« リーマンショック以来、最高値のダウ・ナスダック | トップページ | 山岳の国ブータン »

2012年2月 9日 (木)

400年に97回ある閏年・・・先人の知恵

 今年は4年に1回、2月が29日ある閏年=leap yearに当たります。閏年には、アメリカ大統領選挙とオリンピックがあります。

 閏年を設ける理由は、世界で採用されてる太陽暦を未来永劫、【季節に一致させるため】です。

 恒星を観測することにより、地球が公転して元の位置に到達する時間は365日と5時間48分46秒であることが分かってます。これは十進法では1年が365.242199日となります。

 このため、仮に閏年を設けないで毎年1年を365日のままにすると、毎年5時間48分46秒分(0.242199日分)地球は元の位置へ届かないことになります。

 これでは10年で2.42199日ずれ、100年後には24.2199日分も元の位置に届きません。約700年後には季節が暦と全く逆になります。

3616_2  この不便さをなくすため、1582年ローマ教皇グレゴリウス13世は学者を集めて、閏年の設定法を研究させ、それが現在、各国で採用されてる閏年になったと伝えられます。

 それは【400年に97回、閏年を設ける】というものです。具体的には下記の方法により実施します。

【西暦年が4で割り切れる年を閏年とする。】・・・2012年などで、これにより400年に100回の閏年になります。

ただし、【西暦年が100で割り切れる年は平年とする。】2100年など、これで400年に96回の閏年になります。

ただし、【西暦年が400で割り切れる年は閏年とする。】2000年など、これで閏年は400年に97回になります。

 この方法で閏年を設置すると400年経過しても、暦と季節に狂いが生じないことが下の計算で分かります。

まず正確な400年の日数は365.242199日×400年=   【※146096.8796日】です。

次に400年のうち97年は閏年であることから、400年-97年=303年が平年となります。

ですから、平年の合計日数は303年×365日=110595日です。

次に閏年の合計日数は97年×366日=35502日です。

両方をプラスすると平年合計110595日+閏年合計35502日=【※146097日】になります。

 正確な400年の日数【146096.8796日】に対して、グレゴリウス13世の閏年設置方法による400年の日数は【146097日】となり日数が殆ど同じになります。

 未来永劫の人類のため、400年単位で循環する暦を考案した 先人の知恵に驚きの他はありません。 

|

« リーマンショック以来、最高値のダウ・ナスダック | トップページ | 山岳の国ブータン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーマンショック以来、最高値のダウ・ナスダック | トップページ | 山岳の国ブータン »