« 今年の梅の開花は例年より良好・・・それは訳あり | トップページ | 久々にマーク鳩レースで連合会優勝! »

2010年2月11日 (木)

私のことが中国の本に掲載される

 先日、東京の小松様より下記の内容についてブログにコメントをいただきました。

【カッキー様。はじめまして。
 東京在住の小松と申します。このブログには関係無いかもしれませんが、人を探してます。手がかりは、群馬県高崎市鳩協会 沛召宏和香 先生です。内モンゴルの趙建軍さんから本を預かってます。もし、こころあたりがありましたらメール下さい。】投稿: 小松 |2010年2月 5日 (金) 21時56分     突然のことで内容についても驚きましたが、早速、小松様にメールを送りしましたら、写真の本が届きました。それにしても小松様はよくこのブログを探し当てアクセスしてくださいました。感謝この上もありません。

 たまたま私がブログの管理者であったことも幸いし、中国内モンゴルの趙建軍さん執筆による「草原鉄馬蹄声疾」という本が手元に届いたのです。

 表紙を1枚めくってびっくり、著者・趙建軍さんが私のことを日本の友人と書かれ贈呈とのことが手書きで書かれています。

 以前に飼育してた私の鳩が内モンゴルへ飛んで行ったことがあり、一人でその鳩に会いに行きました。内モンゴル政府の方などが歓迎パーティーを開いてくださり、その時、数名の新聞記者にお会いしたことがあります。あるいはその中に趙建軍さんが記者としておられたかどうかは定かでありませんが、当時、彼が私のことについて新聞記事を執筆され、広大な中国全土に報道されました。

 この本は彼が今までに執筆した新聞記事をまとめたものらしいです。この中で私に関係するページの題目は「中日友好号」です。実はこの名前を考えたのは私で、日本と中国の友好を考えたとき、これが鳩の名前に相応しいと考えました。それが元になって日本から飛んできた平和の使者「中日友好号」が新聞を通じて中国の方々に知れ渡ったことは大変名誉なことです。当時、内モンゴル放送局でもこの話題を取り上げてくださり、今でも録音テープを保存しています。

 下の写真は記事の一部です。日本の鳩が日本海を渡り、万里の長城を飛び越えて内モンゴルまで飛んできたことや、その鳩に会いに来た私の名前や住所の一部が書かれています。

 今回、まさか中国の本に私のことが掲載されてるとは知りませんでした。嬉しいやら驚きやらで胸がいっぱいです。今後も日中友好をしっかり心掛けなくてはならぬと改めて肝に銘じています。未だ内容のすべてを訳し理解してませんが、拙い中国語の知識で翻訳していこうと思います。

 ところで、以前にイギリスのレース鳩月刊誌「ビクトリアル」に三度も表紙に掲載されたことがあり、英語版のため世界57ヶ国の方々に読まれました。こう考えると日本では全く無名な私ですが、世界では私のことを知っておられる方々がいるのでしょうか。

 若き日、インドの日本人学校に勤務し、2年間滞在していたときインド人の友人も数多くいました。これが国際交流のスタートとなり、その気持ちは今でも変わってません。

 4回もこんなことが起こると英語と中国語に改めて鞭を打ちたくなるのですが、なかなか努力が伴いません。地球上の人々の98%が外国の方であることを考えると、語学をもっと頑張らねばと感じます。「レース鳩や音楽」を通じて、これからもチャンスを生かし、意義ある国際交流を深めたいです。 

|

« 今年の梅の開花は例年より良好・・・それは訳あり | トップページ | 久々にマーク鳩レースで連合会優勝! »

日中友好」カテゴリの記事

コメント

中国誌掲載や、又お手元に偶然?その本が届いた事などオメデタづくしですね~!
カッキーさんが、地道ながらグローバルに貢献なさってる事の証だと思います。
改めまして、おめでとう御座います。
益々の御活躍を、お祈りして、これからも応援させて頂きたいと思います~(*^_^*)
それにしてもブログが発信するミラクル?と言うのか、これまで継続されて来た役目の一つで、人と人が繋がって素敵な事ですね~!
この素敵なドラマを励みに私も又、ブログ熱?を再燃させたいと思います~(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2010年2月12日 (金) 23時10分

花舞さんへ
 暫くぶりにコメントを賜りまして、嬉しくて今夜は一杯いただきました。このブログは花舞さんのコメントがないと、やはり盛り上がりに欠けます。だんだん春に近づきますので、それに比例して遊びにいらしてください。楽しみにお待ちしてます。
 本論ですが、仰せの通り今回のことはミラクルです。ブログを検索して探し当てて下さった方がいて、その前に中国の著者がどうにかして日本の私に届くことを願い、日本人の方【小松様】に託されたのでしょう。
 日本人である私が中国の本に載り考えられぬほど嬉しいです。このような関係を大切に外国の方とはこれからも心から交流を考えています。おっと、その前に九州の方と交流すべきですね。

投稿: カッキー | 2010年2月13日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の梅の開花は例年より良好・・・それは訳あり | トップページ | 久々にマーク鳩レースで連合会優勝! »