« WがあってWを発音しないもの、WがなくてWを発音するもの | トップページ | 電力不足は衰えた汗腺を鍛え直すチャンス »

2012年5月28日 (月)

今の時季、北へ行けば行くほど昼が長くなる

Earth_2   【Earth Viewより転記】

 近頃、日の出時刻が早まり、日没時刻が遅くなって昼の時間が大分伸びてます。これについて各地の時刻を調べてみました。

 公転軌道上を毎秒29Kmほどの速度で移動していると考えられる地球は、春分の日の位置を0°とすると、太陽を中心として本日まで67°ほど移動し、夏至まであと23°の位置に差しかかっていると想われます。

 今の時季、地球上では北へ行けば行くほど昼が長くなり、北極点、及び北極点に近い地域では、すでに一日中、太陽が沈まない日が続いていると推測します。

 逆に、南へ行けば行くほど昼が短くなり、南極点、及び南極圏内の南極点に近い地域では一日中、太陽が出ない日々と想われます。

 これは地軸の傾きが、ぶれがあっても、23°26′21″45ほど維持したまま、地球は太陽から約1億5000万km離れた空間を、少々楕円軌道=elliptical orbitを描きながら、北極星側から見て反時計回りに移動していることが理由と想われます。

 ところで、本日5月28日の国内の主な地域の日の出、日の入り時刻、及び昼の長さを調べてみました。

 稚内は日出3時47分、日入19時25分【昼の長さ15時間38分】、

 東京では日出4時28分、日入18時49分【14時間21分】、

 鹿児島では日出5時15分、日入19時16分【14時間01分】、

 石垣島では日出5時56分、日入り19時26分【13時間30分】です。

 稚内と石垣島の昼の長さを比較すると、稚内の方が2時間以上長いです。

 この2つの位置を緯度で比較すると、北極と赤道のちょうど中間にある稚内は北緯45°20′であり、一方の石垣島は北回帰線=the Tropic of Cancerに近く北緯24°20′です。その差は21°あり、これは距離にして実に2500Kmを越えます。

 一方、世界の首都の中で最北端はアイスランドのReykjavicです。ここは北緯64°ほどの位置で、稚内より19°北にあり、稚内より2100kmほど北極点に近いことになります。

 北極圏=the Arctic Circleとは90°から前述の地軸の傾きである23°26′21″45を引いた北緯66°33′38″55にあり、アイスランド共和国の最北端は北極圏に接してます。首都Reykjavicは北極圏のすぐ南です。

 この位置を考えるとReykjavicは今の時季、すでに白夜に近くなってると想われます。因みに、日の出・日の入り計算ソフトによるとReykjavicの本日の日の出は3時30分で日の入りは23時21分で【昼の長さは19時間51分】です。これからは夏至を挟んで、当分の期間、白夜や、それに近い状況が続くと想われます。

Static_image 【写真はレイキャビックの太陽】

 それにしても、いつの日か北極圏に接するアイスランドに行って、天体の動きを観察したいものです。太陽の動きや角度、そして星座の動きを観察できたら、どんなにか楽しいことでしょう。

 おそらく、北極星を挟んで対極に位置する北斗七星とカシオペアが巨大な時計の針のようで頭上に輝くでしょう。一方、オリオン座やシリウスは南の空に低く輝き、特異な姿を呈する「さそり座」は地平線ギリギリか、尾の部分が見えないかもしれません。

 一方、火山国であるアイスランドは地熱発電所=geothermal plantが建設されており、水力発電とともに地球環境を守るエネルギー対策が進んでいるといわれ、原発はなく、これも大変魅力があります。 

|

« WがあってWを発音しないもの、WがなくてWを発音するもの | トップページ | 電力不足は衰えた汗腺を鍛え直すチャンス »

地球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WがあってWを発音しないもの、WがなくてWを発音するもの | トップページ | 電力不足は衰えた汗腺を鍛え直すチャンス »