« 新規導入なったレース鳩の血統第一弾 | トップページ | 新規導入レース鳩の血統第2弾・及び新たな決心 »

2011年2月 3日 (木)

春を待ちきれないでいる植物たち

 日の出時刻はそれほど変化なくとも、日没は遅くなり日照時間が伸びてることが分かります。

 本日は偶然にも新月と節分が重なり、広くアジアではお正月です。文字通り、新春といえる季節になりました。植物の蕾は膨らみ、写真の君子蘭はすでに開花が始まってます。蕾から開花へと、一年で最も季節の移り変わりが感じられる今日この頃です。

P1010891  これはしだれ白梅です。ちらほら咲き始め、メジロがペアーで訪ねてきます。庭には紅梅など花梅が七本植えてあり、この白梅が最初に開花です。日に日にほころぶ様子に希望が感じられます。

 とりわけ厳冬であった今年、私は風邪を引いてしまいました。一人暮らしはこのようなとき切なくなります。しかし、開花を見ると希望がわいてくるから不思議です。

 寒かった長い冬も梅から次第に春への兆しとなり、自然界は素晴らしいものです。これは日本が温帯に位置し四季が明確であるからで、世界の国々すべてがそうとは限らないでしょう。

 これは香りのよい沈丁花=daphneの赤です。庭先に植えてあり、蕾であっても観賞に値します。私の名前の最後の文字は男性には珍しく「香」が使われていることもあり、金木犀など香りのする植物には親しみを感じます。これから暫く梅が良い香りを漂わせます。

 この蕾はカルミア=kalmiaです。一度枯れそうになりましたが、昨年から日なたに植え替え、水をたくさん与えたら息を吹き返しました。植物には水が栄養であることを改めてを悟りました。蕾に生命力が感じられるので、もう大丈夫でしょう。開花したらアップします。きれいな白い花弁が期待できます。

P1010859  玄関前のアセビ=馬酔木=andromedaです。これも根元の周りにクレーターを作り、昨年たくさん水を与えたら、今年は蕾の数が物凄いです。高さが3mもあり、アセビにしては大きいです。次第に蕾が膨らみピンクの釣り鐘のような花が咲きます。

 まるでお菓子のような大きな蕾はピンクの西洋シャクナゲ=rhododendranです。蕾の数は推定150ほどで、花は一房が12センチ位になるので、満開になったら樹木全体が花のみになり、葉は隠れて見えないでしょう。

 ところで、人生はいろいろのことが起こります。高齢化社会1年生の私にはとりわけ辛いことがあります。それは精神面です。世の中で最も価値あることは家族の絆と考えるようになりました。

 庭に咲く花木たちに肖り、明るい日々を期待したい。

|

« 新規導入なったレース鳩の血統第一弾 | トップページ | 新規導入レース鳩の血統第2弾・及び新たな決心 »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新規導入なったレース鳩の血統第一弾 | トップページ | 新規導入レース鳩の血統第2弾・及び新たな決心 »