« 逆境の中で15日間戦い抜く精神力に学ぶ | トップページ | 少々の落ち度があって人らしい »

2009年1月29日 (木)

レース鳩の交配1週間前に行なうこと

 日照時間も大分伸びて、もうすぐ立春。多くのレース鳩愛好家にとっては楽しみな交配の季節を迎えます。今年はどんな個性を持った鳩が生まれるか期待するものです。レース鳩の交配でも新たな鳩との出会いにつながり、生命の誕生は誠に神秘なものです。当舎では15ペアーを交配予定しており、今春、誕生する雛はおよそ80羽です。

 レースと言っても、鳩レースは競馬とは全く異なります。まず、飼い主は自分の鳩舎内でレース鳩を誕生させなくてはなりません。それには、他鳩舎から導入した種鳩♂に自分の考えた♀を交配したり、♀を導入したり、以前から在舎してる種鳩同士を交配し、新たな生命を誕生させます。それを育て上げ、訓練を通して方向判定の教育を施した後にレースに参加させ遠方から自鳩舎まで帰還させます。つまり、鳩レースは我が子のように雛を育て上げることから始まります。これを作出といいます。

 レース鳩の交配には恋愛結婚はありません。先祖の血統を考えて、飼い主の意志で強制的にカップルにさせられます。でも心配いりません。けっこう幸せそうです。

 鳩レースでは、他鳩舎の鳩と大空で競争しても、それは人間が空想するのみで、現実に競争してる姿は見られません。ですから、競馬のようにレースを見て楽しむことはないのです。

 あくまで、【距離÷時間=速さ】をパソコンで計算し、分速により序列が決まる数学的な楽しみなのです。

 北海道など考えられないくらい遠方から群馬の自鳩舎をめざし、山越え、谷越え、津軽海峡を越え、特に近年では猛禽類の追撃を交わし、道南からでも連続約10時間も飛翔を続けなくてはなりません。道北からの1000Kレースともなれば夕刻、福島県あたりで安全な場所を探し、ビバークして翌朝再び自鳩舎めざし飛立つのです。

 鳩の速さが人間の陸上競技と異なる点は短距離(100~300K)でも、中距離(400~600K)でも、長距離(700~1000K)でも分速に差がなく、分速はそのときの天候や飛行ルートなど諸事情により変わっても、飛翔距離によって変わることはなく、どの距離でも平均して1000~1300mほどです。これは鳩レースで不思議なことです。

 北海道から群馬へ帰還するためには、天性と言えるほどの「粘り強い帰巣意志」、「的確な方向判定能力」、「猛禽からの危険回避力」、そして何よりも「強靭な肉体」を生まれながらにして持ってる必要があります。

 これには日本やヨーロッパに於いて自身が優れた成績を持つ鳩、あるいは、卓越した成績に裏づけられた先祖を持つ種鳩こそ、子孫に優秀な雛が誕生する確率が高く、全国のレースマンは今年こそと、交配に力を注ぐことになります。ですから交配はレースの始まりです。

 このようにレース鳩は先祖から受継いだ血統の開花を期待し、各鳩舎は2月頃より交配に入ります。1回の産卵で2個の卵を産みます。交配して産卵までが1週間から10日、そして抱卵が18日ですから、雛の誕生まで約1ヶ月かかります。立春に交配すると3月初めに卵が孵ります。

 ところで、現実には「個性ある鳩」や「優秀な鳩」は突然変異の如く類稀なことです。飼い主にとって、優秀な鳩の誕生は1シーズンに1~2羽でしょう。生涯の思い出となる素晴らしい飛翔を示す鳩はごく僅かで、10羽いれば高い確率でしょう。

 ところで、私は交配予定の1週間前より準備を始めます。それは先ず、巣房と巣皿の徹底清掃です。暫らく閉じておいた巣房は埃がたまり、不衛生この上もありません。薬品による消毒が必要なので、私は近くの薬屋で購入した消毒薬で除菌します。安くても効果があります。巣皿は天日干しします。

 なお、鳩自身の健康については交配1ヶ月以前に薬品投与して、万全の体制で交配に臨みたいものです。鉱物飼料のレッドストーンは整腸作用にいいです。丸い赤い糞は健康の証と見ます。

 そして、交配1週間前に、先ず、巣房の数だけ予定の種オスを種鳩鳩舎に入れ、巣房の前にある止り木を自由に確保させます。ただし、巣房の中には入れません。この状態で1週間過ごさせます。これにより自分の巣房の位置が確実になります。

 交配日は比較的暖かな日の午前中を選び、初めに予定のメスを巣房の中に入れます。こうすると、オスは中に入ろうと狂ったようになりますが、飼い主はメスの態度を観察し、時期を見計らって白い前扉を開けオスが入れるようにします。

 後はメスが巣房の位置を覚えれば交配の完了となります。すでにオスが覚えてるので、メスも簡単に巣房の位置を覚えます。

 当舎では立春過ぎに交配予定のため、本日、オスに巣房の位置を持たせました。明日から、交配するオス・メスを決めなくてはなりません。あと1週間、毎日、血統書をにらみつつ、【見た目が対称的あることを重点にし】決定したいと思います。

また、前もって用意することは各巣房の床をスノコにすることです。これにより足が冷たくならず雛が健康に育ちます。

|

« 逆境の中で15日間戦い抜く精神力に学ぶ | トップページ | 少々の落ち度があって人らしい »

レース鳩の交配」カテゴリの記事

コメント

全く、未知の世界ですので「帰巣本能」と言い、私にとっては神秘の世界でもあります。
写真のアップと照らし合わせて、とても分かり易くて勉強になります。
カッキーさん、これから益々お忙しくなられますが暖かくなる頃には倍増の楽しみが待ってるのですねェ~♪

投稿: 花舞 | 2009年1月30日 (金) 12時54分

花舞さんへ
 レース鳩の内容までご覧いただき恐縮してます。本来、このブログはレース鳩のためのブログとして立ち上げたためにPersimmon Marsh Loftとなっています。しかし、いろいろの方にご覧いただくためにカテゴリーを増やし、レース鳩以外の話題も書いてます。
 このため、逆に、レース鳩を飼育しておられない方にとっても、レース鳩について理解していただくつもりで書いてますので、お分かりになられたでしょうか。
 私としてはもっと音楽について書くように努めたいと思いますが、現在は寂しい事情があり、ホームコンサートを開いていません。事情が好転すれば練習やコンサートについて書くつもりです。その日が来るように応援お願いいたします。

投稿: カッキー | 2009年1月30日 (金) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆境の中で15日間戦い抜く精神力に学ぶ | トップページ | 少々の落ち度があって人らしい »