« 楽しみな8月14日未明の金星食 | トップページ | 1日24時間に似てる音楽の調性24個 »

2012年4月 9日 (月)

若い時から心掛けたい糖尿・動脈硬化予防

P1010944 【自然の息吹が感じられる甘楽町楽山園内・梅の茶屋】

 今年の9月には100歳以上の高齢者が5万人に達すると予想されます。日本は世界一高齢な国であっても【元気な心と、元気な体をいかに維持するか】、健康長寿は万人の願いです。

 圧倒的に女性が多い100歳以上で、認知症でなく、寝たきりでなく、目や耳が不自由でない人は男性が8%、女性が2%といわれます。

 高齢になっても心が健康であるためには、基本として、日々、物事をきちんとする生活習慣、及び社会参加がポイントのようです。

P1010968  身体の健康面では、動脈硬化を抑えることが重点で、それには血圧安定が基本中の基本と考えます。食事は若いうちから薄味になれ、食卓から糖分と塩分、動物性脂肪を減らすことではないでしょうか。

 私は10年前まで高血圧(160-100程度)に苦しみましたが、よい医師の指導で現在かなり改善(120台ー70台)してます。

 健康維持には栄養摂取とともに運動を欠かすことはできません。平素72程度の脈拍に時には刺激を与え、脈拍を速め、血流促進につなげたいものです。

 糖尿対策では、習慣化しやすい甘いものの摂取を控え、飴などやたらになめないことです。BMIの基準で体重があり過ぎる場合は、生活習慣を変えることは精神的に辛いことですが、諦めず徐々に目標値に近づけましょう。

 私は以前に筋力トレーニングは若い人がするものだと錯覚してましたが、最近の考えでは、筋力を落とさないことが高齢者にとって肝心と悟るようになりました。1日30分でもよいから意識して負荷をかける運動して、例えば、少し速めに歩いたりして体内脂肪率を下げ、骨密度を高めたいものです。

 一方、性格も長生きに無関係ではないようです。これには、いろいろのことに興味を持つことが肝要です。日々、外出して社会との交流を維持したいものです。

 これらは脳を刺激し、今までと異なるものの見方につながり度量や柔軟性も広がるでしょう。概して、年を重ねると頑なになりやすく、新たなことに対し精神的に抵抗があります。一つの解決方法として、元気に生きてる人の真似をするのもいいと思います。一人で家に閉じこもっていてはなりません。

P1010967  ところで、今の季節は色とりどり花が咲き、目に良い刺激があります。梅の花や沈丁花から発散される独特の香り、野鳥のさえずりなどは脳を刺激します。

 私たちの五感は、目からの刺激、耳からの刺激、匂いの刺激、舌の刺激、そして手足で触ることへの刺激です。

 これらの刺激はすべて脳に直結してるので、いろいろ刺激を感ずることはanti-senile dementia=【認知症予防】につながり、意識して取り組みたいことです。

 私にとって断然、脳への快い刺激とは古今の名曲を鑑賞することです。   http://www.youtube.com/embed/N4JBduI1O1c

 また10才より飼育し続けているレース鳩の研究と世話は楽しいです。来たる5月10日愛鳥週間が始まる日には北海道北端の地・稚内~関東一円のグランドナショナルレースに2才の♂1羽が参加します。距離は1039キロあり、より良い成績で帰還することを願い、逆算して番いにし抱卵状態で、いっそう帰巣本能を高めます。飼い主の私は毎日の世話に真剣です。

 こんなことから、ブログのアドレスはhatomusicにしてあります。

 しかし、前述の社会交流という点で、私には最も基本的な社会である家族がいません。高齢化社会を生き抜くには今の環境が欠点で、今年こそ一人暮らしから脱皮し、100歳には程遠いけれど、素晴らしく生きてる大先輩の後に続き、いつまでも好きなことのできる人生を過ごしたい。できれば新婚旅行は北海道へ行きたい。 

|

« 楽しみな8月14日未明の金星食 | トップページ | 1日24時間に似てる音楽の調性24個 »

anti-senile dementia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみな8月14日未明の金星食 | トップページ | 1日24時間に似てる音楽の調性24個 »