« トキの野生復帰には天敵の駆除も不可欠 | トップページ | 花見に間に合うか・・・西洋シャクナゲ大輪 »

2012年4月30日 (月)

コデマリの蕾は五角形の世界

P1020169  デジカメでコデマリの蕾を撮りました。クリックすると神秘の世界が広がります。

 今日で四月も終わり一年で最も良い季節である五月になります。地球は公転軌道上を毎秒29kmというもの凄い速さで、一月一日以来すでに約3億km移動したことになり、これは1周の約120度周遊したことになります。

 その間、例えば、先般は金星・三日月・木星が並んで見えましたが、三つの天体は互いに想像を絶する距離に浮いてても、私たちの宇宙船「地球号」から見ると同方向にあり誠に神秘でした。

 来たる5月21日、東京では173年ぶりの金環食です。観察方法を工夫し、網膜を損傷しないよう決して裸眼で見てはなりません。太陽の位置は殆ど真東です。

 金環食の日は金星が6月6日に起こる内合【今回は日面通過】の直前で、見かけ上、金星が太陽の左隣に近づきます。空が多少薄暗くなるので果たして金星が見えるかどうかも楽しみの一つです。なお、金環食の日は旧暦の4月1日です。日食が起こる日は旧暦の1日か、その前後です。

P1020157  ところで、多くの植物は開花も終わり、すでに新芽が出始めても、夏に咲く「ねむの木」や「サルスベリ」はなかなか芽が出ず、枯れたのかとハラハラしました。しかし、ゴールデンウィークになると、やはり枝から芽が出てホッとします。夏に開花する植物の新芽が出る時季は他の植物より遅いことが分かります。

 子供の時から庭にあるコデマリを細かく観察したところ、蕾がすべて五角形であることを知り、その後、花弁が五枚になることが分かりました。

P1020167  蕾が五角形とは何とも不思議ですが、ツツジやシャクナゲの花弁も五角形が多いようです。いろいろ植物を観察し花弁は何枚か調べるのも面白そうです。枚数には何か理由があるのでしょう。

 一方、当地では一般の桜が終わり、庭には今を盛りと八重桜が咲き誇ってます。花弁は白とピンクの二色で、これも不思議です。

P1020153  亡父が50年前に植えたもので、植えた主人はこの世に存在しなくとも、それ以来ずっと咲き続け、父の魂が生きてるかの如くです。

 最近、私がつくづく感じることの一つに、庭の植物の成長には、やはり多くの水を与えることです。八重桜の近くに近年、サルスベリを植えたので水やりしたら八重桜にも波及効用があり、樹勢が良くなりました。

P1020152  5月6日にはお客様が数多く見え、お料理を持寄って花見をします。そのとき開花する予定は西洋シャクナゲ大輪です。その日のために、現在は水を与えてます。築山に植えてあるので水はけが良く、果たして、例年のように見事に咲くかワクワクしてます。

|

« トキの野生復帰には天敵の駆除も不可欠 | トップページ | 花見に間に合うか・・・西洋シャクナゲ大輪 »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ

五月になりましたね。
お変わりございませんか?
しばらくご無沙汰していてすみませんでした。
今朝、コデマリの写真をアップしたんですよ。
そしたらPersimmon Marsh 様は昨日。
またまた偶然でした。
でも写真の撮り方とか 私はおおざっぱで
お恥ずかしいです(*^_^*)
記事も拝読させていただき勉強になりました。
いつもありがとうございます。

投稿: 音夢ちゃん | 2012年5月 1日 (火) 15時40分

音夢さま
暫くぶりにコメントを頂きとても嬉しいです。
偶然にもコデマリを撮影されブログに掲載されたとは、大阪にいても群馬にいても、お互いコデマリをテーマにし、より良いブログのために互角【五角】ですね。
追伸、私のことは「カッキー」とお呼び頂ければ幸甚です。

投稿: カッキー | 2012年5月 1日 (火) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トキの野生復帰には天敵の駆除も不可欠 | トップページ | 花見に間に合うか・・・西洋シャクナゲ大輪 »