« 高齢者の楽しみと海外でも人気ある相撲中継中止 | トップページ | サルスベリの開花とともに、夏本番いよいよ近づく »

2010年7月13日 (火)

Marie Persimmon MarshがFitのShe'sに乗換え

 次女Marie Persimmon Marshが6年半乗ったホンダ・ストリームから、このたびホンダ・フィットの女性版に買い換えました。その名も【She’s】で、ボディーカラーはいかにも若い娘仕様です。

 彼女はこの車に決めるまで私とあちこちのディーラー展示場を2ヶ月ほど見て回りました。中でも印象の深かったのはCubeでした。彼女の心は8割ほどこれに決まっていました。

 というのは初めてディーラー展示場でCubeのボディーカラー・チョコレートを見たとき、室内があまりにも楽しそうな雰囲気なのです。特にダッシュボードが珍しくカーブしており、まるで喫茶店のテーブルがあるかのごとくです。

 しかし、彼女は公道であまりにも多くのCubeが走っていることに、却って自分らしい個性がなくなると思ったのでしょうか。この点は父である私に似ててとても良いことと嬉しくなりました。できればあまり走っていない車こそ、自分らしいと感じるようになったようです。

 その後、いつもお世話になってる富岡市の小金沢自動車へ相談に行きました。ご夫妻や息子さんご夫妻で整備や保険関係、ETC、また、自動車販売をされ、私はすでに20年からのお付き合いです。

 社長に相談したら、それならフィットの女性版にいい車が出ているとのこと。早速カタログを拝見しました。それは室内が若い女性向きに出来ており、所々に女性仕様の柄が施され、椅子にはきれいなステッチが目に付きます。

 この瞬間、彼女も私もフィットの女性バージョン【She's】にグッと気持ちが傾き、急激にこれに決することになったのです。彼女はかなり納得し、心に迷いはなくなったようでした。私も娘にふさわしい車と感じ良かったと思いました。

   物事を判断するにはいろいろを比較するといいとは知ってましたが、こと車に関してはこれが言えるでしょう。この道理から考えると小金沢自動車のように、いろいろの会社の車を扱ってる自動車販売店がいいかもしれません。ここではありとあらゆる車を紹介してくれます。また、いろいろのメーカーの車の特徴を知っておられます。

 実は私が1年前に購入したアウディーTTクワトロもこの小金沢自動車からです。その取引先である富岡市の「PROグラスランド」により、ボディーコーティングしてもらいました。このため現在でもガラスコーティング加工の成果が出て新車の輝きです。

 今回、Marie Persimmon Marshのフィットも、ここでガラスコーティング加工してもらったので、一段と輝くShe’sになりました。車に負けず、仕事でも人生でも輝いてほしいと願わずにはいられません。

 ナンバーは2台続けて同じです。平成15年12月に購入したので、偶然にもその年月になりました。しかし、Marie Persimmon Marshの気持ちは異なります。このナンバーは自分が高校時代に最も頑張った忘れられない陸上競技100mハードルのベスト記録なのです。100mハードルはジャンプの連続で物凄くきつい陸上競技の種目です。

  今度はFitのShe’sに、このナンバーをつけ、ウェディングプランナーとして結婚式場ロイヤル・チェスターへ走ります。

|

« 高齢者の楽しみと海外でも人気ある相撲中継中止 | トップページ | サルスベリの開花とともに、夏本番いよいよ近づく »

」カテゴリの記事

コメント

素敵な色ですね☆
私は車は乗れればいいや〜な人なので、うらやましいです。

ロイヤルチェスターにお勤めなんですか。
今日は知り合いの方がロイヤルチェスター前橋で結婚式をあげました☆
キャベツくんはお呼ばれして出席したようです。

妹が9月に高崎で結婚式をするのですが、プランナーさんには大変お世話になっているようです。
素敵なお仕事ですね。

投稿: かな | 2010年7月17日 (土) 20時42分

かなさんへ
 コメントいつも有難うございます。
 先日、「愛妻の丘」までドライブしたとき嬬恋の中学校のそばを通過しましたが、キャベツ君のことを思い出しました。
 それにしても嬬恋は広い村ですね。群馬県の中でも私は好きなところです。四阿山にも頑張って登った思い出があります。(カテゴリー登山をご覧ください。)若き日に浅間山には5回登りました。
 娘は以前にアルか―サル高崎にもいました。

投稿: カッキー | 2010年7月18日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者の楽しみと海外でも人気ある相撲中継中止 | トップページ | サルスベリの開花とともに、夏本番いよいよ近づく »