« 小沼の南に広がる紅葉に感銘・・・名峰・赤城山 | トップページ | 今日は「小春日和」です。 »

2012年10月29日 (月)

一日一回は漢字を書きたい・・・退化する手書き

P1020938 【赤城山の小沼の紅葉】

 拙いブログは更新回数が近々1000になります。ブログの右サイドに掲示されるのはアクセス数ですが、管理画面によると今までに書いた文章は972です。このまま続ければ2月上旬に1000に達すると思います。一応、自分に厳しくするため、月曜と木曜に必ず更新と決めてます。書きたいときに書くのでは昔の癖が出てサボるからです。

 ブログは中味が肝心でポイントは新鮮味でしょう。現実にはテーマを探すのが一苦労です。

 また、「自分の考えを表現するとき、最大の敵は誇張だ」という 亀井勝一郎の言葉を肝に銘じています。

P1020962 【マユミの実】

 ところで、パソコンは苦手であった私ですが、最初は仕事で少し使用したのが切っ掛けで、その後、娘が学校の提出物で必要に迫られ購入しました。

 それを私がいじり出し、検索したら「レース鳩の掲示板」に入ったのが病みつきになり、これがとても楽しく夢中になりました。遠方のいろんなレースマンとやり取りできたり、オフ会と称し、県外の方々と飲みながらレース鳩談義になり、ついに、私自身で「レース鳩のブログ」を立ち上げました。

 そのため、タイトルはPersimmon Marsh Loft=柿沼鳩舎にしてあります。

 前述のように、幾度も更新してるとキーボートを叩くことで漢字がすぐに表記でき、誠に便利の極みに感じました。これは本当に素晴らしい技術で毎日その恩恵に浴してます。

P1020966 【娘の結婚式でプレゼントされた蘭】

 しかし、便利なキーボードをたたくことに慣れた半面、「IT時代の落とし穴」で、私たちは漢字を書かなくなっており、延いては今まで書けた漢字が書けない状況に陥ってます。

 これではいけないと感じても、手書きのチャンスが減ってることが事実です。このため、私は英語のボキャブラリーのノートで日本語の意味を書くとき、しっかりと漢字を書くように意識してます。果たしてこのくらいで漢字力が蘇るか不安ですが、何しろ、手書きで漢字を書く機会をつくり、実践しなくては退化するばかりです。

 現在、倉賀野小学校児童の登下校の安全についてボランティア―活動として、登校時や下校時に巡回してますが、その巡回日誌は手書きです。漢字を書くのはこれが正式な機会です。

 私たちが忘れずに漢字を書き続けるには、意識して毎日機会を作ること以外にないでしょう。

|

« 小沼の南に広がる紅葉に感銘・・・名峰・赤城山 | トップページ | 今日は「小春日和」です。 »

頭の活性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沼の南に広がる紅葉に感銘・・・名峰・赤城山 | トップページ | 今日は「小春日和」です。 »