« 冬至より日の入り時刻が早い今日この頃 | トップページ | 駐日ニュージーランド大使歓迎レセプションに参加 »

2010年12月 8日 (水)

古き時代の倉賀野を伝える写真展

 倉賀野まちづくりネットワークの方々のご努力により開催された「写真で見る倉賀野いま・むかし」の写真展を鑑賞しました。私たちにとって懐かしい四つ角に位置する旧・堀口商店に於いて、新旧数々の写真を拝見し、忘れかけてた倉賀野の昔を客観的に振り返ることができました。

 内部は撮影禁止なので役員にお願いし、個々の展示写真でなく全体の雰囲気を撮りました。一方、ブログ内の大きな写真は私の家にあった倉賀野小百年史から抜粋しました。

 倉賀野は昭和38年に高崎市に合併。それまでは町長選挙や町会議員選挙があり、町にリーダーが存在し、活気に満ちてたことが思い出されます。

 倉賀野は江戸時代の河岸の面影や、1月14日の晩の山車が出るお祭り、7月14日の万灯町内別行進によるワッショイ、閻魔堂のお祭り、諏訪神社のお祭り、倉賀野神社の春秋二回の大祭があり、中仙道の休憩地であった松並木は江戸時代の名残です。高崎市の中でも独自の文化、独自の歴史を持っていたので、それらが消えつつあることは寂しさの極みです。

 しかしながら、今回、倉賀野を愛する「まちづくりネットワーク」の方々によって、このように写真展を開催していただき、心はすぐに子供時代に戻りました。

 私が子供の頃は戦後で、靴がなく下駄で学校へ通ったり、平素は裸足で遊ぶことが多かったです。運動会も多くは裸足でした。男の子の多くは鳩を飼ってました。私はその中の一人で、レース鳩に代わりましたが、それ以来現在まで55年間飼育してます。鳩に接する気持ちは当時と変わりません。

 水道はなく井戸があり、それが近所のつながりとなり、正真正銘の井戸端会議は自然に見られる光景でした。

 町の様子では、早朝はナットナットウと遠くまで聞こえて、三角形のへギに包んだ納豆を売る人の声、夏は鐘をチンチン鳴らしながら自転車で売り回るアイスキャンデーのおじさん、烏川での水浴び、拍子木を叩いて子供たちを集める紙芝居、子供たちは水飴を舐めながら鑑賞します。

 その他、開店などでは景気のよいチンドン屋、天秤棒にぶら下げて歩く金魚売り、年間を通して深編み傘をかぶり尺八を吹きながら歩く虚無僧、夕刻はピーポーとラッパを鳴らしながら自転車で売る豆腐屋、富山からの薬売り、大八車を引く便利屋さん、駅から駅までの本当の駅伝、競輪選手のロード練習、いわゆる乞食と称する人の往来、トイレは水洗でなく衛生車もなく、農家の方がもらって天秤棒に担いで畑に撒きに行きました。農業は牛や馬の力を利用しての田畑での作業。

 大通りは長い列をした進駐軍や保安隊(現在の自衛隊)の戦車による通過、年の瀬に各商店は幟を立てての大売り出し、正月の福引き、特にジャンボンと称するお寺までの葬式の行列は現代の若い方や子供が見たら異様な光景でしょう。

 ジャンボンの行列の長さは20m~100mほどです。行列しながらシンバルと鐘を交互にたたくのでジャンボンといいました。お金を撒くので私はよく拾ったものです。今回の写真展にこの光景が写ってました。

 写真展の写真は規則でアップできないので申し訳ありません。その代わり私の家にあった写真を掲載します。

 下の写真は仲町で十一屋(今のベイシア)付近を撮ったものです。左側に私の家であった原道屋(白壁が剥げてる)が見えます。右側は十一屋の大きな三つの蔵です。車は年代物、女性は白のエプロン姿です。右側に「ほねつぎ」の標識が見えますが、大門の私の叔父がほねつぎをしてました。

 高崎市の中でも、倉賀野は大昔から独自の文化があって、それは七世紀の古墳に象徴されます。現在でも浅間山(せんげんやま)古墳、大鶴巻古墳、小鶴巻古墳などが昔のまま残ってます。倉賀野に豪族がいた証を今に伝えてます。

 来春の統一地方選挙では倉賀野地区から市会議員の立候補が予想されてますが、当選した暁には高崎市の一議員の感覚に終始せず、党派会派に固執せず、ぜひ倉賀野のリーダーとなり、全町民が和気あいあいとして絆が強まることを第一に考え、倉賀野の独自性を盛り上げる町づくりを実践してほしてものです。

|

« 冬至より日の入り時刻が早い今日この頃 | トップページ | 駐日ニュージーランド大使歓迎レセプションに参加 »

倉賀野のすばらしさ」カテゴリの記事

コメント

高島屋屋上ビアガーデンでお約束した書き込みが今頃になってしまい、申し訳ありません。
時代小説で倉賀野は何度か読みまして興味がありました。是非写真展見に行きたいと思います。江戸散歩の会で初めて参加したのが板橋でした。安中杉並木から吉井の中山峠~倉賀野~川越~板橋と今年つながりそうです。
と言うのは、19日に孫のピアノ発表会の前に妻と川越を散策する予定になっています。
忘年会の件ですが、25日前橋市立高校の吹奏楽部の演奏会がベイシア会館であるのですが券が1枚余っています。今は県下一番だそうです。
私のゴルフ仲間のお嬢さんがクラリネットだそうです。感想なり、アドバイス頂けたら喜ぶと思います。その後忘年会で3番ホルモンあたりはいかがでしょうか。

投稿: アルカディア | 2010年12月 9日 (木) 22時13分

アルカディアさんへ
 ビアガーデンで約束したことは忘れていましたが、アクセスいただき、コメントまでいただき嬉しいです。
 拙いブログでも検索によりでしょう。レースマンを中心にアクセスいただきます。より良い飼育の追求を文章化することは楽しいです。
 倉賀野の「いまむかし写真展」は年に1回で今年は終了しました。
 25日はOKです。
娘さんの検索に感謝します。まだ、アルカディアさんにクワトロをお見せしてないですね。時々は長尾小学校の前の道を通過します。実は立ち寄ったことが2度ほどありますが、お留守のようでした。いつか鳩舎を見たいです。
 

投稿: カッキー | 2010年12月10日 (金) 03時59分

突然のお誘いにかかわらず、ご了承いただきましてありがとうございます。
例により前橋駅で待ち合わせてタクシーで行きましょう。ベイシア会館は駐車用に入庫するのに時間がかかるのでタクシーが良いでしょう。渋滞したところで降りて歩いて行きましょう。開演は18時です。

投稿: アルカディア | 2010年12月10日 (金) 20時28分

アルカディアさんへ
 25日の1日前は足尾持寄りです。明日は足利からです。自分で行くのは大変でも楽しいですが、組織に頼んで持ってってもらうと楽でいいし、帰還が楽しめます。春に向けて回数だけはずいぶん多くなります。
 鳩舎内は薄暗く止まり木も多く落ち着くように工夫しました。

投稿: カッキー | 2010年12月10日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至より日の入り時刻が早い今日この頃 | トップページ | 駐日ニュージーランド大使歓迎レセプションに参加 »