« ローマ字学習は英語の発音にはマイナスか | トップページ | 三つの工房によるコラボ・・・アンジェリック高崎 »

2012年11月25日 (日)

野鳥の気分か、ツリーハウス・・・ブルームーンヒル

P1030079  上越新幹線・上毛高原駅から利根川を挟んで対岸にある「ブルームーンヒル」の一角に、ご覧のツリーハウスが4棟あります。ここは群馬県北部に位置する水上町下牧です。

 目の前に大峰山の雄大な景色を望むここ一帯は高台にあり、10年ほど前に開拓して出来たと思われ、大自然の真っただ中にあります。

 たまには都会生活での積もった心の塵を払いたいものです。心身ともにリラックスできるツリーハウスは忘れかけていた子供の頃の夢を叶えてくれるでしょう。風と共に少し動くと想われるツリーハウスは、あたかも揺り籠のようで、癒しには最適と想われます。

P1030077  遠く南に連なる山が大峰山(1255m)です。標高1000メートル付近の山腹には南北300m、東西150メートルの大峰沼があり、群馬県指定天然記念物の浮島は、わが国で見られる浮島の中では最も大きく、貴重な存在といわれてます。

 来年の夏には大峰山に登り、大峰沼とモリアオガエルの繁殖地で有名な古沼を散策したいです。それまでに旅は道づれが叶うでしょうか。

 P1030072  「ブルームーンヒル」では乗馬ができます。初心者から上級者までスタッフの指導で乗れるそうです。大型ポニー種など乗馬用の馬が飼育されてます。

 私が到着するや否や、ご覧の放し飼いの大きな犬が出迎えてくれました。車の窓のところまで顔を覗かせ、私はすぐに下りられませんでした。多分、お客が到着するといつもこのように出迎えるのでしょう。

P1030087  ここへのアクセスは、関越自動車道の月夜野インター下車です。ツリーハウスに宿泊するなら、季節的には夏がいいと感じました。平地とは異なり、多分、夜間は涼しく、周囲は全くの暗闇と推測します。

P1030078  ツリーハウス周辺一帯は栗林で、ツリーハウスは樹木にしっかり固定され、安全に建てられ十分に癒されるでしょう。

P1030074  生茂る樹木の中に身をおき、動物と戯れ、いい空気の中で「人間らしく生きるとは何か」を改めて模索することは時には大切と感じます。

P1030092 帰路は、利根川沿いにある上牧の「風和の湯」に浸かり、暮れゆく晩秋を上州北部で憩いました。 

|

« ローマ字学習は英語の発音にはマイナスか | トップページ | 三つの工房によるコラボ・・・アンジェリック高崎 »

群馬のいい所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ字学習は英語の発音にはマイナスか | トップページ | 三つの工房によるコラボ・・・アンジェリック高崎 »