« 西群馬を一望できる花園・・・鼻高展望花の丘 | トップページ | 羽色が幸いし鷹から逃げ切れた「シンクロ二世号」 »

2011年10月24日 (月)

アルカリ性を示し肌に効用ある「猪の田温泉」

604 最近の私はアルカリ性に凝っており、飲み水はPH8.8~9.4を示すアルカリイオン水です。胃の中は胃酸と呼ばれる強い酸です。この酸は咀嚼後の食べ物を溶かし、小指ほど狭い十二指腸へ送り出す役目をしています。

 日中や夜中に喉が渇いたとき飲む水もアルカリ性がよいと考えてます。それは飲んだ後、胃が楽になりさっぱりする感覚があるからです。

 毎年、誕生日前に行う胃カメラによる検診でも、医師から病変は見当らないと診断され、今後も、できるだけアルカリ食品やアルカリ水を体内に入れたいと思います。

 一般的に物事は形容詞でなく、数字で判断すると具体的になります。水を見たらPHで確認する習慣を持ちたいものです。PH(ペーハー)は数字が小さくなると酸性度が強くなり、数字が大きくなるとアルカリ度が増し、弱アルカリ度といわれる8~9を維持したいものです。

 そんなことで、アルカリ性の生活を求めてる私は今回、皮膚に良いとされる群馬県藤岡市下日野の山中にある一軒家・猪の田温泉・久恵屋旅館の湯に日帰りで至福の時を過ごしました。

 歴史は古く明治初期には皮膚病に効くとの評判で医者に見放された人が遠方から来るなど湯治場として賑わったと伝えられます。大正から戦前までは繁盛し、戦後は廃業してしまうなど惜しむ声はあっても、湯は長きにわたり眠ったままの時代が過ぎました。

 その後、昭和58年に復活した伝説の湯は「絹の湯」と呼ばれ、皮膚に良い名薬湯として高いアルカリ度を示し、お湯はつるつるして肌触りは柔らかく皮膚に良いことが感じ取れます。お湯からあがるとき洗い流さないことがポイントでしょう。

 ここは旅館で宿泊可能です。以前に仕事仲間と一泊したことや、他の仲間と日帰りで懇親会をしたことがあります。

 到着して目を惹くのが金木犀の巨木です。また、庭もよく整備されてます。

603  この日は入浴客も少なく、のんびりです。それは自然の中に佇む一軒宿の特徴でしょう。余分な音は耳に入りません。あまり体験しない「つるつる感」と、この「静寂さ」は疲れた私の心身を癒してくれます。それは浴室が総ヒノキであり、この温泉を一層、落ち着いた雰囲気に醸し出してます。

 最近の私は皮膚の健康に拘ってます。皮膚は人間のすべてを包んでる皮です。外部から見えない内臓の治療は医師に頼らなければなりません。しかし、自分である程度、判断できるのは皮膚でしょう。美肌効果はともかく、健康な皮膚にすることは日々の努力でできる気がします。

 おいしい果物や、キュウリやナスでさえ中味は厳重に皮で保護されてます。私たち人間も、外部のあらゆる危険から守ってくれてるのが皮膚で、日々これをよく観察し、皮膚の健康に力を注ぎたいものです。

 猪の田温泉へはナビが案内してくれました。これからも皮膚に良い温泉巡りを楽しみたいと思います。

|

« 西群馬を一望できる花園・・・鼻高展望花の丘 | トップページ | 羽色が幸いし鷹から逃げ切れた「シンクロ二世号」 »

群馬の日帰り温泉」カテゴリの記事

コメント

アルカリ生活
秋田県の北部、岩手県との県境に近い所に玉川温泉という強酸性(ph1.1)の温泉があります。末期がんの患者さん達が「藁にもすがる」という思いで訪れ奇跡的な回復をされたという話も聞いたことがあります(テレビでも放映されたようです)
アルカリ生活とは全く逆のことになりますが人間の体の神秘ということでしょうか。
来週は今年最後のレジョル、当舎は今シーズン不参加ですが、仲間の活躍を期待しております

投稿: 秋田 鈴木 | 2011年10月25日 (火) 10時12分

秋田・鈴木さんへ
 コメント有難うございます。
その後、個人訓練を実施されましたか。当舎も春用に次回は25キロ訓練を予定してます。
 アルカリは内臓に良いようです。当地でも、有名な草津温泉や、万座温泉は近くに白根火山があり、白く濁り、強い酸性です。傷などには酸性が良いようです。
 先日申し上げましたが、乳頭温泉は茶色のような気がしました。もう、15年ほど前のことです。
 ところで、サムデヨングの♂を探してますが、もういないようです。先日、香山さんから短距離系を2ペアー導入しました。

投稿: カッキー | 2011年10月25日 (火) 12時42分

レジョナルは27日持ち寄り、29日放鳩予定の誤りでした。幸い天気も良さそうで各鳩舎俊鳩を投入し最後の大勝負ですね。
個人訓練は最終(酒田港)をしましたが、個人だけの放鳩は限界があり、課題が残りました。
雪が降る前に群馬の空っ風に吹かれにいこうかとも、思っております。その節はお世話になります。

投稿: 秋田 鈴木 | 2011年10月27日 (木) 16時50分

鈴木様
 貴舎とは血統内容と羽数において比較になりませんが、歓迎いたします。
 来月は11日以外でしたら大丈夫です。
今日は鷹に突っ込まれましたが、殆どの鳩が入舎後だったので、実質的な被害はありませんでした。このことをブログで取り上げてみました。

投稿: カッキー | 2011年10月27日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西群馬を一望できる花園・・・鼻高展望花の丘 | トップページ | 羽色が幸いし鷹から逃げ切れた「シンクロ二世号」 »