« 46年ぶりの皆既日食は7月22日 | トップページ | ドイツへ特注・黄色のアウディーTT納車なる »

2009年6月25日 (木)

「寂しいことに慣れてしまった」のコーラスを聴いて

P1020010  【さびしいカシの木】 やなせたかし作詞、木下牧子作曲

 「山の上の1本の寂しい寂しいカシの木は

 今ではすっかり年をとり 微笑みながら立っている

 寂しいことに慣れてしまった。」

 先日、群馬県高崎市役所ロビーで行われた「らんちたいむコンサート」に初めて伺いました。ソプラノのKKさんから連絡を頂き、お昼の時間に合わせ、どんなハーモニーが聴けるか小さな胸を膨らませて拝聴しました。

 私は思い切り前列に座り、そのため、お一人お一人の表情を捉えることができ、コーラスを通して、人の喜びや悲しみを感じ取ることができたように思います。

 ただ私の身体が大きいので、後ろの席の方々には申し訳ない気になり、少し小さくなっての姿勢で30分間、ロビーいっぱいに響きわたる女性コーラスを堪能できました。

  演奏は高崎市で有名な「みどり会女声コーラス」。歴史あるこの団体の主宰者は今は亡き斎藤民先生です。お召しものは緑を常とされ、それがとても笑顔にマッチする合唱指導者。コーラス名の由来はここから来ています。永きにわたり高校、大学で指導に当たられ、県の教育委員長も歴任された群馬のスーパーウーマンでした。

 実は私も先生の教え子。若き日、コールユーブンゲンや合唱の指導を賜りました。先生の指揮でオペラ「尾瀬姫」に出演させて頂いたことが懐かしい思い出です。

 現在の「みどり会女声コーラス」は島田先生指揮のもと、発足時の民先生のお志が音楽表現を通して、しっかりバトンタッチされていると感じられました。

 演奏時間は「ランチタイム・コンサート」のため12時15分から30分間という限られた時間。それでも楽しみにしてる多くの市民や市役所職員で席は埋め尽くされ立見席もできました。

 あっという間の寛げた時間でしたが、どう言う訳か、冒頭に記した「さびしいカシの木」の最後に出てきた「寂しいことに慣れてしまった」の歌詞が「孤独感」極まりない表情で歌われ、私の心はジーンときてしまいました。奥山に生きる樹木の寂しさが、人間の寂しさにダブって素晴らしい表現に感じました。

 この時、「まるで私のことを歌ってくださってるのかと思ってしまいました。」5年前、妻を亡くし、大きな家に一人で暮らしている私は「山の上の1本のカシの木」と同じ境遇、同じ心境になってしまったからです。

 思いもよらず「みどり会女声コーラス」が私の現況を歌い上げてくださったようで、この曲を聴いて、まるで私自身を客観的に見ることができたようでした。

 同様に「みどり会女声コーラス」のメンバーの方々にとって、今はもう亡き民先生への想いに「寂しいことに慣れてしまった」とも受け取れました。

 ところで、メンバーの中には私の先輩方や、「ピアノによるホームコンサート」で我が家に来てくださった中国女性Kさんもおられ、きれいなユニフォーム姿での演奏中は彼女とは全く気づきませんでした。

 演奏終了後、ステージに行き案内をくださったKKさんにお礼を言いましたら、即座に彼女を紹介され暫くぶりのご対面、表情豊かな彼女と再会でき本当に驚きました。

 それにしても中国女性が日本の民間コーラスメンバーとして日本の歌を一所懸命歌ってくださる様子には、ただただ感銘です。演奏中、まさかKさんとは知らずにいましたが、彼女の歌い方は情熱そのもの、一所懸命な表情はひしひしと観客席に伝わりました。

 コーラスを通じて日本人に溶け込み、バリアフリーの国際交流をなさっているお姿には深い感銘です。拙い経験で私もそのような環境にあったので彼女の内心に近づけました。

 流暢な日本語を話され、羨ましい限りのバイリンガル。日本人の方々と親しくコーラスをされてるお姿はこの上なく尊いです。Kさん、また笑顔を見せてください。

 最後になりましたが、「みどり会女声コーラス」団員の皆様、本当に楽しめました。謝謝!

|

« 46年ぶりの皆既日食は7月22日 | トップページ | ドイツへ特注・黄色のアウディーTT納車なる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

「小さな胸・・・」「少し小さくなっての姿勢・・・」謙虚なカッキーさんをイメージして微笑ましくなりました~♪
寂しい事に慣れすぎて、心折れそうな日々おありでしょうが~カッキーさんには音楽と言う素敵なツール?が味方となり、新たな出会いも生まれる事でしょうね~(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2009年6月27日 (土) 00時12分

花舞さんへ
 毎晩、お休みになるのが遅いのですね。私は就寝時間は比較的早いです。
 三度三度の孤食はすでに5000回ですから、月日の経つのは早いものです。誠に「寂しいことに慣れてしまいました。」というところです。
 生活が常に一人は不自然です。音楽というツールがあっても聴いてくれる人がいないのです。音楽は鑑賞者がいて成り立つことを実感してます。ピアノ練習もそれほど長い時間続けられません。
 ところで、今日【27日】にアウディーTTが我が家に来ます。と言っても販売店から私が乗ってくるのです。暫くは慣れることにします。果たして楽しいことへの突破口となるでしょうか。

投稿: カッキー | 2009年6月27日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 46年ぶりの皆既日食は7月22日 | トップページ | ドイツへ特注・黄色のアウディーTT納車なる »