« 鳩を飼っていた絵本作家ターシャ・テューダー | トップページ | マニフェストがどうであれ、それでも株価は動いてる »

2009年7月27日 (月)

Audi TT quattro黄色で関越自動車道を走る

 写真は群馬県水上町付近の関越自動車道です。新潟県との県境にある関越トンネル【日本最長4車線トンネル10926m】手前の高架橋です。あまりにも高い位置に建設されており、人間の力は誠に偉大と驚愕です。ぜひ、クリック拡大し、ご覧ください。本日は愛車Audi TT quattroで関越道自動車を水上インターまで走ってみました。

 水上温泉は、登山家で友人のSamuel Todさんが時々個人鍛錬される白毛門など一連の谷川連峰の麓にあります。この山岳が「魔の谷川岳」と称される所以はロッククライミングのメッカであることから、戦後、すでに約1000名の登山者が遭難した難所であることに由ります。

 私は1年に一度ほど、ロープウェイとリフトを乗り継ぎ、時々、5月までスキーが可能な高天原である天神平や天神峠に行き、残雪ある勇壮な谷川岳連峰の光景を眺めたり、マイナスイオンをいっぱいに浴びてきます。

 この写真は水上町の街中にある足湯で、利根川源流を眺めながら楽しめます。

 実は本日、私は水上の奥山にオープンした「鈴森の湯」に浸かってきました。本日がオープン初日とあって混んでるのではないかと心配しましたが、あまりにも山奥過ぎて訪問者は殆どおらず、私一人で谷川岳から流れる清流を眺めての露天風呂になるとは申し訳ない気持ちになりました。作り立てのため内風呂は木の香りがしてとてもリラックスできました。群馬においでの際はお勧めの日帰り温泉です。

 ところで、一月前に納車となった愛車は走行距離がやっと1000キロになり25日に点検しました。このため本日初めて長い距離を高速で走ってみました。

 ところが、渋川インターを過ぎ利根川を渡ると、関越自動車道は急に山岳を走る高速に変わり、登りの連続です。マシーン化したエンジン音は豪快そのもの。ここだけの話ですが、自動的にスポイラーが持ち上がったままの連続走行です。

 ここではハンドル後方のパドルシフトの出番です。これによりオートマ車であってもマニュアル的動きに切り換わり、唸るエンジンは逞しく山間部を通り抜けます。

 245-40-18のタイヤはフルタイム4輪駆動と共に、大きくワインデングする赤城山西部の河岸段丘を縦貫し、その威力を余すところなく発揮。それはまるで「地を這う怪獣の如く」グングン登ります。

 ここは度々濃霧が出てスピードが50K規制になるところ。片品川に架かる長い橋を渡ると予想より早く沼田インターを通過。ここからは周囲も開け暫し楽しいドライブを堪能、やがて水上インターで降りました。

 利根川上流はラフティングの名所。地元の小中学生がベテランによる指導のもと川下りをしてました。時折、大きな石にぶつかり歓声を上げて楽しそうでした。見ていたら小さい子が一人転落してしまい、すぐに助けられました。きっと、夏休みの素晴らしい体験になることでしょう。

 本日の天気はどんより曇っていましたが、原始林など緑生茂る奥山の露天風呂に浸かり、谷川岳の懐で暫し自然に抱かれ、憂き世を忘れることができました。しかし、旅は道連れ、今度は一人でなく訪れたいです。

 Audi TT quattroによる運転感覚はだいぶ把握できてきました。今後は、より安全運転に努め、次回は計画的に県外へ行ってみたいです。新潟県の日本海、あるいは茨城県の太平洋へ行って、すでに10年も見てない海を眺めたいです。九州はまだ先のことか。 

|

« 鳩を飼っていた絵本作家ターシャ・テューダー | トップページ | マニフェストがどうであれ、それでも株価は動いてる »

Audi TT Quattro」カテゴリの記事

コメント

竜巻のニュースに驚いてますが大丈夫でしょうか~?・・・
こちらも連日の大雨に悩まされておりますが~竜巻が発生するなど・・・日本全国、異常気象のあおりでしょうか~自然の驚異の恐さをあらためて感じております。
さて、素敵な愛車を駆っての長距離ドライブ~・・・ブログ拝見してるだけで、ワクワク致しますぅ~♪
黄色と言うよりオレンジ?に近いカラーは、きっと周辺をもパッ!とハッピーにしてくれそうですね~(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2009年7月28日 (火) 14時39分

花舞さんへ
 日本列島いろいろありますね。竜巻が起こった群馬県館林市は高崎市から東へ50キロほどのところです。それにしても想像を超えた自然による破壊力ですね。
 お互いに自然の脅威からはしっかり身を守り、日ごろの恩恵には感謝ですね。
 お陰さまで、愛車には慣れてきました。直線840キロは実際には1000キロ以上でしょう。フェリーは出ているでしょうか。

投稿: カッキー | 2009年7月28日 (火) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩を飼っていた絵本作家ターシャ・テューダー | トップページ | マニフェストがどうであれ、それでも株価は動いてる »