« 海外日本人学校・派遣教員壮行会開かれる | トップページ | 鳩舎の看板をSam de Jong系鳩舎に »

2010年3月 8日 (月)

身近なことから始める私のエコ活動

 最近すっかり定着してるエコという言葉は英語のecologyに由来し、多くは化石燃料の消費を抑えて二酸化炭素の排出削減を意味します。世界60億の現人類が子々孫々のために、未来は快適な地球環境になるよう取り組むことが重要と考えられてます。

 ecologyはイコロジーまたはイカラジーが本来の発音に近いようですが、ローマ字式にエコと読まれ日本語化してます。

 ところで、日夜、火力発電所から排出される二酸化炭素の量は莫大です。それは燃料として石炭や石油、液化天然ガスを大量に消費しているからです。

 資源エネルギー庁の資料によると、日本の電源別発電量の割合は原子力が31.2%と3分の1弱を占め、LNG=liquefied natural gas(液化天然ガス)26.6%、石炭22.2%、石油10.2%、水力9%となっており、電気の半分以上が化石燃料から作られてることが分かります。

 近年の原油高によって石炭への依存度が高く、これは温室効果ガスの排出量が最も多く、地球温暖化対策の足かせになっている懸念があるといわれます。それでも、日本の石炭火力発電技術は優れ、その熱効果率は世界最高水準にあり、日本の技術をインド、中国、アメリカに導入すれば3ヵ国の二酸化炭素排出量を年13億トン削減でき、これは日本の1年間の排出量に相当するといわれます。

 ところで、近年、ハイブリッド車や電気自動車が生産され、すでに道路を走り始め地球環境に優しいといわれます。しかし、その大元である発電所では二酸化炭素を大量に排出してるのですから、見掛け上、エコカーといっても地球環境としては、本質にあまり変わりがないのではないかと私は単純に疑問を持ってます。

 便利すぎる今の世の中では、夏涼しくしたり、冬暖かくしたり、移動の手段としてはどうしても二酸化炭素を排出しますが、私たちは可能な限りこれらを少なめにする生活に慣れるべきです。それには簾を垂らしたり、蚊帳をつったりすれば電気を消費しません。冬は炬燵が足から温まります。

 夏も冬も常に部屋にエアコンをつけてる生活は慎むべきで、対処法をいろいろ工夫し、今こそ江戸時代の暮らしの快適さを模倣し、できることは取り入れるべきです。

 拙い私の取り組みの一つに雨水を貯めてます。これで水道の使用量が減ることは確実で、写真は鳩舎の屋根の水が全部この防火用水に流れ込みます。雨水は透き通っていて誠にきれいです。これらはすべて花木に与えてます。上手く利用し、トイレにも使えれば最高ですが、そこまではできません。それでも庭木がたくさんあるので、夏場など水道代が助かります。この防火用水は戦時中、父母が使用していたものです。不思議なことにちょっと雨が降るとすぐいっぱいになります。こんなことでも雨の量は思いのほか多いことが認識できます。

 これはクレジットカードのポイントでゲットしました「繰り返し使える充電池」です。今や家電の中でいろいろのところに必要な乾電池ですが、単三も小さな単四も使え、乾電池よりパワフルで1000回繰り返して使えるとのことです。このため、乾電池を買う必要がなくなりました。

 これは調子の良いクロスバイクです。私は昔から車にも興味がありますが、日々、何でも車に頼らない厳しさが私自身に問われています。友人Mr. Samuel Toddに感化され最近ゲットし、近くのお使いはもちろん、かなり遠方までも行くようになりました。排出するものは極めて微量の体重減です。Anti-locomotive syndromeに効果が期待できる一方、足腰の増強につながり、結果的にHunger is the best sauce.の状態となり、健康増進にエコにと一石二鳥です。いよいよ春なので遠出してみたくなりました。

 この他、エコとして考えられることは通信にレース鳩を使うことですが、愛を伝えるのに鳩を使うとはエコでなく、人間のエゴか。恋人へはメールを使わせていただきます。

|

« 海外日本人学校・派遣教員壮行会開かれる | トップページ | 鳩舎の看板をSam de Jong系鳩舎に »

地球環境」カテゴリの記事

コメント

カッキーさん、お早う御座います!
素敵なecologyの心がけ、私も見習わなくては~・・・
以前、乾電池の充電器使用してた事、思い出しました~まだ使えるのかな~?早速、探してみたいと思います。
昨夜、TVで高崎市・榛名梅林のライトアップがライブで放映されてましたが~お近くでしょうか~?
雲の上の様な素晴らしい梅林でしたね~(*^_^*)

投稿: 花舞 | 2010年3月13日 (土) 08時17分

花舞さんへ
 暫くぶりのコメントにもう涙です。もう、来ないのかなと内心思っていたからです。
 最近の天候も不順ですが、これは自然のことで不思議はないのでしょうか。それとも、人間による現代生活の奢りのつけなのでしょうか。
 榛名梅林は私の家から車で30分ほどですから、いつかご案内できます。
 季節の変わり目ですから、体調の管理をお願いいたします。

投稿: カッキー | 2010年3月13日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外日本人学校・派遣教員壮行会開かれる | トップページ | 鳩舎の看板をSam de Jong系鳩舎に »