« 私が実践している血圧降下のための対策 | トップページ | Audi TT quattroナンバーは【5555】に決定 »

2009年6月15日 (月)

究めるとは同じことをコツコツ続けることか。

 私が興味関心あることはたくさんあり、虻蜂取らずと言ったところです。それはすべて大切な趣味となり、レース鳩飼育に始まり、山登り、ピアノ練習、庭木の手入れ、英単語ボキャブラリー、車などです。どれも究めたものはありません。物事を究めるとは一体どういうことでしょう。

   レース鳩は半世紀も飼育してますが、目的はただ一つ1000キロレース(稚内~高崎)でその日のうちに帰還させることです。まだ、目的が達成されていません。以前に放鳩翌日の午前中、ベルギー・ミュ二ィエ系をもって帰還した鳩が2羽います。同じ血統で羽幌900キロ雨の中連盟1羽帰りもいました。この挑戦はこれからも続きます。

 どのような血統、どのような訓練、どのような管理であるべきか。日々あれこれ研究しているのです。これには多くの友人のお智慧も大切な鍵と思っています。

 当舎ではこの度、「レース鳩の血統のみを職業」で常に人気記事ランキングに登場してますFragrant Mountain鳩舎からオランダのサム・デ・ヨング鳩舎の血統を導入する予定です。長距離系なので私の目的に沿うものと考えてます。

 レース鳩は天高く飛翔する姿も美しいですが、北海道最北の考えられないほど遠方から自鳩舎へ帰還する姿には涙が出るほど感激するものです。それは雛から育て上げ、厳しい訓練を積み重ね、成長してレースに参加させ、生まれ育った古巣に帰還するからです。なぜ帰還するかは実に神秘な科学です。

 ところで、山登りについては、これまた親しい友人で本拠地がニュージーランドか日本か分からないSamuel Todさんにいろいろご同行を願ってます。彼は先日もマチガ沢経由で魔の「谷川岳」頂上を極めました。有名な「白毛門」(しらがもん)などご自身の庭のように考えてるアウトドアーな方です。このため、サイクリングの名手でもあり、朝食前にかなり遠方まで行かれるようです。まさにCycling is a cinch for him.です。

 彼の力を拝借し、いつまでも心身ともに増強を図りたいです。先日、連れてって頂いた荒山登山のように山頂を極め、高い位置から群馬の山並みを満喫し、大自然の威容を実感できればと思います。彼は山岳はもとより本来は英語の達人で、この面でも私は多大の影響を受けてます。

 私はどうしたことか高校生の時から英語に興味が湧き、実力はありませんが、今でも新たな言い回しやボキャブラリーに深い関心を持ってます。果てしない茨の道であっても、日々英単語を覚えたいのです。内緒ですが、私の実践してるインプット法の一つをご紹介します。正しいかどうかは別問題です。

 それは日本の新聞やテレビで表現される言葉から学ぶ方法です。これには意外と多くの課題が見つかります。アナウンサーが発する言葉により眼前に具体的な課題が存在すると、それを解決しようとする習慣が身についてます。

 その答えを導いてくれるのが語彙数豊富な和英辞典です。私にとって、和英辞典ほど面白い本はありません。座右に置いてます。一般的に、学生時代からの英語の勉強=英和辞典も意味ありますが、最近の優れた和英辞典は語彙を増やすには効果があり、まるで「宝の宝庫」のように感じてます。

 最近、一人暮らしで張り合いもなく、ピアノはサボり気味です。聴いてくれる人がいないからでしょう。それでも時々はショパンの作品で、大好きな「ノクターン1番」及び「遺作ノクターン嬰ハ短調」の2曲は続けて弾きます。映画「戦場のピアニスト」に登場した曲だけあって作品は超一流。なぜこのように感傷的でロマンチックな音楽が作れたのでしょう。上手く弾ければ、自己表現の手段としてとてもいいものです。音符は不変でも、弾く度に速さや強弱、音色は不変ではありません。私の目的は快い響きで弾きたいのです。

 一方、四季を通じて樹木の手入れを楽しんでます。こちらは枯らしてしまった経験など、失敗を重ねて進歩するようです。来春の色彩豊かな開花をめざし、剪定、水やりは日課です。レース鳩も花木も似てて、手をかけてやればすくすく成長し開花するでしょう。主の頑張りに応えてくれるのが楽しいです。

 人間とは、いつになっても喜びを求めるものですね。一見、同じことの繰り返しであっても、この「同じことの繰り返しこそ物事の本質に近づく気がしてなりません。」「昨日より今日の質の高さを求め」少しでも目的に近づけば、結果も付いてきそうです。クーベルタン伯爵の言葉のように、「諦めないで続けることこそ」人間らしい生活に近づくでしょうか。

|

« 私が実践している血圧降下のための対策 | トップページ | Audi TT quattroナンバーは【5555】に決定 »

