« 人生に花は咲かずとも花に囲まれた日々 | トップページ | 血流を良くするには「ふくらはぎ」を鍛える »

2009年4月16日 (木)

波乱万丈の人生と百花繚乱のアンバランス

 今の時季、私の庭は次から次へと花木が咲き、一見、楽園のようで、一人暮らしの私が楽しんでいるだけでは勿体ないです。写真は八重桜ですが、近年、場所を変えて植え替えましたら樹勢が増し、ご覧のように花弁は白と薄桃に咲き分け、見事に優しさを与えてくれます。

 拙い経験では、植物は元気がなかったら植え替えると勢いが良くなることがあるように思います。特に本来、山岳に咲くシャクナゲは育成に適した場所が重要で、半日蔭で水はけの良い場所に移すと生気を取り戻します。一番下の写真のシャクナゲように木が大きくなったら2月頃に生育の悪い蕾を間引きしてやると、咲かせたい蕾に栄養が行き渡り色彩が向上するように思います。

 翻って人間も、その人の持ち味が仕事に効率よく現れ、打ち込めるためには、人事異動による新たな職場、新たな出会いの中で心機一転、出直すことにより、今までにない自分を発見できるものです。

 4月になり、配置転換により新鮮な気持ちになった方もおられるでしょう。新たな職場、新たな人脈で、新たな歴史が始まります。

 私は今までに人事異動で職場を6か所経験しました。その度ごとにカルチャーショックを受け、新たに勉強することもありましたが、何と言っても人事異動による出会いがそれまでの私を変えたように思います。人事異動のある職場で良かったです。

 山岳と英語の達人サミュエル・トッドさんに出会ったのも最後の職場でした。それ以来、交流は深まり、特に榛名山外輪山めぐり、尾瀬・至仏山山頂、四阿山(あづまやさん)山頂などへ連れてって頂いたことは生涯の記念になりました。今度は英語を学べることになってます。人事異動のお陰で素晴らしい人に出会えました。

 一方、現実には人間もその職場に合う合わないがあるでしょうから、植物がその土に合う合わないは尚更かもしれません。植物では例えば、直射日光に当たっても大丈夫なもの、それを嫌い半日蔭を好むもの、また、藤のように水分をものすごく必要とするものもあったり、逆に一般的な植物は水はけのよい場所を好むようです。

 私たちが植物を育てるにあたり大切なことは、日々、植物の生育状況をつぶさに観察し、その植物が何を欲しているかを察知しなくてはなりません。口がきけない植物が何を言おうとしてるか読み取ることは植物を育てる上で大切なことかもしれません。多分これが分かれば一人前でしょう。類似していることでレース鳩を飼育していると、このようなことは日々たくさんあります。強豪はこれが上手なのです。

 ところで、人生は思いがけぬことの連続です。私の場合、職場を離れたら、すぐに配偶者に先立たれてしまうとは予期できぬことでした。両親や娘たちもいてたくさん人数がいて賑やかで楽しかった家庭は意外と早く、私を一人ぼっちにしてしまいました。それとともにやってきた世界不況。本当に思いがけぬことばかりです。

 人が生きるためには経済と健康の安定は欠くべからざること。しかし、それだけでは人は生きられません。特に一人では寂しくて生きられないのです。いくら好きな音楽やレース鳩飼育、そして咲き乱れる花々があっても、そばにいて欲しいのは人です。

 人間が他の動物や植物と最も違うのは【言葉を媒介にして、心と心を通じ合わせることに楽しみを見出すことではないでしょうか。】今の私にはそれがありません。

 その中にあってブログを通して自分の考えや、感想を表現できるチャンスに恵まれてることは、暗闇における一筋の光です。

 お目にかかったこともないのに九州の花舞さんにはいつも楽しく勇気づけてくださるコメントを賜り、一人で生きてる私は感謝の気持ちでいっぱいです。  

|

« 人生に花は咲かずとも花に囲まれた日々 | トップページ | 血流を良くするには「ふくらはぎ」を鍛える »

家族」カテゴリの記事

コメント

最後のフレーズに、さて、何とお返ししようか~?・・・と、悩みました~(笑)
勿体ない、お言葉有り難く存じます(*^_^*)

昨夜、娘の友人のお父様が癌で急逝されてしまい、他人事と思えず一緒に悲しみました。
長い単身赴任生活の末の闘病だったから入院生活には奥様つきっきりの看病だったそうです。
「偕老同穴」・・・夫婦の理想の形ですが、なかなかそうは行かないのが世の常?
カッキーさんもリタイアなさって~これから、御夫婦で・・・と言う矢先の出来事に当時の心情は計り知れません・・・
「言葉を媒介・・・」おっしゃる通りだと思います。
以前のカッキーさんブログにもありましたように【人生で一番楽しい事は、会話】(+出会い)によって人生観も広がり、余りある人生、益々、楽しく過ごせる様な気が致します。(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2009年4月17日 (金) 08時00分

花舞さんへ
 娘さんのご友人のお父様が急逝されたとは悲しみの極みと推察しております。誠にご愁傷さまです。
 私たちは健康についてこそ、常により良いことを考え発見し、日々の生活で実践したいものです。
 いずれ未来のパートナーを伴って春日に参ることを実現したいと思っております。果たして夢は叶うでしょうか。
 太宰府天満宮はお近くですね。その前に出雲大社によってから参ります。・・・夢・夢・夢です。
 ところで、昨日ピアノの位置を変えようと思い、一人で持ち上げ移動しようとしたら、早速、腰を痛めてしまいました。災いは忘れたころにやってきます。

投稿: カッキー | 2009年4月18日 (土) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生に花は咲かずとも花に囲まれた日々 | トップページ | 血流を良くするには「ふくらはぎ」を鍛える »