« 大間々の高台から距離25Kの個人訓練 | トップページ | 日本のポンペイ「黒井峯遺跡」25Kから個人訓練 »

2009年10月18日 (日)

オランダのSam de Jong鳩舎作出鳩導入のため ドイツ車Audi TTで往復800K高速を走る

P1020227  近年、オランダの長距離レース鳩に惹かれいる私は昨日、アウディーTTクワトロ黄色で上信越道、長野道、中央高速、東名高速、名神高速を乗り継ぎ、岐阜県在住のFragrant Mountain鳩舎まで片道400Kを走破し、念願のSam de Jong鳩舎作出鳩の導入ができました。

 この鳩は本日から私の鳩舎で生活し、オランダの銘血を子孫に再現すべく、生まれ故郷から遥か離れた日本のPersimmon Marsh Loftでこれから生涯を暮らすことになりました。

 毎日一人暮らしの私は家族のような気持で迎え、この貴重なレース鳩の血統を蘇らせたいと心を新たにしています。

 確かなことは不明ですが、現在、日本で新たにSam de Jong鳩舎作出鳩を入手することは至難の業かもしれません。

Dscf0478  写真の鳩が今回の鳩で2007年生まれの雌NL07-1694624です。Fragrant Mountainさんがオランダで開催されたレース鳩オークションで競り落とされました。

 俊鳩輩出で有名なニコ・フォルケンス鳩舎の作翔であるスーパーイヤリング号【仏モントバーンN994キロ5711羽中、若で総合優勝及びボルドーN954キロ10033羽中、若で44位】の両親もSam de Jong鳩舎作出鳩であることから、フォルケンス鳩舎とSam de Jong鳩舎との血統交流は1000Kを目標として以前から成されているようです。

 一方、オランダ北部に位置するプロンク鳩舎も同様で、同鳩舎作翔・現在Persimmon Marsh鳩舎の代表種鳩スチール号【モントバーン1022K5796羽中総合優勝・翌朝午前3時34分到着】の父鳩もニコ・フォルケンス鳩舎による作翔鳩です。ニコ・フォルケンス鳩舎の血統書を遡るとSam de Jongであることが分かります。

080 【オークションの一覧表より】

 このようなことから私はSam de Jong鳩舎作出鳩導入は念願だったのです。本日、Fragrant Mountainさんのお陰で希望が叶い、来春以降の作出が楽しみになってます。

 レース鳩は「優れた血統と飼育者による創造的な管理」により帰巣本能が研ぎ澄まされ、内に秘めた才能が開花すると考えられます。飼育者は日々、人の考え付かないような創意と弛まぬ実践で、遠方からより速く帰還という可能性を見出さなくてはなりません。

 その点、数回お目にかかり、前人未到クラウン賞3回受賞された茨城・高塚鳩舎の飼育方針は思いもよらぬ高い次元と感じてます。このような創造的管理に一歩でも近づきたいものです。

 ところで、このAudi TT Quattro黄色の写真の助手席は彼女でなく、Sam de Jongの鳩が乗ってます。まるで鳩が恋人か、と言われそうです。これではいけないことは分かってます。

 走行距離4000キロほどになり、調子はいいと感じてます。中央高速は南下するほど、山岳地帯で急カーブが多く、高低差もあり、スピードがあればある程、車体に働く遠心力は強力でした。

 直線道路ではそれほど危険を感じませんが、カーブでのスピードは厳禁です。車である前に強力に外側に引っ張られる物体と化します。

 それから、基本はキープレフトです。前の車が遅すぎて、どうしても追い抜く場合は決してカーブでなく、直線道路で行うべきです。カーブでの大型トレーラーの横転は度々ニュースで繰り返されます。重量の関係から物凄い遠心力が働きますが、普通乗用車も理屈は同じです。

 昨日も本日も休憩を含み5時間ほど運転し頑張りましたが、こんな長距離を乗っても、両日とも高速料金・土日1000円は誠に助かりました。しかも、往復とも渋滞ゼロのおまけ付でした。

  ところで、Fragrant Mountainさんには1日目の晩に近くの温泉に連れてって頂き、心ゆくまで鳩談義ができました。特に「レース鳩の鍛え方」については実践から導かれた独自の理論を展開され、意義深く拝聴できました。私もかくあるべきと今後の管理に役立てます。また、今回の訪問に関し奥様ともども歓迎していただき衷心より感謝申し上げます。

【注:文中のFragrant Mountain鳩舎は岐阜県の香山鳩舎です。】 

|

« 大間々の高台から距離25Kの個人訓練 | トップページ | 日本のポンペイ「黒井峯遺跡」25Kから個人訓練 »

レース鳩の交配」カテゴリの記事

コメント

カッキーさん、こんばんは。
 念願かなって良かったですね。
 それに07年、まだ若い鳩なのに「風格」が漂っています。今後の直仔・孫の活躍に期待しています。個人訓練、頑張ってください。

投稿: どるぽっぽ | 2009年10月20日 (火) 19時40分

どるぽっぽさんへ
 コメント有難うございます。サム・デ・ヨングの血統をスチール号とともに蘇らせたいと思っています。本日も、個人訓練に行ってきました。この次は距離50キロ歩ほどを予定してます。

投稿: カッキー | 2009年10月20日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大間々の高台から距離25Kの個人訓練 | トップページ | 日本のポンペイ「黒井峯遺跡」25Kから個人訓練 »