« ピアノまで頭に載せて運ぶインド人の風習 | トップページ | 悲願達成!上武大・夢の箱根駅伝へ »

2008年10月17日 (金)

次女Marie Persimmon Marshと私

 携帯のメールアドレスを変更したので、昨日、二人の娘にその旨を連絡しました。次女Marie Persimmon Marshからは早速、返信がきました。彼女のメールを受信したのは久々です。元気で仕事に打ち込み前橋支店に転勤し部署も変わったとの連絡があり安心しました。独立し生活してるので、大好きな愛犬「コロ」とも暫らく会ってません。果たして「コロ」は覚えてるでしょうか。

 ところで、左の写真は私の携帯待ち受け画面でMarie Persimmon Marshです。たまにはブログに変化があっていいですね。本人もこの写真が気に入ってるらしいです。学生時代に「マリエール」という自分と同じような名前の結婚式場でアルバイトをしていたとき、試しにモデルになったら好評で(?)その結婚式場のパンフレットに載ったときのものです。

 正式には私の家族は私と次女の二人だけなのです。4年前に母を亡くし想像を絶するショックが続いてるのです。しかし、持ち前の精神力で辛い日々を乗越えているのでしょう。この精神力は母からの遺伝と思われます。母は誠心誠意仕事に打ち込んだ人で、生涯にわたり仕事を1日も休んだことがありませんでした。責任感は私よりずっと偉大でした。

 写真では私に抱かれてる小さいほうが2才頃のMarie Persimmon Marshです。伊香保温泉近くの水沢山山頂です。今では大きくなり身長168cmほどです。内面は母似で、身長だけ私に似てうまくいきました。左の子は横浜に嫁いでいる長女です。

 母を見て育っただけあって、仕事を中心とした生き方は母そっくりです。私の娘にしては立派といえます。一度だけ、彼女の仕事振りを客観的に見たいと思い、勤務していたアルカーサル結婚式場主催の食事会に参加したことがあります。私が参加してたことをそんなに意識しないで、家で見る顔とは異なり、動作はきびきび、常に客全体の動きを見渡している様子でした。

 今までの勤務地アルカーサル迎賓館高崎では何かの主任を仰せつかったらしいですが、この度、前橋へ異動後は勤務内容が変わったと連絡がありました。約5年間培った結婚式場の現場では、上司・同僚に支えられ、お陰で仕事は確実に身につけてるように感じます。また、お客様からは角度を変えていろいろ勉強させて頂いたと思われます。

 どんな業種であっても、【仕事を勉強するのはお客様からである】と私は考えます。学校にあっては、先生は生徒から学んでることも大いにあります。優秀な教師にはその気持ちがあると思います。

 一般社会においてはお客様はほとんど異業種の方々、社会常識が豊富であったり、人生で大切なことをずっと追求されてる方々です。しかも、年齢が上の方であれば、有難く学び取る心構えこそ、仕事をする人は心得なければならないでしょう。

 Marie Persimmon Marshは久々にお正月、私の家に帰るとのこと。二人きりいない家族なのだから、楽しい新年を迎えたいと今から楽しみです。

|

« ピアノまで頭に載せて運ぶインド人の風習 | トップページ | 悲願達成!上武大・夢の箱根駅伝へ »

家族」カテゴリの記事

コメント

綺麗な、お嬢様ですねェ~!
最初は、違う方のブログ開いたかと思いましたァ~・・・
でも、もう新年を迎える話題が出る時期になたんですねェ~・・・もう幾つ寝るとォ~が、間近ですもんネ!
明日のコンサートのMC考えてたら、緊張感で眠りそびれてしまいましたァ~・・・

投稿: 花舞 | 2008年10月18日 (土) 01時26分

花舞さま
 プロフィールの写真は戻しました。私は一人暮らしに慣れましたので、娘に対する子離れはできていると思います。
 母を亡くしても頑張ってる娘の姿が私の心を引き締めているのかもしれません。
 コンサートの司会とは素晴らしく伺いたいところです。応援しています。

投稿: カッキー | 2008年10月18日 (土) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノまで頭に載せて運ぶインド人の風習 | トップページ | 悲願達成!上武大・夢の箱根駅伝へ »