« 大空襲・火の海で貞治氏を背負い逃げた登美さん | トップページ | 放鳩前に方向判定させる試み »

2010年8月21日 (土)

今朝、涼しいうちに2回目の訓練実施・・帰還良好

 5時に家を出発。利根川を渡り、有名な来迎寺「はと鳩舎」の近くを通過し、小島田の国道50号を越えて、放鳩目的地である前橋東高校の東に広がる田んぼへ向かいました。距離約17K。ホンダアクティーに積まれたレース鳩は今春生れの55羽。

 秋レースは40羽の参加予定で、遠征し舎外が完全な鳩はいっしょに持って行きました。残留組は春をめざし10月より訓練です。

 天気予報では本日は晴れて猛暑とのこと。しかし、4時30分の時点で空を見上げると星は見えず、それでも次第に晴れることを期待し、暗闇の中で鳩の籠詰め込み作業を開始しました。

 先日も触れましたが、暗闇の中で鳩を掴み家を出るまでの作業は結構力仕事です。これができなくなればレース鳩飼育を止めになります。レース鳩飼育は飼育者の健康維持が不可欠なことです。

 本来なら、前の晩に籠詰めしておくと楽で、翌朝すぐ出発できるのです。しかし、夜中の糞を籠の中にするので、籠が汚れたり、運送中の車内が匂うこと。また、鳩も鳩舎内の方がゆったり眠れるので、毎回行く前に詰め込み作業を行うようにしてます。

 現地に5時25分頃到着。距離も短いので6時に放す予定で、ご覧のように籠を積み上げ、待機中に籠の中から方向判定ができるようにしました。輸送中の疲れは全くなさそうで、籠から首を出し、早く飛びたがる鳩もいました。

 日の出時刻は過ぎても東に雲がかかり、太陽は顔を出してません。しかし、赤城山がぼんやり見え、上空は真っ青に変化してきたので、予定通り、6時に放鳩しました。

 今回も、放鳩後に旋回せず、高崎倉賀野方面の西南の空へ。多少・前橋市市街地方面に進路をとりましたが、修正し、スピードを増し倉賀野の方角へ、1分半で視界から消えました。

 多分15分ほどで到着と思われます。私には家族がいないので、到着を見張ってくれる人がいません。以前は到着すると帰路に向かってる私に携帯が鳴ったものです。

 今までで帰還が速くて最も驚いたのは沼田のスプリングゴルフ場約60キロで訓練した時のことです。私が沼田インターに着かないうちに到着の知らせです。確か20分ほどで着きました。山岳地帯なので、あるいは猛禽が見え隠れし、猛スピードを出したためとも考えられます。

 今回も無事に帰還し、私が着いたときは大屋根から「今頃かい」というような顔で私を迎えていました。次回は大間々の高台25Kです。

|

« 大空襲・火の海で貞治氏を背負い逃げた登美さん | トップページ | 放鳩前に方向判定させる試み »

レース鳩の訓練」カテゴリの記事

コメント

秋レースへ向けての訓練は順調のようですね。
こちらは先週まで順調に訓練に行けたのですが、夕べも大雨で今週はちょっとお天気が不安定で次はいつ行けるかという所です。

今年の北海道はいつもより暑い日が続きましたが、そちらに比べればだいぶ楽と思います。
まだまだ暑さが続きますが、お体には気をつけて毎日をお過ごしください。

投稿: コロスケ | 2010年8月24日 (火) 06時37分

北海道・コロスケさんへ
 早速、コメント有難うございます。住んでる所は遠く離れていても、秋のシーズンが近づいてるレース鳩という共通点に興じ、成績が取れ嬉しかったり、鷹の来襲という恐怖に陥ったり、帰還が悪くてがっかりしたりです。しかし、より良い飼育のために意見交換は実に意味があります。
 ところで、今までに群馬県にはいらしたことがありますか。お出での際はご案内いたします。もちろん、Audi TT Quattro黄色でです。谷川岳と草津温泉とPersimmon Marsh Loftはお薦めです。

投稿: カッキー | 2010年8月24日 (火) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大空襲・火の海で貞治氏を背負い逃げた登美さん | トップページ | 放鳩前に方向判定させる試み »