« 内浦湾と津軽海峡を飛ぶ室蘭700Kグランプリ | トップページ | 天候不順で放鳩を断念、室蘭から持帰るレース鳩 »

2010年4月14日 (水)

平地でも見事に咲く日本シャクナゲ・いよいよ開花

Dscf0094  日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いは葉の形を見れば一目瞭然です。日本シャクナゲの葉は比較的厚めで硬く、表面が反ってる感じです。それに対して西洋シャクナゲは一般的に葉の厚さが薄く、他の植物に近い感じです。シャクナゲの開花として、次回はこれまた大輪の西洋シャクナゲのピンクをご覧いただけますので、今までご存じない方も日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いに気づかれると思います。

 タイトルに掲げましたように日本シャクナゲを平地の庭で育てるのは難しいとされてますが、基本中の基本である条件をクリアーしてあげれば、平地で咲かせることはさほど難しくないと体験上感じてます。

 その条件の一つは大きな落葉樹の下が適地です。すでに蕾を持ってる冬の期間、日光が十分に当たり暖かく過ごせるからです。夏は落葉樹の大きな葉が半日陰の状態をつくり、シャクナゲにとっては涼しく、葉が焼けず好都合です。特に新芽が出始める五月ころの強い直射日光は一日で小さな葉が萎れてしまいます。冬暖かく夏涼しくは私たち人間と同様です。

 その条件の二つ目は水はけのよい場所に植えることです。ですから、他の植物より少し高めの位置が良いと考えらます。それであっても、水は大いに大切で不可欠です。矛盾してるようですが、水は大切であっても、いつもジメジメしててはなりません。シャクナゲにとって水は人間と同様で、喉が渇いた時は飲みたいし、しかし、不要な時はさっぱりしていたいのでしょう。

358  この二点がクリアーしてれば、枯れることもなく開花が期待できます。前橋農協花木センターで手に入れた時は車のトランクに入った日本シャクナゲは今では枝周りの直径は4m程に成長し、住宅地での大きさとしては珍しくなってきました。このままあと10年もしたら倉賀野町の銘木になるかもしれません(言い過ぎか)。お近くの方は、是非いらして観賞してください。

 すべての物の美しさはその形と色にあるというのが私の持論です。植物では枝ぶりも観賞の一つに入ります。松や盆栽などはその典型でしょう。一方、色彩を楽しむことも美を観賞する大きなポイントで、この点、シャクナゲにはいろいろの色が存在し、日本シャクナゲも例外ではありません。ましてや、西洋シャクナゲの色彩は無数というのが正しいです。

 毎年よく咲かせるため、この他の留意点としては蕾を間引くことです。今年たくさん咲いても、翌年あまり咲かないのでは寂しいです。冬の間に育ちの良くないものを中心に摘まみましょう。これにより根からの栄養分が残された蕾に行き渡ります。摘まんだところは翌年開花するので、間引きにより毎年開花が楽しめることになります。この冬、私は1本の西洋シャクナゲの蕾を100個摘みました。それでも、蕾が減った感じはありません。木が成長したからでしょう。

 また、肥料はあまり与えません。それでも、他の植物に与えるときシャクナゲにも少し施します。それは固められた油粕です。樹木の勢いを盛んにすると葉はピシッと伸び、花弁の色はイキイキしてくることを感じてます。 

|

« 内浦湾と津軽海峡を飛ぶ室蘭700Kグランプリ | トップページ | 天候不順で放鳩を断念、室蘭から持帰るレース鳩 »

石楠花の手入れについて」カテゴリの記事

コメント

かっき−さん
こんばんは。

シャクナゲのピンク、美しいですね。
蕾を間引きするんですね!

生育環境にも気を遣われて、手入れも入念に行ってのこの美しさですね。


かっき−さんならご存知でしょうか?
今頃ちょうど咲いている花で、色は青紫、形がブドウのような花です。
背丈は15cmくらいかなぁ…

子供たちは「ブドウの花」と言っています。
なんという名前の花でしょうか?

投稿: かな | 2010年4月14日 (水) 22時01分

かなさんへ
 こんばんは。
 私は庭木の花木なら大体分かるつもりですが、かなさん仰せの小さな植物はあまり分かりません。できれば写真を撮っていただき私の掲示板に載せていただければ具体的に判断できるかもしれません。
 浅間山の方にも「シャクナゲ園」があり、一度訪れました。手前みそですが、私の庭の日本シャクナゲがきれいです。理由は浅間山の方は水はけは良くても、直射日光のもとに植えてあるからだと思いました。

投稿: カッキー | 2010年4月14日 (水) 22時31分

かっき−さん、こんにちは。
かっき−さんの掲示板、初めて見させていただきました☆素敵な掲示板ですね。
ブログでは見られない画像も楽しめていいですね。


拙い写真で申し訳ありませんが、アップさせていただきましたので、もしご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: かな | 2010年4月15日 (木) 14時31分

かなさんへ
 お尋ねの植物を写真をもとに約2時間かけてインターネットでやっと探し当てました。疲れましたので今夜は一杯いただきます。
 この植物の名は紛れもなく「ムスカリ」といいますので、よろしくお願いいたします。別名でブドウヒアシンスともいわれるようです。
掲示板に説明をコピーして載せておきました。
 なお、その後、注意して見ましたら私の住む倉賀野にもまとまって咲いてる所がありました。かなさんのお陰で植物名を一つ覚えました。

投稿: カッキー | 2010年4月15日 (木) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内浦湾と津軽海峡を飛ぶ室蘭700Kグランプリ | トップページ | 天候不順で放鳩を断念、室蘭から持帰るレース鳩 »