英語の勉強」カテゴリの記事

コメント

カッキーさん
こんばんは。
 いつも素晴らしい風景写真ありがとうございます。

 究めるは同じ事をコツコツ続ける事は必要ですが、カッキーさんは日々果敢に挑戦しると思います。写真もピアノも日々の訓練があってこそ、今があると思います。
 稚内、当日帰りの為に頑張って下さい。

投稿: どるぽっぽ | 2009年6月15日 (月) 19時20分

どるぽっぽ様
 九州から遥々コメントくださり感謝しています。お陰さまで今春の作出もほとんど終わり、選手鳩は70羽ほどになりました。今年は雛の糞が固くてとても良かったです。人間同様、腸の健康こそレース鳩にとっては基本かなと思いました。
 塩土は化石の入ったものを与えています。これは東北地方の刑務所の塀を建て替えたとき出たものとのことです。鉱物資料はレース鳩にとって歯の役目と言われ、レッドストーンと良い塩土は常に与えるようにしています。糞の状態は証でしょうね。
 来年、いい作出ができますように、これからは種の健康にも努めるつもりです。今年の夏は近場の早朝訓練に励んでみます。

投稿: カッキー | 2009年6月15日 (月) 19時39分

 カッキーさん
 おはようございます。
 私も鉱物飼料については、色々試しています。今年より本場ベルギー産を使用した結果雛の成長、骨格、糞の状態と良い成果を得ています。関係ないかも知れませんが、例年ですと今の時期、猛禽類の被害が多かったのに、今年は一羽だけの済んでいます。
 これも健康状態の表れだと思っている次第です。

投稿: どるぽっぽ | 2009年6月16日 (火) 04時38分

こんにちは。
確かに、単調ではあっても繰り返しの中で身に着くことは多いですよね。 カッキーさんはいつも前向きでうらやましいです。
私も語彙不足が悩みの種ですが、英語以上に日本語を知らなくて困ります。ある著名な翻訳家は、広辞苑などあらゆる日本語の辞書を読んで勉強したそうで、私も真似しようと思っています。
しかし何かを極めるのは大変ですよね~、寿命が尽きるまでに何かできるでしょうか?

投稿: マイ | 2009年6月16日 (火) 09時14分

マイさんへ
 拙いブログにアクセスしていただき、本日はコメントまで賜り、嬉しく思います。
 専門家を前にし恐縮ですが、英語については何と言っても語彙の豊富さこそ大きな力と確信しています。どんな英文を読んでも知ってる言葉であれば、何の抵抗もないでしょう。
 専門書は別として一般の新聞英語程度はすらすら読めるようになりたいのですが、まだまだ遠い道のりです。寿命が尽きるまで英文を楽しみたいです。よろしくご指導お願いいたします。
 私の職場にいた国語の先生はマイさんが仰ってることを実践されてました。時間があれば国語の辞書を読書のように精読されてました。その時、私は何とつまらぬことをされてるのだろうと思っていましたが、ブログで述べましたように辞書は「宝の山」であることを悟りました。私は和英辞典が大切この上ありません。

投稿: カッキー | 2009年6月16日 (火) 11時15分

「虻蜂取らず」・・・懐かしいです~子どもの頃、亡き母に良く言われてました!
思えば、その頃から私は気が多かったのかも知れませんが~好奇心旺盛で困ったものです~・・・きっと母も将来を危惧して、語ってくれてた事でしょうネ!
興味を持つ事は、環境に依るものも大きいと思いますが~私の場合、悲しいかな何事も究めるまでには至りません・・・
繰り返しコツコツと継続する内に自己満足できれば、私の中での探究心は留まるようです。
同じ事の繰り返しの毎日でも今日より明日・明日より明後日・・・と、向上心を持って日々、過ごしたいものですね~♪ (*^_^*)

投稿: 花舞 | 2009年6月16日 (火) 18時48分

花舞さんへ
 私たちは一見同じことを繰り返しているように見えても、していることは全く同じでないでしょう。少しずつ前進していると考えたいですね。
 芸術に必要不可欠なことの一つに「統一と変化」という見方があると思います。同じテーマであっても、それに味がついて変奏しているとき、私たちは心が満たされるように思えてなりません。
 大曲にあっては「主題と変奏」などはその典型でしょう。同じようなことの繰り返しの中から物事の真髄が見えてくる気がしてなりません。
 それにしても、他団体主催によるハワイアン・フラダンス大会において、司会という白羽の矢が当たり、心から素晴らしく思っています。
 北九州が花舞さんを必要としているのでしょう。誠におめでとうございます。これからの人生がバラ色に感じました。今のまま、健康で皆さまのお役に立ってください。これも統一と変化かな。

投稿: カッキー | 2009年6月16日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が実践している血圧降下のための対策 | トップページ | Audi TT quattroナンバーは【5555】に決定 »