« 娘と私で忘年会 | トップページ | 鷹の襲来でパニックのレース鳩たち »

2008年12月14日 (日)

生活習慣は買い物に始まる

 健康維持のため、何が大切と言っても、毎朝しっかり朝食を摂ることは基本中の基本でしょう。朝食は一日の活動の源であり、栄養バランスを考え【量は多過ぎず種類は多く】を心がけたいものです。

 概して、現在は決まったメニューの枠から抜出し「選択する食事」が多くなってます。スーパーでの買い物では誰でも自分の好みで食品を選べ、一見、いい時代ですが、選択を誤り常に同じような食品になると栄養の偏りが起こるかもしれません。

 主夫の私は【生活習慣は買い物に始まる】と考えてます。

 現代では、子供のときから食べたいものを自由に選択する習慣が身につきやすいです。これが習慣化すると十中八九、栄養のアンバランスに陥りやすく、親は文字通り、肝に銘じなくてはなりません。栄養バランスの研究を怠らず、一貫して導いていかないと、将来、子供の健康について心配の種を植え付けていることになりかねません。 

 それは糖尿病は大人だけの問題でなく、今や小学生に始まり、血液検査ではコレストロールなどが高い数値を示すといわれます。

 血液検査は将来ある子供にこそ、定期的に実施し、親が我が子の検査結果を知れば、これだけで的確な指導へつながるでしょう。

 小さい時から自由選択を身につけさせると、好き嫌いで判断しがちで、口当たりの良い動物性脂肪を含んだ食品や味の濃いものを選びやすくなり栄養が偏るでしょう。

 それでなくても飽食の時代で肥満になりやすいです。20~30年後、【介護の逆転が起こり】、年老いた親が中年の子供を介護しなくてはならない時代がやって来ないとも限りません。

 専門家ではありませんが、概して30代の女性に多い花粉症について、アレルギーなど個々の原因は複雑であっても、遠因は「小さい時からの食習慣と無縁である」と言えるでしょうか。それは高齢者に少ない疾病だからです。昔、花粉症という言葉を聞いたことがありません。大昔から杉の木は日本家屋にとって中心的建材であり、山にたくさん植えてあった筈です。杉のみが原因とは考えられ難いです。 

 ところで、私は毎回一人での食事なので、起床後、朝食をどうするかは一大事です。殆んど毎朝、近くの矢中食堂で納豆や海苔、野菜によるあたたかい和食です。しかし、前述の栄養バランスや気分転換、そして生活環境を変えるためにも、しばしば洋食のレストランに行きます。

 ここではスープは日替わりで、今朝はオニオンスープでした。人参ジュース、ハーブ茶、紅茶、コーヒーなどあり、お替り自由。和食とは趣が変わり、418円で十分リッチな気分です。これからも栄養バランスに心がけ、朝食はしっかり摂りたいです。

 しかし、私にはどうしても一つだけ大切な栄養素が足りません。それはビタミンIなのです。

|

« 娘と私で忘年会 | トップページ | 鷹の襲来でパニックのレース鳩たち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘と私で忘年会 | トップページ | 鷹の襲来でパニックのレース鳩たち »