« シルクタッチで16才のシンクロから学ぶ健康法 | トップページ | 「上州三峰」山頂から見た谷川連峰の偉容 »

2010年11月 1日 (月)

驚き!・・・深夜にオランダからのアクセスを知る

【Sam de Jong系で北海道から当日帰還めざす】

Sam de Jong, van Hokkaido in het systeem gericht op terugkeer van de dag

  duif is "Geen oorbellen" super duiventil gemaakt directe nakomelingen van de Fragrant Hill, Gifu. Persimmon Marsh Loft duif soorten aanwezig is.

Brugge man zijn broer Nederlandse duiventil, "Den 51" in mijn vader, mijn vader is een beroemde "Ode nr. 62," Ik dook tussen soorten door halfbroer geboren in de directe nakomelingen van een paring.

Duiventil zijn moeder Sho Forukensu Nederland Nico "Geen oorbellen" super. Bordeaux 1 N954K10033 rangen op de leeftijd van 44 en gerangschikt algemene , 35 dagen na de Montoban N994K5711  een record van de totale overwinning. Sam de Jong. Geen ouders, zijn Sam de Jong oorbellen gemaakt super duiventil. Daarom, "Geen oorbellen super" is 100% Sam de Jong is gebaseerd. Verschillende ouders zijn in Barcelona IN1272K zevende.

 先日、私の鳩舎にいるオランダの輸入鳩について、ブログを書 きましたところ、驚くことに深夜、オランダからアクセスがありました。このことは管理画面から分かり、Netherlandsから日本へと  なってるので、タイトルが示すSam de Jongと検索された方が、  このブログに到達し、オランダ語に翻訳された文章をご覧にな   ったことが分かりました。

 上記のオランダ語の文章はブログの初めの一部です。きっと、  レース鳩関係者、あるいはSam de Jong鳩舎の系統に興味を   持つ愛鳩家、レースマンがアクセスされた可能性が高いです。

 インターネットはWWW=World Wide Webですから文字通り、   世界中に蜘蛛の巣の如く通信網が広がり、一瞬にしてあらゆ   る外国とも繋がる現代文明の優れものです。

 このことは分かっているつもりでも、実際、拙いブログにオラン  ダからアクセスされご覧頂いてるかと思うと、私の最高の喜び  です。国が違いお目にかかれなくともレース鳩という共通の興  味関心ごとがブログを通じてつながる国際交流です。

 平素は日本国内から多くの皆様にアクセスいただき、ブログは あたかも日本国内のみに読まれていると勘違いしがちですが、時々は外国からアクセスされてることが認識できます。それは  前述の管理画面で分かり、ブログの右上に英文翻訳機能を設  定してることも、外国の方には便利と思われます。本来、この機  能は私が英語のボキャブラリーを増やすために設定したもので、 英語学習の手助けです。

 今回のオランダからのアクセスは私に大きな課題を与えてい  ます。ブログ発信については、広いカテゴリーでもしっかり取材  し、自ら体験・経験したこと、自ら感じたこと、自ら考えたことを   文章にし、「真実と感想を区別する書き方」が大切と肝に銘じて  います。

 今回、インターネットを通じてレース鳩愛好家との国際交流が  可能であることを認識し、ブログ発信の責任と意義を改めて感じ  る機会になりました。 

 アクセスに感謝し今夜はオランダ国歌をピアノで弾きます。

|

« シルクタッチで16才のシンクロから学ぶ健康法 | トップページ | 「上州三峰」山頂から見た谷川連峰の偉容 »

国際交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクタッチで16才のシンクロから学ぶ健康法 | トップページ | 「上州三峰」山頂から見た谷川連峰の偉容 »