« レース鳩と愛犬に学ぶ運動量と精悍さ | トップページ | 娘と私で忘年会 »

2008年12月10日 (水)

習うより慣れろは観葉植物にも言える

 今年もいよいよあと20日、私にとって生活が孤独なこともあって、精神的に辛い一年でした。それと共に世の中全体が未曾有の経済低迷であって不安な気持ちです。

 その中にあって、オバマ次期米国大統領の出現によって、未来に向かい何かいい方向へ行くのではないかと、米国民のみならず、彼の演説に私たちも期待してしまいます。日本では、政治家があのように何万人もの前で演説し、大聴衆を歓喜の渦にできる人を見たことはありません。オバマ氏の演説とそれに熱狂的に反応する聴衆の姿に、歴史的に著名な大統領の再来を感じます。

 来年のことを言うと鬼が笑うので、残された年末の20日間を少しでもいきいきと人間らしく生活したいものです。それには友人たちと親しく交流したり、音楽を聴いたり演奏したり、自然の息吹に触れたりしたいと思います。もちろん、夕刻にはおいしいお酒も欠かせません。

 私の場合、特に、レース鳩の調子を上げる方法を考えることは楽しいことです。飼い主の考えがそのまま端的に彼らの調子として現れ、試行錯誤を繰り返しながらより良い成績に結びつくよう管理を実践したいものです。

 また。最近サボリ気味であったピアノ練習を通して年末から新年へ気持ちを繋げてみたいです。ピアノは同じ曲を弾いても毎回同じには弾けないものです。1曲弾くたびにかかる時間や表現は異なってしまいます。ましてや長い曲や速い曲などでは差が出ます。出だしから速く弾くと思いのほか時間が短縮されます。速さが美的となる曲であっても、本来、芸術はスポーツとは異なり、それだけでは感動が涌きません。どちらかというと、ゆっくりした悲しいメロディー等はじみじみとして、音色や作曲家の情感を味わいつつ、充実した内面に近づくような気がします。

 ところで、本日のテーマである観葉植物について、以前は興味がありませんでしたが、前橋農協で葉の豊かなコンシンネを購入したり、隣のT宅から君子蘭をプレゼントされてから、私の心に眠っていたものが蘇えり、最近は夢中で育てるようになりました。観葉植物についてまったくの素人だったので、葉に元気がなくなり枯れそうになったりしました。しかし、あれこれ工夫し、今では観葉植物の育て方が軌道に乗ってきたと言えそうです。(言い過ぎか?)レース鳩への気持ちと同じで、調子を整え育て上げる気持ちが肝要(観葉)でしょうか。

 そこで気づいたことは、まず、冬季は温かい場所がいいです。特に明け方は冷え込むので室外では駄目です。私は南の廊下に並べてます。2番目に栄養ある土は欠くべからざるもので、観葉植物用のものにします。これは水はけが良く、空気も通るようです。そして何と言ってもときどき水を与えることでしょう。この3つを保てば葉が生き生きしてきたり、良い花を見せてくれる基本はできてると思います。

 今まで、サボテンや君子蘭がこれほど立派な花をつけるとは知りませんでした。来春も立派な開花を願います。人の心は寂しく辛くとも、植物の色彩から比類なき美、逞しさ、優しさ、そして物おじしない姿を習います。

 それにしてもサボテンの花は優曇華の如く、1年で1日しか咲かないのです。あとの364日はこの一瞬のために備えます。「一瞬の勝負は長い準備にある」ことを学びます。

|

« レース鳩と愛犬に学ぶ運動量と精悍さ | トップページ | 娘と私で忘年会 »

観葉植物」カテゴリの記事

コメント

サボテンの花、お見事です!
こんなに沢山の花、初めてみました~♪
所々にチラッ!と、登場するオヤジギャグ?の遊び心、グ~ですねッ!
ところで、この素敵なグランドピアノはどちらのものでしょうか~?

投稿: 花舞 | 2008年12月11日 (木) 14時30分

花舞さんへ
 続けて3回ものコメントに対し返事が遅れて申し訳ありませんでした。このほどブログの画像に支障が生じましたので、少しずつ今までの画像を入れ替え回復させています。今度のほうが一見見やすいようです。アップもできます。
 オヤジギャグを飛ばせられれば、まだ心の余裕もある証拠でいいのですが、私の場合おやじ逆であまり高度で楽しいレベルには到達していません。
写真のピアノはMy pianoです。練習はサボってもときどき磨いています。家庭用としては大きいです。これで悲愴を弾くといいです。
最後に花舞さんにオヤジギャグをお一つ差し上げます。
「趣味としてのバードウォッチングは平均何歳から始めますかね。」
「これが本当のシジュウカラ」
寒くなりました。カッキー

投稿: カッキー | 2008年12月11日 (木) 17時29分

ホントに「さぶ~ッ!」ですネ!(笑)
おやじ逆ですか~?・・・でも、ユーモアのセンスお若いと思いますよォ~♪

グランドピアノを間近に拝見する機会あまり有りませんが、この前覗いたベーゼンドルファーに似てたものですから~・・・カッキーさん奏でる「悲愴」拝聴したいものですねェ~

優曇華の言葉聞いたの久~しぶり!ですねェ~・・・結婚以来、聞いた事無かったかも?勉強になります。


投稿: 花舞 | 2008年12月11日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レース鳩と愛犬に学ぶ運動量と精悍さ | トップページ | 娘と私で忘年会 »