« 第一の人生でも第二の人生でも4教科は主要教科 | トップページ | 平素から硬いものも噛む習慣を身につけたい »

2009年6月 1日 (月)

血流をスムースにする工夫

549  専門家ではありませんが、健康法について、血流の観点から考えてみました。

 生涯その流れを見ることはできなくても、全身から心臓に戻ってきた血液は右心室を出発し、肺で酸素を取り入れ、再び心臓に戻り、今度は左心室から動脈を通じ、すごい圧力で 全身に送られ、末端の毛細血管を潜り抜けます。この繰り返しにより途中、各臓器に栄養を与え、帰りは静脈を経由し、低い位置からも心臓に戻り、生命は維持されます。私たちは自ら工夫し、血液が良く流れる状態を保つことが大切でしょう。

 血液が心臓、肺、動脈内、毛細血管内、各臓器内、静脈内を「スムースに循環すること」が健康の基本と考えられます。

 ところが、体内の血流を良くするために私たちができることは体外から対処するのみです。食生活の欧米化が進んでも、最近、「日本食」の良さが見直されてる傾向は血流の観点からも良いと思います。

 以前に「876のデクレッシェンド健康法」について書きましたが、これは食事の量です。朝は腹八分、昼を腹七分、夕食を腹六分という割合です。これによる利点は翌朝お腹が空くことです。Hunger is the best sauce.が実現します。

 食材の種類については、これに反比例します。特に「夕食では量は少なく、種類は多く」です。大腸に良いと考えられる繊維類は常に摂取しましょう。

 ところで、「いかにしたら血流が良くなるか」私が実践してることを書いてみました。

 地上に住む人間にとって、内臓まで地球の引力に左右され、血液の流れは大いに影響を受けていると考えられ、心臓から遠く離れてる手のひらの部分、膝から下の足の部分、これらは血流が「澱みがち」と考えられます。

 人類が2本足で立つようになってからは、特に足先の血液を上半身まで持ち上げるには引力に逆らうことになります。特にふくらはぎ周辺で澱みがちと推測します。ふくらはぎは第二の心臓と言われても、この心臓は【人為的に手を加えないと役目を果たさない】ようです。耳たぶも頭部から飛び出しているので、血流は良くないと考えられます。

 このため、手に関しては、手を洗うようにしっかり擦ります。それ以上に有効なのは互いに叩くことです。この場合も手のいろんな面を使って叩き、片手は拳で叩いたり、指と指を挟んで付け根を叩きます。

 一方、両腕を頭上に上げ、肘をまっすぐにし、お星様きらきらです。10秒ほどしたら、そのまま横からゆっくり降ろします。耳たぶは強く握ったりマッサージすると血流が良くなることが感じられます。

 ふくらはぎは膝を伸ばして、つま先を思い切り持ち上げ5秒ほど頑張り、ふくらはぎ内の血液を絞り出す感じです。重力の関係から、ベッドで仰向けになり、まず膝を曲げて、つま先を思い切り上げ、そのままの状態で膝をまっすくに伸ばします。こちらの方がより絞れるでしょう。ふくらはぎは両側から挟むようにして拳で叩いても効果があると考えられます。

 現在、健康法として歩くことが勧められています。20~30分でも効果があるでしょう。私は歩くスタイルがポイントと思っています。それはアメリカンウォーキングです。ポイントは三つ。

 一つは手をかるく握り、肘を90度に曲げたままです。これにより腕が良く振れ、肩関節が大きく動き血流は抜群です。

 二つは踵から着地です。これにより身体に響き、骨に圧力がかかります。骨については負荷をかけることが生成に効果があるでしょう。

 三つ目は遠方を見ながら歩きます。これでリズムが生じ、背筋がピンとなります。

 散歩のような歩き方に比較すると、断然、血流に効果が生じると考えます。

 【スムースな血流に勝る薬はない】との考えで、血流を工夫したいものです。写真のようなところで、野山を歩くことは健康的です。 

|

« 第一の人生でも第二の人生でも4教科は主要教科 | トップページ | 平素から硬いものも噛む習慣を身につけたい »

若さの維持」カテゴリの記事

コメント

お早うございます~♪
又・又・健康に役立つ素晴らしい情報ですね~!
早速、今度の演奏会MCネタに拝借したいと思います~♪
「お星様キラキラ」体操は、ホームディサービスなどで、見かける事が多いのですが~ネライは血流だったんですね~!
私も心がけて継続したいと思います(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2009年6月 3日 (水) 07時29分

花舞さんへ
 拙いブログが演奏会のМCに使用されるとは光栄この上ありません。私は心では「血流に勝る薬はない」くらいの気持ちでいます。頭が痛いのも肩がはるのも血の流れが澱んでいる部分もあると思うようになりました。
 ブログに書きましたように血流は見えないところが難しいですが、サラサラ・スムースに流れれば益はあっても害はないと確信しています。これからも最も大切な「より健康法」について情報を交換いたしましょう。
 「お星様キラキラ」は肘がピンと伸びるてること、両腕がまっすぐ上であること、そして何より胸を張ることにより効果があると考えています。

投稿: カッキー | 2009年6月 3日 (水) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一の人生でも第二の人生でも4教科は主要教科 | トップページ | 平素から硬いものも噛む習慣を身につけたい »