« サンマの刺身は今が旬・・・高崎駅前「どんどん」 | トップページ | 天窓から神が地上を覗くような「秋の四辺形」 »

2012年10月 4日 (木)

日本人の達人に教わる英語・・・AOTEA ENGLISH SCHOOLの魅力・・・

Ca18hikt 【Aotea English Schoolのパーティーでニュージーランド国歌をソプラノサックスで演奏する小生】 

 かつての同僚であり、このブログにも度々名前が登場するSamuel Toddさんは以前に文部科学省派遣によりニュージーランドのHamilton Girls' High Schoolで日本語教師を務め、ホームルーム担任も体験された稀に見る経歴の持ち主です。

 教え子との旧交を温めに、時折、第二の故郷ニュージランドへ行かれます。外国の学校でホームルーム担任を体験した日本人教師はそうはいません。

 このSamuel Toddさん主宰による英語学校が近年、開講した「Aotea English School」です。私は、アメリカやニュージランドなど英語圏からお客さんが訪れたときや、外国人も参加するクリスマスパーティーに招待を受けることがあります。拙い英語でもネイティヴの方との会話は実に楽しいものです。

 このような機会を得ると、改めてもっとボキャブラリーを増やしたいと思うものです。しかし、人間の心は弱いもの、私の場合、気持ちが挫折したり、かすかに希望を持ったりの繰り返しです。

 ところで、この「Aotea English School」では、「英語をゼロから勉強したい」「英語から遠ざかっていた」「楽しみながら英語を勉強したい」という方にはピッタリの所でお薦めです。コーヒー・紅茶を飲みながら気楽に学べ、リタイアの方も大歓迎とのことです。

 「Aotea English School」のCONCEPT(概念)は下記の通りです。

★ENJOY ENGLISH・・・映画の英語や、英語の歌を学び、ともかく英語を楽しむことに主眼が置かれてます。

★SMALL CLASS・・・5名程度の少人数制です。

★LISTENING AND SPEAKING・・・語学学習は読む、書く、聴く、話すの4領域がありますが、ここでは聴くこと、及び話すことに中心がおかれます。 

 ☆楽しむことを力点においても、その国の文化背景を学んで、英語を理解させます。

 ☆最新の機器により、音声、映像教材を通じて外国にいるような環境の中で少人数の仲間とともに学びます。

 ☆英語を最初から話せる人はいないので、「習うより慣れろ」がAoteaの学習法です。

 開講日は金19:30~21:00(初級) 木・土13:00~14:30 及び15:00~16:30 そして19:30~ 21:00です。木・土は初級・中級です。90分制で月4回が原則です。

 場所・・・前橋市箱田町(新前橋駅から徒歩10分・駐車場完備)

 講師・・・富所三郎先生(Samuel Todd)・・・元県立高校英語教師

 留学・・・米国バーモント州School for International Training

 海外勤務・・・文部科学省派遣により、ニュージーランドのクライストチャーチにあるHamilton Girls' High Schoolに日本語教師、及びHR担任として赴任

 ★会費や、詳細はコメントでE-mailアドレスを付けてお尋ねください。web上には表記されません。

123 一方、Samuel Toddさんは登山に詳しく、多くの山々に同行していただきました。2年ほど前に県北部に位置する上州三峰山は深く印象に残ってます。この山はいわゆるテーブルマウンテンで高地を一日中歩きました。山頂から眺めた魔の谷川岳や、山中にある世にも珍しい鏡面の湖には本当に驚きました。この写真は上下逆さではないかと思うほどですが、逆さではありません。このような水面を初めて見ました。全く波のない湖面は奇跡と言えます。

 今後も、彼から英語や登山、そしてサイクリングを教わり、充実した生活をめざします。

|

« サンマの刺身は今が旬・・・高崎駅前「どんどん」 | トップページ | 天窓から神が地上を覗くような「秋の四辺形」 »

英語の勉強」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。サイクリングに英語にサックスにと人生を謳歌していて大変憧れます。

実は今月末高校生英語コンテストというのが県立女子大で催され、自分は英語プレゼンテーションに参加します。前年は3位だったので、今年は1位を目指せるように頑張りたいと思います。

英語の発音というのはなかなか難しいもので、発音記号とにらめっこして練習している次第です。「習うより慣れろ」という姿勢大切ですよね…

投稿: m | 2012年10月 7日 (日) 22時24分

mさんへ
 私たち日本人は、英語のスペルを見ると無意識のうちにローマ字的に読みやすいものです。まず、それから離れることが大切と感じてます。
英語には日本語にない発音が母音にも子音にも多くあるので、それは意識的に練習することでしょう。
特に単語の最後の音は殆ど子音のみです。ネイティヴの口の形を真似ることも近道に感じます。
声楽に似て、お腹から声を出す感じが、声が前に出て、摩擦音など良く響くようです。
コンテストのご健闘を祈ります。

投稿: カッキー | 2012年10月 8日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンマの刺身は今が旬・・・高崎駅前「どんどん」 | トップページ | 天窓から神が地上を覗くような「秋の四辺形」 »