーツ同様、怪我はつきものかもしれません。食事の時間以外をほとんど練習に集中してこそ、聴衆の前で難曲を2時間も暗譜で演奏できるのでしょう。

 私は幸いというより、腱鞘炎になるほど練習しなかったです。彼女の場合、プロとして出発過程で障害がありましたが、それを乗越え、ますます目的とする演奏に近づくものと感じました。リサイタルは迫力と繊細さに満ち、文字通りピアノフォルテ。しばし憂世を忘れて音楽の世界に浸れました。

 今回のリサイタルは彼女にとって7年ぶり。プログラムは大きく3つです。私にとっては2番目のシューベルトの即興曲4曲が楽しく拝聴できました。これらの曲は倉賀野町の音楽喫茶「蔵人」でよく鑑賞したり、変イ長調の曲は私自身、手がけたことがあります。

 ところで、世界には腱鞘炎を抱えるピアニストが多いらしく、驚くことに、これらの方々を専門に指導してるロシア人ピアニストがいるそうです。彼女もこのピアニストにレッスンを受け、最初は半信半疑だったそうですが、ロシア人ピアニストはその道のプロ。痛みは徐々に消え、次第に快方に向かったそうです。

 私はリサイタルを聴きながら、苦しかった日々を胸に、それを乗越えられた喜び、そして更に高い音楽表現に向かう前途が感じられました。お近くなので今度、お邪魔し、ピアノの話を伺えれば幸甚です。 

|

« サマータイムによる早起きは三文の損 | トップページ | ヨーロッパの鳩レース情報最先端 »

倉賀野のすばらしさ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。話題に取り上げて頂き、びっくりしております。「偉大なピアニスト」ではないので、そこは訂正で・・・
発展途上もいいところです。発展できるかどうかも確証はないのですが・・・
ヨーロッパで活躍なんて立派なものでもありません。演奏する機会を運良くいくつか頂いていただけです。

さて、重ねて、足を運んで頂きありがとうございました。私にとってはリサイタルは7年振りで、7年とは長いようで短く、色々な事がありました。7年前が復帰リサイタルでした。
音楽を私は勉強していますが、その前に一人の人間であり、生きていれば本当にいろんな事があります。腱鞘炎で全く弾けなかった時は生活の中心である音楽が、逆に悲しみの種でした。音楽を聴くのがとても辛かった。復帰後の日々のいろんな出来事も人間をより深くするのと同じく、それを音楽をより深く理解、愛する一つのキーになっていると信じて過ごしています。
昨夜のプログラムは聴く側としてもきっと集中力のいるheavyなプログラムであると思います。ですが、温かい雰囲気の中で最後まで聴いて頂けて、なんと幸せな事かと思いました。heavyですが、こんなすばらしい作曲家達の遺産を是非、もっとたくさんの方に知っていただきたくあのようなプログラムになりました。コンサートって、弾く側だけでなく、聴く側も非常に努力のいる事だと私は思っています。
ですから昨夜のお客様にはそういう意味でも最後まで聴いて頂き、とても感謝しています。


是非、今度直にお目にかかってお話しできる事を楽しみにしてます。


投稿: ピアノ弾き | 2008年8月 3日 (日) 02時18分

ピアニスト様
 ご本人からコメントを賜り感激です。私など人から教わることもなく、ピアノの持つ音色美のみを追求しての練習ですから、どんなものでしょう。
 コメントを拝読し、「日々のいろんな出来事も音楽をより深く理解できるもの」「音楽を聴くのがとても辛かった時期もあったこと」「こんなすばらしい作曲家達の遺産を多くの方々に」というお気持ちで弾かれてることが分かりました。残された作品を宝のように感じておられるのですね。
 拙い私のブログは時にはピアノについてや、音楽について書きますので、これからも練習の合間にブログに遊びにいらしてください。
 また、お会いしお茶を飲みながらピアノについてお話を伺えればと思ってます。よろしくお願い申し上げます。
 私の家は郵便局から北西に歩いて2分ほどのところで、屋根に2羽の鳩がとまってます。

投稿: カッキー | 2008年8月 3日 (日) 03時08分

素敵なピアニストさんが御近所にお住まいの上に、直々のコメント・・・カッキー様の感激の様子、目に浮かびます♪
カッキー様の人徳の成せる業?なんでしょう~・・・素晴らしい事ですネ!


投稿: 花舞 | 2008年8月 3日 (日) 08時04分

こんにちは。
新たな人との出会い、これも音楽をきっかけに生まれてとても嬉しく思います。
ピアノだけでなく、人生の先輩としていろんな事、こちらこそ教えてください!


投稿: ピアノ弾き | 2008年8月 3日 (日) 13時47分

思いがけなく御丁寧なるコメントを頂き光栄に存じます。
娘が長い間、お世話になったピアノの先生始め、今、ご縁のあるピアノ弾きさんは素敵な方ばかりですが、遠く群馬県の空から投稿頂けて信じられない思いです。
九州・福岡方面での演奏の機会が、お有りでしたら是非、お知らせ下さいませ。
是非、娘と馳せ参じたいと思います。

投稿: 花舞 | 2008年8月 3日 (日) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サマータイムによる早起きは三文の損 | トップページ | ヨーロッパの鳩レース情報最先端 »