« 私の試み・・・オリーブオイルを料理に使う。 | トップページ | 「好きにならずにはいられない」の原曲を Soprano Saxで演奏 »

2009年9月29日 (火)

いろいろ試して自分に合った方法を見つける

元横綱・千代の富士の九重親方の語録に「いろいろのことをやってみると勝機が生まれる。」という名言があります。一般男性とそれほど変わらぬ体重で優勝31回の大横綱の言葉です。

 同時通訳者の鳥飼玖美子さんの英語上達法に、これといったことはありません。「いろいろ試して自分に最も合った英語勉強法を見つけること。」という、それぞれ第一線にある方々の提言には、貴重なヒントが共通してるように思えてなりません。

 昨晩は高崎駅前「炙りやどんどん」へ夕食に行きました。(もちろん1杯?含みます。)毎晩一人での夕食ほど味気ないことはないので、週に1回は伺ってます。

 かすかに酔いも回り、1時間半程してから何だか市内を散策したくなりました。世界経済は低迷でも時には元気を出そうと思ったからです。

 大通りを歩いていましたら、若い女性2人が「五月の薔薇の家」というTEA HOUSEの前で楽しそうに話してました。そのTEA HOUSEの入口のところに「バイオリンコンサート」のポスターが貼ってあったので、私はその内容を読んでいましたら、感じのよい一人の女性が私に話しかけてきました。どうしたことか私は英語でポスターについて質問してしまいました。

 ところが、彼女はここのチーフだったのです。話を伺ったら一杯飲めるとのことで、ほろ酔い加減の私はたまにはいいかと思い、室内に入ったら何とグランドピアノがあるではありませんか。水を得た魚のような私は水割りをいただきながら3人で愉快に談笑しました。

 私の内心は、彼女たちに初めから英語で話しかけてしまったために、途中から日本語で話すことができず、とうとう引っ込みがつかなくなってしまいました。それでもチーフは頑張って終始、英語で対応して下さいました。

 もしかして、私が外国人であるかのごとくに疑いを持たぬ彼女たちの気持ちを大切にし、10分程してピアノに向かい思いきり「雪は降る」を弾きました。そしたら驚いたような顔をして拍手をいただき、私の水割りも2杯目になりました。

 店内に他のお客はおらず、その後、フォークダンスの「マイムマイム」や「コロブチカ」をテンポよく弾きましたら、彼女たちはワイワイ喜びながら踊りました。その間も言葉の媒介は英語のみ。このTEA HOUSEはガラス張りで外を歩く方々にも内部がよく見えるのです。私たち3人はそれを気にも留めず、音楽を奏でたり楽しく話してました。

 もちろん、私は外国人ではありませんが、ずっと、彼女たちは「初対面の私を日本人ではないと思っていたよう」です。でも、このようなことは、たまには失礼ではなく、お互い新鮮な気持ちで楽しく過ごせたのですから良い体験で、次回にはきちんと話そうと思っています。

 車の話から音楽の話までいろいろで、1日経って本日考えると長い時間、よく英語だけで過ごせたなと思ってます。私にも貴重な体験でした。

 このTEA HOUSE「五月の薔薇の家」にはこれから時々伺いたくなりました。私にとって音楽と英語は大切な二つです。人に音楽を聴いていただいたり、茨の道であっても、鳥飼玖美子さんのヒントを胸に英語を続けたいと思ってます。

 たまたま、友人Samuel Toddさんはニュージーランドと日本のどちらが本拠地か分からないほどの達人ですし、アメリカの世界的経済紙「フォーブス」の翻訳家マイさんにもすぐ連絡が取れますので、私の英語環境はこれらの方々のお陰で恵まれてると感謝してます。

 九重親方や鳥飼玖美子さんの名言通り、一つの方法でなく、「いろいろやってみて」私に合った方法を探し続けたいと思ってます。これは何の道でも言えることかもしれません。

|

« 私の試み・・・オリーブオイルを料理に使う。 | トップページ | 「好きにならずにはいられない」の原曲を Soprano Saxで演奏 »

英語の勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の試み・・・オリーブオイルを料理に使う。 | トップページ | 「好きにならずにはいられない」の原曲を Soprano Saxで演奏 »