« 公転軌道を進む地球の一瞬が夏至 | トップページ | 狂い咲き始める赤紫の藤・・・よい兆候か »

2012年6月25日 (月)

特異な地形を形成する河岸段丘

P1020279 【読売新聞より】

 画像をクリックすると飛行機に乗ってる感覚です。

 ここは群馬県を走る関越自動車道が利根川の支流である片品川を大きくカーブして跨ぐ地点です。この橋は沼田ICのすぐ南です。私は時折、愛車Audi TT Quattro黄色を走らせます。

 人間の作る巨大な片品川橋(長さ1033.85m)も偉大ですが、この写真の中には数十万年から一億年以上の地球の歴史を今に伝える河岸段丘=terraced bankがその典型的な姿を呈しており、多くの方に見てほしい地形です。

 上の写真は右側が赤城山の北西に広がる裾野で、左側が沼田市街です。沼田市は大きな河岸段丘の上にあります。ところが、JR上越線沼田駅は河岸段丘の下にあるので駅から市街地へは坂を登る必要があります。

3951  【Double click please!】

 これは友人Samuel Toddさんたちと三峰山(1123m)に登ったとき山頂から撮った南東方面の光景です。中央の街並みが沼田市で河岸段丘の上にあることが分かります。遠方の山並みは赤城山です。大きくカーブしている道が関越自動車道です。

 河岸段丘を形成してる片品川は尾瀬国立公園や日光国立公園の日光白根山付近を水源とし、沼田市を通過し、岩本駅付近で流域面積日本一の利根川と合流し、その後、渋川市~前橋市を通過、群馬・埼玉県境~茨城・千葉県境と関東平野を蛇行しつつ、千葉県銚子市付近で太平洋に流れ込みます。

 17才~21才までの若き日、感動の余り、立て続けに5回、浅間山山頂(2568m)を極めました。標高ある山頂からの眺めは広大な関東平野が一望です。その広がりの中、延々と続く利根の流れは正に大蛇のようにくねっていました。

2468 【群馬県・二度上峠より冬季に撮影】

 浅間山頂から見ると、群馬県のみならず関東平野の水は利根川に流れ込んでいることが頷けます。戦後、群馬県を襲い甚大な人的被害をもたらしたカスリーン台風【県別死亡者数は群馬県592人、栃木県352人、埼玉県 86人、茨城県58人、東京都8人、千葉県4人の合計1100人】 と同程度の台風は子々孫々の時代に必ず襲来します。未来の人類の犠牲を未然に防ぐため、スーパー堤防、及びヤッ場ダム本体の早期完成が今生きてる人間の責務です。

 ところで、一般的に「河岸段丘とは、ある程度の幅の河床を持った河川が浸食力を増してその河床を刻み、地殻変動も作用し、流れに沿ってできた階段状の地形」と現在の学説では考えられてます。

 しかし、推測はできても、人類で河岸段丘の生い立ちを見た人はいません。本当のところは誰にも分からないというのが正しいでしょう。私には先史時代の度重なる火山【赤城山と武尊山】の噴火によって巨大な火砕流の最先端が停止した位置のように見えます。

 一番上の写真に見える関越自動車道の片品川橋は、河岸段丘と対岸の河岸段丘を直接跨ぐ巨大な橋で、これを建設した人間の技術も誠に見事です。ここには悠久の歴史を持つ河岸段丘の大自然と、それに打ち勝つ現代人の知力がバランスよく調和して見えます。

 赤城山山麓に広がる片品川の河岸段丘は群馬県の子持山山頂(1296m)からも見ることができます。 

|

« 公転軌道を進む地球の一瞬が夏至 | トップページ | 狂い咲き始める赤紫の藤・・・よい兆候か »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

カッキー様、

はじめまして。
沼田の海岸段丘についての記事を読ませて頂き、非常に興味深い話です。

実は、私は「沼田の海岸段丘がフランスの教科書に取り上げられている」ことについて今リサーチを行っているフランス人です。

フランスの一般的な方は実際その話を聞いたことがないと思いますので、その教科書はどんな教科書なのか(出版時代や分野など)、是非知りたいです。

記事の文頭には「読売新聞より」とありますが、そのフランスの教科書の話を含め、読売新聞から前文を引用されたのですか。

突然の質問ですみませんが、是非教えていただければと思います。

レティシヤ

投稿: レティシヤ | 2015年10月23日 (金) 21時04分

Retisha tiens à
Je tiens à remercier l'accès maladroite au blog et les commentaires. Il est une question de demander, mais vous avez reçu l'autorisation de l'affichage de Gunma Direction Yomiuri Shimbun propos de la photographie au début. "La France du manuel« Car, je me souviendrai comme cela avait été écrit avec la photo dans le Yomiuri Shimbun. Cependant, depuis l'écriture d'un blog, également âgé de trois ans, désolé, je oublié que sûr de la source. ... Que Kakinuma

 拙いブログへのアクセスとコメントに感謝します。お尋ねの件ですが、冒頭の写真については読売新聞群馬支社より転記の許可を受けてます。「フランスの教科書」については、写真と共に読売新聞に掲載されてたように記憶してます。しかし、ブログを書いて以来、3年以上も経過し、申し訳ありませんが、出典について確かなことを忘れました。・・・柿沼より

投稿: カッキー | 2015年10月23日 (金) 23時03分

お返事ありがとうございます!

やはり、読売新聞の情報でしたね。読売新聞群馬支社に連絡をしてみます。

有難うございます!

投稿: レティシヤ | 2015年10月25日 (日) 16時35分

La à de Retisha
S japonaise est vraiment bon. Quand les Japonais, où avez-vous apprenez. Où vivez-vous aujourd'hui. Je il ya longtemps, vécu en Inde de Calcutta comme un enseignant de l'école japonaise. Aussi, s'il vous plaît accéder à ce blog. De Cockeysville

投稿: カッキー | 2015年10月25日 (日) 20時10分

カッキーさま、

お返事ありがとうございます。
気になっていたので、海岸段丘をキーワードに読売新聞を調べてみましたが、残念ながらフランスの教科書の話を見つけませんでした。私が違う記事を読んでしまったのかな。

もしご記憶にあったら、何年何月の記事を写されたのですか。

宜しくお願いします。
レティシヤ

投稿: レティシヤ | 2015年10月29日 (木) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公転軌道を進む地球の一瞬が夏至 | トップページ | 狂い咲き始める赤紫の藤・・・よい兆候か »