« 遺伝力を感じるボルドーマーチン号直仔雄姿 | トップページ | 羨ましい限りの恋愛結婚に感銘 »

2011年6月 6日 (月)

週一回は肉体労働を実践したい

 どうしたことか今日は一日中することがあって忙しかったです。 午前中、倉賀野から埼玉県熊谷市の日向商店までレース鳩の餌や鉱物資料を入手するためAudi TT Quattroを走らせて関越自動車道経由で行きました。仔鳩用の小粒と菜種を買いました。仔鳩のうちに骨格や翼の剛健なレース鳩に仕上げたいからです。

 店のご主人は80才を超えておられますが、レース鳩飼育法と世界経済に造詣が深く、anti-agingの最先端を行く方として私は敬意を払います。

 それは日々、日経新聞を購読し、若い人よりずっと経済を研究され、変化する世界経済に敏感に反応されてます。近年、私も経済は勉強してるつもりですが、いろいろ質問するとすぐ答えが返ります。やはり、ポートフォーリオを守るべきで、「新興国は一定期間良いことがあっても、いつどうなるか分からない。兜の緒を締めよ」と持論を展開されました。

 帰宅後、午後は写真の庭の切り石を3時間ほどかけて移動しました。実は日本シャクナゲの枝ぶりが年々大きくなり、今年は見る見る嵩が増えました。シャクナゲの成長を第一に考える私は人の通る道を迂回させることにしたのです。

 切り石の重量は推定100キロ。それでも、プロの業者が施工したかのごとく、石と石との角度も良くピッタリ収まり、我ながら上出来と思いました。

 もちろん一人でしましたが、厚さ10㎝ほどの大きな切り石を移動するのは普通ではできません。素手で持ち上げようとしても、ビクともしない目方です。

 昔習った「てこの原理」=the principles of the leverで少しずつずらしながら右の枝の下から、左上に移動したのです。それにしても上手く嵌り込みました。向きも180度回転して移動です。「てこ」は人類の先祖がストンヘンジやビラミットなど巨石建造物で使った方法で、人間の知恵は誠に素晴らしいと再認識です。

 今後、私の家に来られると日本シャクナゲの前で右に急カーブで、その後、左に向きを変えます。日本シャクナゲの成長を主に考えた今回の迂回路は植物を愛する者として一つの喜びです。

 これは先日、築山を広げた写真です。畳にして一畳分ほどです。ご覧の通り、石垣を積みました。土は庭のあちこちをすくって集め、作業は腰を痛めないように幅のあるベルトを締め、尻を突き出す感じの作業です。 結構、重たい石の数々で、重い物は50~60Kほどでしょう。

 それでも、完成し植木を植え水をまくと完成の喜びがあります。設計図はなく、頭の中での思いを実現です。こんなことでも創造です。中に植えた木は先日ご覧いただきました常夏ツツジで、来年も6色の開花を願うばかりです。

 日々肉体労働は健康のために歩くことが主です。しかし、何か生産的な活動を実践することにより、結果的に健康に結びつくのが理想でしょう。例えば、山に登ること、スポーツをすることを通して筋肉や骨に負荷を与え、1日に1回は有酸素運動=aerobic exerciseを心掛けるべきと思います。

 その点、庭づくりは重たい石を異動させたり、高い所に上がっての剪定はバランス感覚が刺激され、脳と肉体を使うのでanti-agingにいいでしょう。これからもある程度、肉体を酷使したい。褒美は夕食の一杯です。飲み過ぎなければ百薬の長。 

|

« 遺伝力を感じるボルドーマーチン号直仔雄姿 | トップページ | 羨ましい限りの恋愛結婚に感銘 »

anti-aging」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遺伝力を感じるボルドーマーチン号直仔雄姿 | トップページ | 羨ましい限りの恋愛結婚に感銘 »